カテゴリー「学校給食」の62件の記事

2009.03.12

公開シンポジウムのお知らせ

 5月30日(土)、慶應義塾大学芝共立キャンパスで、公開シンポジウム「食品に関わる化学物質の安全性とは?-消費者と研究者の接点を求めて-」が開催されます。参加費無料。

 学校給食は、消費者側の視点を重要視せざるを得ないため、有事の際には科学的な根拠に寄らない決断をしてしまいがちです。この業界、「安全」より「安心」が先に求められてしまうわけです。

 このところ続いている、食品に意図的に混入される化学物質の問題はもちろん、残留農薬や食品添加物について研究者がどのように安全性の評価をしているのか、そして消費者はなぜ不安に受け取ってしまうのか、私たちが知っておくことはとても重要だと思っています。

 シンポジストの皆様を拝見して、これはぜひとも行きたいと思ったんですが…スミマセン既に蜘蛛の巣千穐楽のチケットを取ってしまってました…そんなワケで誰か聴いてきてそんでもって私に教えてください(^_^;)

 

 

Wakame_agepan

 画像は、わかめパンの揚げパン。ちょっとグラニュー糖が付き過ぎか(^_^;) 中は抹茶パンかよもぎパンのような鮮やかな緑色です。

 海藻関係の業者さんから「粉末わかめをパンにどうでしょう」と紹介があり、取り入れた学校があったのでうちの町でもやってみました。
 1月の給食週間中に、献立名を○○○パンと伏せておいて当てさせるクイズにしたら話題沸騰(笑)。今日は揚げパンで出したところ、ほとんど残がないくらいの人気でした。(ココア揚げパンでさえ残るのに)
 後味でわかめがゆらゆらと漂ってくる気配はありますが、違和感ないしむしろおいしいです。わりと塩気もあるので甘いのがダメな子でも食べやすいのかも。

 あ、クイズはですね。ちゃんと「本校でアレルギー関係で食べられない人はいない食品ですから安心して食べてみてください」と伝えましたよ~(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.27

食物アレルギー対応

 で、悩んでます。今までやっていたこと以上に困難な事例がありまして。

 →のリンクに食物アレルギー関連がぽつぽつ増えているのはそのせい。

 学校給食での食物アレルギー対応については、明確なガイドラインのようなものはありませんでした。栄養士の配置の有無も各校の給食施設の状況も違うので、対応は学校や自治体によって本当にまちまちです。

 昨日は勉強会に参加してきました。大変参考になったので、無理して行ってよかった…。大学病院との連携のツテもできたし。

 

 実は、考えていることをいろいろ書いてみたんだけど、対象となる子がいる以上、どれだけぼかして書いてもマズい気がするのでやめときます(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.25

学校給食実施基準と衛生管理基準

 そろそろ来年度の諸計画を作る季節ですね。4月からの学校給食法改正に伴い、学校給食の目標の文言も変わるので、町の献立作成基本方針を修正しようと検索していたら、こんなのを見つけました。

 

学校給食実施基準(案)に関するパブリックコメント(意見公募手続)の実施について

学校給食衛生管理基準(案)に関するパブリックコメント(意見公募手続)の実施について

 

 法改正に伴い、学校給食実施基準の方も全面改正されて、パブリックコメント募集中です。衛生管理基準も同じような形でできたんですね。

 ただ今、月末修羅場中につき(^_^;)まだ斜め読みしかしてませんが、従来の「学校給食衛生管理の基準」をスッキリさせて、さらに新しい文言が追加されているようです。

 従来の「学校給食衛生管理の基準」の扱いはどうなるんでしょう。解説書みたいな感じで残るのかな? なくなっちゃうんなら、町の研修会で使おうと思って先日県教委の在庫処分市でもらってきた印刷物が運んだだけ無駄に(^_^;)

 

 ちなみに旧学校給食実施基準はこちら。昭和31年最終改正のもの。現状ではあり得ない面積基準とか、今日まで生きてたんですねぇ(^_^;)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009.01.19

い、ちご、好きか?

