« オペラ・ド・マランドロ | トップページ | 2学期終了 »

2008.12.25

たけのこがない…

 先週は調理員さん3人お休みという前代未聞のド修羅場を経験してしまいました。短縮日課、そして私も小学校での授業の予定があった中、えらいことになってました(^_^;

  

 予期していたことですが、国産品がいろいろ品薄になってきているようです。

 例えば、冷凍のむき枝豆をグリーンピース替わりの彩りに使っていたんですが(グリンピースだけ除ける人が多いので)、国産品は夏過ぎにはなくなりました。

 今、困っているのはたけのこの水煮。そりゃそーだ、これは今まで中国産のシェア高かったもんね。急に国産ばかりに集中したらなくなるのは当然だし、来春まで新物ができるハズもない。急に竹林は広がらないし、たけのこのハウス物なんてのもさすがにないだろう(^_^;)

 スープなどは他の野菜にしたり、酢豚系の料理には乱切りにしたじゃがいもを素揚げして入れてみたりしています。これは結構おいしかったけど。

  ただ、八宝菜や中華丼なんかはさすがにたけのこほしいなぁ…。これから白菜をばりばり使いたいしね。

 中国産を完全に避けてはいません。今思いつくだけでも豆板醤のような中華調味料と春雨だけは今も中国産を使ってます。あと、国内生産のほとんどないきくらげ…最近なるべく干しいたけにしてるけど、きくらげがいいなぁって時もあるのよねぇ。検査書とって使ってますが、だから絶対というものでもない。

 私自身、データ的根拠もなく「なんとなく中国産だから」という理由だけで忌避することへの疑問もあるしね。他国産だから、日本産だから安全というわけでもないのに、ただ中国産を避けることへの矛盾。
 だいたい国内生産が急には増やせない以上、国産需要だけが増えれば偽装業者の増加に繋がりかねない。

 自給率を上げるために国産品を使用するのはもちろんいいことだけど、それには順序というものががある。

 なんだかすっきりしないまま、献立を考えています。

 

 

 …と書いてアップし忘れていた記事発見(^_^; 11/30付けになってました。その後、たけのこ産地偽装は学校給食にも波及していますが、なんかもうみんな慣れっこになってしまったのか不思議なくらい騒ぎになりません。

|

« オペラ・ド・マランドロ | トップページ | 2学期終了 »

学校給食」カテゴリの記事

コメント

こんばんわー
タケノコの件はうちの給食会でも・・・。
国産のタケノコが偽装されてたり、品薄だったりで、手に入らなくなってます。

しょうがないのでとりあえず中国産・・・でよしとしてしまいました。

何でもかんでも中国産を廃止すると、食材料費がかかって、今の世の中、大変なのよ・・・ということは考えてもらえないのだろうか・・・。

学校によっては校長様が「中国産使用禁止」と出してるもんだから、食材料費圧迫中と聞いてます。うちはそこまで言われてないので、多少の中国産使用はやむなし(緑豆はるさめときくらげ、タケノコ)としてます。

キクラゲの代わりに干しシイタケ使っても、中国産の代わりに国産じゃ高いのよね・・。

うちの市の給食費は来年度の値上げも見送りになったので、貧乏給食をきわめて行くしかありません。
3学期の運営、大丈夫かな

投稿: 花うさぎ | 2008.12.26 00:46

「中国産禁止」と声高らかにいってる校長先生が求めているのは「安全」ではなくて「安心」なんですよね。しかも見せかけだけの安心。
そんな単純な問題じゃないと思うんですけどね、これは。

たまにオール国産をうたってる学校や自治体がありますけど、上の記事に書いた食材以外でも調味料とかはどうしてるんでしょう(?_?)
醤油の大豆とか調味料の原材料まで考えたらものすごい金額になりそうです。そもそも塩の純国産はほぼムリだろうし、こしょうは完全にムリだろうし。

給食費。うちの町は倹約メニューが功を奏したらしく、既にお金が余り気味で大盤振舞してるとこもある状態なので(^o^;来年度の値上げはまずないですね。
消費税が上がるとしたら、あと2年このままなんじゃないですかね(;-_-+

投稿: くむ | 2008.12.26 20:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60376/43298592

この記事へのトラックバック一覧です: たけのこがない…:

« オペラ・ド・マランドロ | トップページ | 2学期終了 »