« 公開シンポジウムのお知らせ | トップページ | 栄養教諭第一週目 »

2009.03.29

4月から

 職名が栄養教諭に変わることになりました。

 

  この制度が立ちあがるまでに注がれた、長い長い時間と、たくさんの先輩方の情熱を、学校栄養職員として採用になってからずっとリアルタイムで見てきました。

 正直言って、ものすごく重いです。

 

 自分の周りには、同じ気持ちで同じようにがんばってる人がたくさんいます。

 子どもたちの現状を憂えて
 自分にできることを悩みながら模索して
 世間一般の公務員のイメージの、8時5時勤務とはかけ離れた生活をしている人もたくさんいます。

 ひよっ子で入ってきた私を育て、今も導いてくださる先輩たちもいらっしゃいます。
 配置地区の問題で、転居必須の条件が見え隠れし、受験を断念した人もいます。

 

 既にこの名前にふさわしい仕事をしている人は、大勢いるんです。

 

 自分に自信があるわけでもありません。

 現場だって、まだまだ、もっともっとやるべきことがあるし
 授業だって、何百時間やっても一度たりとも完璧だと思えたことはないし
 生徒や保護者とのかかわりや地域との連携でも、悩みながらの日々です。

 「担任や教科の持てない制限つきの教員」よりも、荒れた教室に副担として配置できる教員を増やしてほしい …という、一般の先生方の本音。中学校に赴任してよく理解できるようになりました。

 

 そういう意味では本当に心苦しくて

 私に何ができるんだろう、何で私なんだろうって考えたら

 

 行けと言われればどこへでも行ける
 やれと言われればどんなことでもやってみる
 今これが必要だと思ったらすぐそれに取り組めるような

 人様よりも多少なり仕事に没頭できる環境に恵まれていた

 

 ことくらいしか、思いつきません。

 

 制度立ち上げのこの大切な時期に、栄養教諭に課せられているものは、2年間傍らから見てきたことで、よくわかっているつもりです。

 それに、この制度がうまくいかないと、新採からずっと所属校以外の学校を担当し、複数校掛け持ちの限界を見てきた自分の念願である「すべての学校に栄養士を配置」は実現することはないでしょう。

 とにかく、 一生懸命がんばります。それしかできないので。
 異動先は、転居か50km車通勤も覚悟せざるを得ない状況でしたが、なんとかがんばれば通える範囲で収まりました。久しぶりの小学校です。

 

 

 でも、実はまだまだ残務に追われまくって引継ぎできません。ここ一カ月は土日もほぼフル出勤で片付けと並行してやってたんだけどなぁ…(^_^;) 

|

« 公開シンポジウムのお知らせ | トップページ | 栄養教諭第一週目 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

くむさんなら大丈夫。
今までの経験が役立つにちがいありません!

栄養教諭についてはいろんな意見がありますが、「こういう栄養教諭もいるんだ」というところを十分に知らせていってください。

どんな些細な取り組みでも、「あ、うちでもやっていることだわ」「これならうちでもできるな」と、多くの栄養士や栄養教諭が励みになり、自分の足元を固めるものになると思います。

私は来年度からは違う視点で食育に関わっていきますが、学校現場での状況も少しずつ行政のほうに伝えられればと思っています。

投稿: 花うさぎ | 2009.03.30 00:48

くむさん、おめでとうございます!
栄養教諭は、くむさんのようにたくさんのことに取り組んでおられる栄養士さんでも、こんなに重く受け止めるほどの重責があるのですね・・・。
ようやく学校栄養士としてスタート地点に立つ私としては、改めて、気を引き締めて頑張りたい!と思いました。

ところで、通勤に苦心するようなところに移動するのは、行政だって通勤費の負担になるんだから止せばいいのにと考えてしまいます。(そんなもんじゃないんだろうけども)
自分は勤務地まで片道34kmあるようです。
でも、くむさんの記事をみて、これくらい十分通勤範囲内だと悟りました。

投稿: 佐織 | 2009.03.30 17:16

くむシャン  実はわたしゅ20年度新任栄養教諭てことできたわれてマスタ。やっと一息ついておるとこりょです。くむシャンにょように実績なしの身にとってこの1年は、しじょうに厳しい時間遣いの日々。しっかし自宅から8分のところにがっこがありやしてそれだけが救いだした。時間遣いの名人くむシャン・・好きなことに使う時間を持つことは新任研修1年間をやりとおす力となりましょう。ガンバっす。

投稿: ガクボー | 2009.03.30 18:29

>花うさぎさん

 ご希望が叶い、おめでとうございますの異動…でいいんですよね。
 学校としては大変に痛い引き抜きですが、日頃から学校だけに留まらない研鑚を積んでいたうさぎさんだからこその抜擢なんだと思います。ブログも続けられるとのことで、今後ともよろしくお付き合いください。
 私の方は、実は先月までは閉鎖するつもりでしたが、まぁもともとそんなに頻繁に更新している訳でもないし(笑)、差し支えのない範囲で細々と続けていこうかなと今は思っています。


>佐織さん

 大変遅くなりましたが、おめでとうございます。何だか自分の事のように嬉しいです。
 通勤34kmは大変ですね…。一年目は慣れないことばかりで本当に大変だと思いますが、若さと熱意でがんばってください。
 私も初任校が当時住んでいた実家から30kmありました。しかも運転免許を持っていなかったので(お勤めが始まったら通いかけていた教習所に全く行けなくなり、一度パーにしました(^_^;)、家族の車とバスと電車と自転車を乗り継いで1時間半かけて通っていました。
 3年目でようやく教習所に通い直し、免許を取るまでその生活が続きました。若かったから耐えられたんですねぇ(^_^;)年寄りの昔話でした。

 今の学校は、通い始めてみたら意外と近く感じたので大丈夫かな…と思ってます。まぁ新学期始まったらもう少し道路が渋滞するでしょうが(^_^;)

 栄養教諭の配置数が少ない都道府県は、遠方配置がわりと普通にあるようです。他県で知っている例では50歳過ぎの方(女性)が、自宅から百数十km離れたところに配置され、単身赴任したとか。
 栄養士会の方で「受けろ」といわれても家庭の事情を考えると迂闊に受けられないですよね。

投稿: くむ | 2009.04.04 15:49

>ガクボーさん

 んもう、ガクボーさんたら、奥ゆかしく黙っているからおめでとうがいえなかったじゃないですか(笑)。
 一年先輩として、今後ともどうぞよろしくお願いします。

 時間をうまく使って、観劇には行きたいです。ストレス解消にはすごく大切なので(^_^;) とりあえず移動先や移動中に仕事ができるよう、流行のネットブックを買いました。

 自宅から8分…それはいい面もありますが、ツライ面もありますね。スーパーで買い物していても子どもや保護者に会って買い物カゴを覗かれるなんてのはよくあることで。さらに地元だったりしたら、保護者が同級生だらけだったりして(^_^;)

投稿: くむ | 2009.04.04 15:56

(;´д`)トホホ…はいっ!あたり!グシュ。

投稿: ガクボー | 2009.04.04 23:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60376/44210971

この記事へのトラックバック一覧です: 4月から:

« 公開シンポジウムのお知らせ | トップページ | 栄養教諭第一週目 »