« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月の11件の記事

2008.11.20

バイキング給食

2008

 今年も全力疾走で走り抜けたバイキングウィーク、なんとか終了。

 例年どおりで昨年までと大きく変えたところはないのですが、なんだか今年はいろいろと考えこむことがありました。
 学級活動の時間で事前指導もやった。生徒たちは楽しみにしている。他の先生方からも「みんないい顔をしていたよ」といわれる。事後指導はワークシートにコメント→給食だより発行という感じ。これも例年と同じ。
 だけど何だろう、この充実感や達成感のなさは…まだ大切なことを見落としているような気がする。来年はもう少し違うアプローチの仕方を考えてみようかな。

 気を取り直して、次よ、次。行事は続く…(^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.18

学校給食実施基準改訂

 花うさぎさんのブログ情報。変わるって聞いてから軽く2年くらい過ぎてる気がしますが、ようやくでたんですね。

 学校給食における食事内容についてH20.10.23改訂版(文部科学省)

 →のサイドバーのリンクも変更してあります。ここ、気付いたときにちょくちょく直してたりしますので、もし情報が古くなってたらちろっと教えてくださると嬉しいです(^_^;

 

 上記リンク内の「学校給食実施基準」、これも来年4月より施行される改正学校給食法では「努めるものとする」ということで努力義務です。ただ、今回も「学校や地域の実情等に十分配慮した弾力的な運用」となっていますので、比較的緩めです。

改正学校給食法

(学校給食実施基準)
第八条 文部科学大臣は、児童又は生徒に必要な栄養量その他の学校給(新設)食の内容及び学校給食を適切に実施するために必要な事項(次条第一項に規定する事項を除く。)について維持されることが望ましい基準(次項において「学校給食実施基準」という。)を定めるものとする。
2 学校給食を実施する義務教育諸学校の設置者は、学校給食実施基準に照らして適切な学校給食の実施に努めるものとする。

 

 本町では既に1月までの献立は各校に流してあり、3月までの献立は栄養士レベルでの検討会議が終わってます。さて、いつから切り替えられるでしょう。
 一番大きな違いは、小学校も中学校もたんぱく質が大幅に下がっていること。とりあえず、来月の献立で基準量入れ替えてみたら、いきなりたんぱく質充足率が120%になり頭を抱えてます(-_-;) ちょっとやそっとの修正じゃ明らかに無理そうです。

 たんぱく質を減らすとエネルギーも下がるのに、エネルギーは上がってるという…油脂類使ってエネルギーと脂質を上げるってこと? でも食料構成は変わってないしなー。

 6年前に中学校に異動してきた時、献立を考えるときの配慮で一番違うなと思ったのは小学校に比べると脂質の上限にかなり余裕があるということでした。
 あとたんぱく質が足りなくならないようにすることと(これは今後大丈夫らしい)、あと鉄とカルシウムはかなりかなりがんばらないとムリという…もちろん食物繊維も。

 小学校時代は、鉄はちょっとがんばれぱ何とかなって、カルシウムはほとんど気にしなくても初案段階で充足してて、とにかくエネルギーと脂質のオーバーだけ気をつけるという感じでした。ですから、魚のフライにタルタルソース系とか、油脂系の添加物や焼菓子なんかをたまにはつけたいなーと思っても、最後のトータルの数字合わせで消えていくことが多いという…(苦笑)。

 こういう風に書くといかにも数字合わせだけで献立を立ててるようですが、そんなことはないです(^_^; 私はどっちかというと、数字より嗜好や実態や献立の目的を優先してしまうタイプなので。ただ、やっぱり学校給食ですので数字も必要なのです。

 とにかく、この新基準。研究して頭を切り替えるのにちょっと時間がかかりそうだなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.11.17

RENT/SAMURAI 7

Touhou_rent

 映画化もされた超有名ミュージカル。オフ・ブロードウェイ初演前日に急逝したジョナサン・ラーソンの伝説。貧困、エイズ、ドラッグ…死と隣り合わせの生の中、夢や愛や友情を信じる若者たちのストーリー。Seasons of Love を初めとした名曲の数々。世界中にRENTヘッズと呼ばれる熱狂的ファンがたくさん…

 …なのですがしかし。私ときたら来日公演、映画と観てもどうにも心に響くものがなく、「やっぱ家賃くらいは何とかして払おうよ」などと平和ボケ日本人丸出しなことを思ってしまう始末。

 そんな、自分でも苦手意識のかなりあるRENTですが、今度こそ「家賃払わんでよか!」と思わせてくれるかも!と(笑)性懲りもなく観ました東宝版

 

 感想。今回のカンパニーには家賃減免措置を講じるのにやぶさかでないっつーか(爆)。

 しかし、やっぱり話に入り込めないのは映画版や来日公演と全くおんなじでした。役者さんたちはみんな好演してるし(特にコリンズ役者さん、久しぶりに「伝わる」人の歌を聴いたと思いました)、オリジナル演出にこだわりのない私は今回の演出にも特段文句もないので、もう間違いなく私自身の問題なのでありましょう。どうも何かを忘れたつまんないオトナになってしまったということなんだろうな。

