« 2009年4月 | トップページ

2010年5月の1件の記事

2010.05.03

1年間のご無沙汰でした

 職名が変わって、あっと言う間に丸1年と一か月が過ぎてました(笑)。

 この1年間、脇目も振らず職務に邁進しておりましたらば、今までだってそうはなかったプライベートな時間はほぼ壊滅状態で、情報収集以外のことでネットできなかったです。

 あ、嘘です。たまには脇目で舞台観てました(笑)。でも回数は激減。

 更新滞ったのはそれだけでなく。
 こちらからは誰にも一度も話したことないのに、あまりにもリアル知り合いにバレ過ぎてて、何だか書きにくくなっちゃったというのがもっとも大きいです(笑)。もっとも、ブログなんて私が思ってるほど特殊なことだと皆さん思ってないみたいですが。
 …あ、飲み会の席上でここの話をするのやめてくださいよ(笑)>某指導主事さま

 しかし、不思議ですねぇ…私がネットを始めた十ウン年前は「インターネットやってます」なんてとてもじゃないけどカミングアウトできる世の中じゃなかったですし、ホームページ(ブログじゃないよ)開設してるなんてどこのオタク女ですかと後ろ指さされること必至でしたのに。
 今じゃフツーにケータイでツイッターですからね。(ツイッターやってないけど)長生きはするもんですなぁ。

 

 「どんな仕事も依頼も決して断らない」…先代の栄養教諭たちが立てた誓いだそうです。

 どんなムチャ振りや、過酷な仕事でも、それが今の自分に課せられた使命と思い、がんばり抜いたつもりです。今、これが必要だと思ったことは周りの空気読みつつ立ち上げ、大変そうで逃げ出したくなるようなことからも(自分の中の怠け心は逃げちまえ〜といってるのですが…笑)、逃げずに立ち向かってきました。

 

 でも、「自分ががんばった」だけじゃ「成果」とは認められないんだよねぇ…。

 今、私たち栄養教諭に求められているのは、数字で結果を出すこと。成果を出して、配置効果を認めさせて、後進の道を開くこと。
 じゃないと、同じようにがんばっているのにいろんな事情で学校栄養職員のままでいる「栄養教諭になるべき人たち」に申し訳が立ちません。

 

 そして何より…目の前の子どもたちの現状を見ていると思うんです。「まだまだやらなくちゃならないこと、やれることがたくさんあるだろう自分」って。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