« 洋梨パフェ | トップページ | 学校給食実施基準改訂 »

2008.11.17

RENT/SAMURAI 7

Touhou_rent

 映画化もされた超有名ミュージカル。オフ・ブロードウェイ初演前日に急逝したジョナサン・ラーソンの伝説。貧困、エイズ、ドラッグ…死と隣り合わせの生の中、夢や愛や友情を信じる若者たちのストーリー。Seasons of Love を初めとした名曲の数々。世界中にRENTヘッズと呼ばれる熱狂的ファンがたくさん…

 …なのですがしかし。私ときたら来日公演、映画と観てもどうにも心に響くものがなく、「やっぱ家賃くらいは何とかして払おうよ」などと平和ボケ日本人丸出しなことを思ってしまう始末。

 そんな、自分でも苦手意識のかなりあるRENTですが、今度こそ「家賃払わんでよか!」と思わせてくれるかも!と(笑)性懲りもなく観ました東宝版

 

 感想。今回のカンパニーには家賃減免措置を講じるのにやぶさかでないっつーか(爆)。

 しかし、やっぱり話に入り込めないのは映画版や来日公演と全くおんなじでした。役者さんたちはみんな好演してるし(特にコリンズ役者さん、久しぶりに「伝わる」人の歌を聴いたと思いました)、オリジナル演出にこだわりのない私は今回の演出にも特段文句もないので、もう間違いなく私自身の問題なのでありましょう。どうも何かを忘れたつまんないオトナになってしまったということなんだろうな。

 No day but today

 今、この瞬間だけを考えて生きることは、けっこう難しい。

 

 同日マチネは、新宿コマ劇場で公演中のSAMURAI7を観ました。原作の黒澤映画もGONZOアニメも未見ですが、実妹が今そのジャンルのようなのでなんとなく(笑)。

 これがついでくらいのつもりだったのに(失礼)意外とおもしろく、結果的にRENTより観て良かった度が高かった(^o^;

 剣の達人設定のカンベエさまの殺陣がショボいとかいろいろツッコミどころはあったけど(笑)、アニメファン仕様に声質重視(のような気がした)キャスティングは大劇場向きだと思いましたし、長い漫画原作をうまくまとめたらしい脚本、そしてコマ劇場の舞台機構をうまく使ったテンポの良い舞台でした。

 特に、ロボ侍の最期にはボタ泣きしてしまった。誰が演じてたのかなんて知らないで観てたので、終演後確認したら、住谷正樹さん…なんとハードゲイの人だったよ(爆)。子役との絡みが多いとかいろいろおいしい役回りだったとはいえ、びっくりしました。
 ガタイのいい人は好きなので(笑)今後もがんばって欲しいです。歌は歌える方なんだろうか~。

|

« 洋梨パフェ | トップページ | 学校給食実施基準改訂 »

演劇・ミュージカル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60376/43134455

この記事へのトラックバック一覧です: RENT/SAMURAI 7:

« 洋梨パフェ | トップページ | 学校給食実施基準改訂 »