Strawberry_1

 リュータン「い、ちご、好きか?」

 タッチー「それほどで…」

 リュータン「も、いっぺん聞くぅ!」

 …すみません。わかる人だけのネタで。

 

 来週、給食委員会で取材に行くいちご農家さんへ、下見に行ってきました。いちご畑は久しぶりです。いちご狩り何年やってないかな。

Strawberry_2

 最近は、このように畝を高設にする栽培方法もあるそうです。作業効率よさそうですね。収穫直後なので、フォトジェニックないちごさんがほとんどないのが残念。

Strawberry_3

 こちらは従来どおりの低い畝。

Strawberry_4

 これはいちごの花。トマトの時と同じくマルハナバチがお仕事してます。

 

 当日は、今日見られなかったいちごの選果作業とパック詰めを見せてもらえることになっているので楽しみです。
 あのパック詰めってかなり技術が必要だよねぇ。素人じゃ、一度パックから出したものはもうキレイに戻せないし。熟練の技に期待。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.25

たけのこがない…

 先週は調理員さん3人お休みという前代未聞のド修羅場を経験してしまいました。短縮日課、そして私も小学校での授業の予定があった中、えらいことになってました(^_^;

  

 予期していたことですが、国産品がいろいろ品薄になってきているようです。

 例えば、冷凍のむき枝豆をグリーンピース替わりの彩りに使っていたんですが(グリンピースだけ除ける人が多いので)、国産品は夏過ぎにはなくなりました。

 今、困っているのはたけのこの水煮。そりゃそーだ、これは今まで中国産のシェア高かったもんね。急に国産ばかりに集中したらなくなるのは当然だし、来春まで新物ができるハズもない。急に竹林は広がらないし、たけのこのハウス物なんてのもさすがにないだろう(^_^;)

 スープなどは他の野菜にしたり、酢豚系の料理には乱切りにしたじゃがいもを素揚げして入れてみたりしています。これは結構おいしかったけど。

  ただ、八宝菜や中華丼なんかはさすがにたけのこほしいなぁ…。これから白菜をばりばり使いたいしね。

 中国産を完全に避けてはいません。今思いつくだけでも豆板醤のような中華調味料と春雨だけは今も中国産を使ってます。あと、国内生産のほとんどないきくらげ…最近なるべく干しいたけにしてるけど、きくらげがいいなぁって時もあるのよねぇ。検査書とって使ってますが、だから絶対というものでもない。

 私自身、データ的根拠もなく「なんとなく中国産だから」という理由だけで忌避することへの疑問もあるしね。他国産だから、日本産だから安全というわけでもないのに、ただ中国産を避けることへの矛盾。
 だいたい国内生産が急には増やせない以上、国産需要だけが増えれば偽装業者の増加に繋がりかねない。

 自給率を上げるために国産品を使用するのはもちろんいいことだけど、それには順序というものががある。

 なんだかすっきりしないまま、献立を考えています。

 

 

 …と書いてアップし忘れていた記事発見(^_^; 11/30付けになってました。その後、たけのこ産地偽装は学校給食にも波及していますが、なんかもうみんな慣れっこになってしまったのか不思議なくらい騒ぎになりません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.11.20

バイキング給食

2008

 今年も全力疾走で走り抜けたバイキングウィーク、なんとか終了。

 例年どおりで昨年までと大きく変えたところはないのですが、なんだか今年はいろいろと考えこむことがありました。
 学級活動の時間で事前指導もやった。生徒たちは楽しみにしている。他の先生方からも「みんないい顔をしていたよ」といわれる。事後指導はワークシートにコメント→給食だより発行という感じ。これも例年と同じ。
 だけど何だろう、この充実感や達成感のなさは…まだ大切なことを見落としているような気がする。来年はもう少し違うアプローチの仕方を考えてみようかな。

 気を取り直して、次よ、次。行事は続く…(^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.18

学校給食実施基準改訂

 花うさぎさんのブログ情報。変わるって聞いてから軽く2年くらい過ぎてる気がしますが、ようやくでたんですね。

 学校給食における食事内容についてH20.10.23改訂版(文部科学省)

 →のサイドバーのリンクも変更してあります。ここ、気付いたときにちょくちょく直してたりしますので、もし情報が古くなってたらちろっと教えてくださると嬉しいです(^_^;

 

 上記リンク内の「学校給食実施基準」、これも来年4月より施行される改正学校給食法では「努めるものとする」ということで努力義務です。ただ、今回も「学校や地域の実情等に十分配慮した弾力的な運用」となっていますので、比較的緩めです。

改正学校給食法

(学校給食実施基準)
第八条 文部科学大臣は、児童又は生徒に必要な栄養量その他の学校給(新設)食の内容及び学校給食を適切に実施するために必要な事項(次条第一項に規定する事項を除く。)について維持されることが望ましい基準(次項において「学校給食実施基準」という。)を定めるものとする。
2 学校給食を実施する義務教育諸学校の設置者は、学校給食実施基準に照らして適切な学校給食の実施に努めるものとする。

 

 本町では既に1月までの献立は各校に流してあり、3月までの献立は栄養士レベルでの検討会議が終わってます。さて、いつから切り替えられるでしょう。
 一番大きな違いは、小学校も中学校もたんぱく質が大幅に下がっていること。とりあえず、来月の献立で基準量入れ替えてみたら、いきなりたんぱく質充足率が120%になり頭を抱えてます(-_-;) ちょっとやそっとの修正じゃ明らかに無理そうです。

 たんぱく質を減らすとエネルギーも下がるのに、エネルギーは上がってるという…油脂類使ってエネルギーと脂質を上げるってこと? でも食料構成は変わってないしなー。

 6年前に中学校に異動してきた時、献立を考えるときの配慮で一番違うなと思ったのは小学校に比べると脂質の上限にかなり余裕があるということでした。
 あとたんぱく質が足りなくならないようにすることと(これは今後大丈夫らしい)、あと鉄とカルシウムはかなりかなりがんばらないとムリという…もちろん食物繊維も。

 小学校時代は、鉄はちょっとがんばれぱ何とかなって、カルシウムはほとんど気にしなくても初案段階で充足してて、とにかくエネルギーと脂質のオーバーだけ気をつけるという感じでした。ですから、魚のフライにタルタルソース系とか、油脂系の添加物や焼菓子なんかをたまにはつけたいなーと思っても、最後のトータルの数字合わせで消えていくことが多いという…(苦笑)。

 こういう風に書くといかにも数字合わせだけで献立を立ててるようですが、そんなことはないです(^_^; 私はどっちかというと、数字より嗜好や実態や献立の目的を優先してしまうタイプなので。ただ、やっぱり学校給食ですので数字も必要なのです。

 とにかく、この新基準。研究して頭を切り替えるのにちょっと時間がかかりそうだなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.10.11

続・改正学校給食法

 昨日の続きです。

 で、法令文に弱く頭も弱い私の感じたところなのでツッコミプリーズなんですが。

 
 この条文を読んだ限りじゃ、今後も増員ペースは上がらないんじゃないかなぁと思いました、栄養教諭。

 

 栄養教諭は、児童又は生徒が健全な食生活を自ら営むことができる知識及び態度を養うため、学校給食において摂取する食品と健康の保持増進との関連性についての指導、食に関して特別の配慮を必要とする児童又は生徒に対する個別的な指導その他の学校給食を活用した食に関する実践的な指導を行うものとする。

 栄養教諭以外の学校給食栄養管理者は、栄養教諭に準じて、第一項前段の指導を行うよう努めるものとする。

 

 この辺りの違いは、今までにも言われてきたことではありますが、もし私が財政難な自治体の首長なら、この程度の差ならうちは学校栄養職員でもいいのにって思っちゃいますよ。「努力義務」があるなら、学校栄養職員も食に関する指導をやれっていわれてることには変わりないんでしょっ、てね。

 前記事のWikiの定義を信じるならば、「努力義務」というのは「それなりには」力のある表現な気がするのですよ。「学校給食実施基準」や「学校給食衛生管理基準」と同じ位置付けなわけだし。同じなのを「強い」ととるか「弱い」ととるかの問題もあるか…(^_^;

 まだ学校栄養職員である私の立場からしてみればですね、「学校栄養職員による食に関する指導」なんてのは、わりと最近まで「授業をやるなんて」「あの人は好きでやってるから」みたいな言われ方をしていたというくらいなので、学校栄養職員でも食に関する指導は努力義務なんだという法的な根拠がついたってことはすごいことだと思います。

 でもやっぱりもっと、両者に明らかな差をつけてもよかったんじゃないかと思ってしまうのです。財政難の首長さんから見ても、「政府は食育なんて騒いで今度は何の利権が絡んでるんだか」としか思ってない一般の方にも、もちろん本心は栄養教諭より一般の教員を増員してほしい先生方にも納得してもらえるような。だって栄養教諭制度っていうものが「単なる待遇改善」だと思われたり、実際それに過ぎないんだったらこの制度の根底がゆらぎます。

 えと…例えば、「栄養教諭は学校栄養職員を指導して食に関する指導を…」とか。それじゃ指導教諭みたいになっちゃうか。
 教諭と助教諭みたいに「学校栄養職員は栄養教諭の職務を助け…」みたいなのとか。助教諭は「教諭の職務を助ける」と定義されてるんですよね。助教諭は臨時職員ですけどね。

 ここまでいうと問題発言かも。でも逆にいえば、栄養教諭さんにはそのくらいの気持ちは持っていてほしいという期待も込みです。

 今後も、この法律以外の面で栄養教諭を配置した方がいいんだよー的な優位面を打ち出していくのでしょうけどね…。

 

 あと、上の件とは別に気になったことがもうひとつ。

 

第九条
3 義務教育諸学校の校長又は共同調理場の長は、学校給食衛生管理基準に照らし、衛生管理上適正を欠く事項があると認めた場合には、遅滞なく、その改善のために必要な措置を講じ、又は当該措置を講ずることができないときは、当該義務教育諸学校若しくは共同調理場の設置者に対し、その旨を申し出るものとする。

 

 …これ読んで、一旦提出した来年度の予算要望書をもう一度書きなおすことにしました。…という解釈でいいんだよね?(^_^;
 要望箇所が多過ぎてどうせ見てももらえないと思っていたトイレの改修(洋式にして座ったままで手洗いっていうアレです)も、ホントにダメ元ですが出してみます。

 昔、前室はDIYで作りましたよ(「遅滞なく、その改善のために必要な措置を講じ」たってか)。
 
だけどトイレの改修まではさすがに無理なので、現在は上のリンク先の方法にプラスして、水洗タンクの上に流れる水のところにシャボネットを置き手洗いしています。
 何年もやってますがタンクは詰まらないので(^_^;今のところこれでしのいでますが、ことノロ対策が重要なトイレ周りだけに、いつまでもこれでよしとしていてはダメだなと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.09

改正学校給食法

 来年の予算要望はやはり手洗い関係重視だよねと思い、厨房業者さんに見積もりのお願いをしていて出た話。

 そういえば、改正学校給食法が施行されると、「学校給食衛生管理の基準」が守れないと法律違反ってことになりますよね。

 そういえばそうなんですよね。罰則規定はないけど(^_^;)

 

 それで、改正学校給食法成立後、しばらく気にしてなかったけど正確な条文ってどうなったんだろうと思い出し(遅いよ)、調べてみました。

 第169回国会における文部科学省成立法律
 学校保健法等の一部を改正する法律
   成立日: 平成20年6月11日
   公布日: 平成20年6月18日
   施行日: 平成21年4月1日

 新旧対照表(注・PDF)もでてますよ。縦書きでちと見難いけど(^_^;)

 当初の発表どおり「学校給食の目標」の項目が増え、「学校給食実施基準」と「学校給食衛生管理基準」と「食に関する指導」のことが盛り込まれている他、栄養教諭の職務についても触れられています。

(学校給食実施基準)
第八条  文部科学大臣は、児童又は生徒に必要な栄養量その他の学校給食の内容及び学校給食を適切に実施するために必要な事項(次条第一項に規定する事項を除く。)について維持されることが望ましい基準(次項において「学校給食実施基準」という。)を定めるものとする。

2  学校給食を実施する義務教育諸学校の設置者は、学校給食実施基準に照らして適切な学校給食の実施に努めるものとする。

(学校給食衛生管理基準)
第九条  文部科学大臣は、学校給食の実施に必要な施設及び設備の整備及び管理、調理の過程における衛生管理その他の学校給食の適切な衛生管理を図る上で必要な事項について維持されることが望ましい基準(以下この条において「学校給食衛生管理基準」という。)を定めるものとする。

2  学校給食を実施する義務教育諸学校の設置者は、学校給食衛生管理基準に照らして適切な衛生管理に努めるものとする。

3  義務教育諸学校の校長又は共同調理場の長は、学校給食衛生管理基準に照らし、衛生管理上適正を欠く事項があると認めた場合には、遅滞なく、その改善のために必要な措置を講じ、又は当該措置を講ずることができないときは、当該義務教育諸学校若しくは共同調理場の設置者に対し、その旨を申し出るものとする。

 

第三章 学校給食を活用した食に関する指導

第十条  栄養教諭は、児童又は生徒が健全な食生活を自ら営むことができる知識及び態度を養うため、学校給食において摂取する食品と健康の保持増進との関連性についての指導、食に関して特別の配慮を必要とする児童又は生徒に対する個別的な指導その他の学校給食を活用した食に関する実践的な指導を行うものとする。この場合において、校長は、当該指導が効果的に行われるよう、学校給食と関連付けつつ当該義務教育諸学校における食に関する指導の全体的な計画を作成することその他の必要な措置を講ずるものとする。

2  栄養教諭が前項前段の指導を行うに当たつては、当該義務教育諸学校が所在する地域の産物を学校給食に活用することその他の創意工夫を地域の実情に応じて行い、当該地域の食文化、食に係る産業又は自然環境の恵沢に対する児童又は生徒の理解の増進を図るよう努めるものとする。

3  栄養教諭以外の学校給食栄養管理者は、栄養教諭に準じて、第一項前段の指導を行うよう努めるものとする。この場合においては、同項後段及び前項の規定を準用する。

 
 「学校給食実施基準」は努力義務、「学校給食衛生管理基準」も努力義務。「食に関する指導」については、栄養教諭以外の学校給食栄養管理者(学校栄養職員)は努力義務。もちろん栄養教諭は不可避な義務です。

 

努力義務(Wikipedia)

努力義務(どりょくぎむ)とは、日本の法制上「~するよう努めなければならない」などと規定された、違反しても罰則その他の法的制裁を受けない作為義務・不作為義務のことである。遵守されるか否かは当事者の良心にのみ左右される。
 

 

 いや…長々引用してみたってこんなことは今までだって分かり切ったことではあるんですけどね。何かこう、こうやって改めて法令の条文としてみるといろいろ思うことがありませんか、皆様。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.06.02

寒い寒い

 早くも梅雨入りですか~(ToT)

 先週、一番寒かった日はよりによって「冷やしうどん」でした。バットに、ゆでて水で締めたうどんを入れ、上からロックアイスをざらざらっと入れて配食すると、麺が冷やされるだけでなく、氷の解け水でうどんがほぐれてちょうど配膳のころにいい塩梅になってるというメニューなんですが、さすがに室温16度ではこれは出せない(^_^;

Kamaage 速攻で書いたお知らせ

 で、急遽、釜揚げうどんに初挑戦。つゆは温かくして食缶に。うどんは時間ギリギリにゆで、温かいままバットへ。その上から残ってたかつおだしをまわしがけて出しました。
 それでもやはり教室で配膳する時点では少し凝ってしまっていて「下の方におだしが沈んでいるので、上下をひっくり返すようにするとすぐほぐれるよー」といいながら教室を駆け回る。

 生徒の配膳に一苦労かけさせちゃいましたが、食べる時にはアツアツとはいえないまでも麺にそれなりの食感が残っていておいしかったです。後から麺にかけただしがすごくよく効いてた。よく考えたらコンビニの麺に別袋がついてるみたいに教室で「ほぐしだし」としてかけてもらえばよかったのかも。といってももうボール使い切ってて入れる物なかったんですが。

 

 そして、またしても寒いらしい明日。「ごまだれ冷やし中華」を入れていたりする(泣笑)…でもサイアク中華麺はごま油をまわせるから氷は入れなくてもいけるだろう…。
 運動会練習が始まることもあり、例年どおりこの時期は初夏のメニューばっかり組んでしまったい(-_-メ) アツアツのスープがおいしい今日この頃。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