 No day but today

 今、この瞬間だけを考えて生きることは、けっこう難しい。

 

 同日マチネは、新宿コマ劇場で公演中のSAMURAI7を観ました。原作の黒澤映画もGONZOアニメも未見ですが、実妹が今そのジャンルのようなのでなんとなく(笑)。

 これがついでくらいのつもりだったのに(失礼)意外とおもしろく、結果的にRENTより観て良かった度が高かった(^o^;

 剣の達人設定のカンベエさまの殺陣がショボいとかいろいろツッコミどころはあったけど(笑)、アニメファン仕様に声質重視(のような気がした)キャスティングは大劇場向きだと思いましたし、長い漫画原作をうまくまとめたらしい脚本、そしてコマ劇場の舞台機構をうまく使ったテンポの良い舞台でした。

 特に、ロボ侍の最期にはボタ泣きしてしまった。誰が演じてたのかなんて知らないで観てたので、終演後確認したら、住谷正樹さん…なんとハードゲイの人だったよ(爆)。子役との絡みが多いとかいろいろおいしい役回りだったとはいえ、びっくりしました。
 ガタイのいい人は好きなので(笑)今後もがんばって欲しいです。歌は歌える方なんだろうか~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.16

洋梨パフェ

Parfait_pair

 パフェラッチ!さんで有名な、四谷三丁目のフルーツパーラー「フクナガ」さんへ行ってきました。季節限定の洋梨パフェ950円也。洋なしサイトを作るくらい洋なしスキーなんです私。いや放置しっぱなしなんですが(^_^;

 最上段は1/3カットのラ・フランスに生クリーム、トッピングはザクロ。「種ごと食べられますよ」と親切に教えてくれました(^o^;
 その下にはカットされた洋ナシがごろごろ、そして自家製のソルベ@洋梨粒ごろごろ、アイスクリーム。

 たいがいの女子の例に漏れず私もフルーツパフェが大好きですが、コーンフレークで増量してあるヤツはただお腹いっぱいになっちゃうだけなのでちと苦手です。
 フクナガさんのパフェはもちろんそんなことはなく、おいしいフルーツを味わったっていう満足感が残る、量的にも計算された程よいサイズ。

 携帯のショボカメラしか持っていなかったことを後悔(^_^; 期間限定モノも含めて全種制覇すると景品がもらえるスタンプラリーもあるので、つい通ってしまいそうです。

フルーツパーラー フクナガ

住所 東京都新宿区四谷3-4 Fビル2F
丸の内線四谷三丁目駅3番出口より徒歩1分 新宿通りを四谷方面へ 右手果物屋さんのビルの2階
電話 03-3357-6526
営業時間 11:30~20:00(L.O.19:30)
定休日 日祝休(夏季、年末年始休)
座席数 30席

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.13

きゃべつの謎

 今週納品されたきゃべつにミョーなものがついてました。私もこの仕事長いですがこーいうのは初めてです。調理員さんも同意見。

(クリックすると拡大します)

Cabbage1_3

 シリカゲルのようなしろいつぶつぶ…モンシロたまごの時期じゃないし、そもそも形が違うし。どうも虫の卵っぽくないんですよね。

 アップにしてみます。

Cabbage2

 葉にめり込むようにしっかりくっついていて、無理にはがすと穴が。穴のくぼみ具合がまるでニキビつぶしたみたいです(^_^;)

  1. 白くて半透明の1~2mmの粒状
  2. 外なら3枚目くらいまでめくってみたけど同じようについてました。
  3. いっぱいついてる部分とそうでもないところがあります。
  4. 爪で潰してみたらぐちゅっという感じではなくサクッとしてます。植物の一部って感じがします。
  5. 2ケースほど納品された中の1個だけに付着。後のにはありませんでした。

 農薬って感じでもないし、きゃべつのブルームが結晶化したものとか(するの?)、そういうものなんでしょうか。

 

 ちなみにキャベツ栽培経験者や理科の先生にも見せたけどわかんなかったです。ネットで調べてもイマイチ確証が持てないでいます。誰かご存知ありませんか(^_^;)

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2008.11.12

学会参加

 週末は、第1回目の某学会に参加してきました。忙しい時期だったし無理して行かなくてもいいかなと思ったけど、結局動員がかかり(笑)、知り合いも出るので参加しました。

 まだ初回開催ということで「出すことに意義がある」という感じの急ごしらえな発表が多かったですが(途中経過的なものが多かったので)、それでも他職域の話は刺激になりました。
 来年は何か発表してみようかなぁ。…来年自分がここに置いてもらえる保証はないんだけど。弾き出される可能性もあるしね(^_^;)

 

 今週はちと反省モードです。んー…どうして私は見て見ぬふりということがいつもできないんでしょう。黙っていれば己に火の粉がかかることはないことを、ついエセ正義感とか使命感を発揮してしゃしゃりでては貧乏くじをひいてしまう。なんというか世渡り下手の損な性格です。昨日はつくづくそう思いました(^_^; もう若くないんだから少しは大人になろうや自分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.09

御冥福をお祈りします

 DUETで、ボーイズ役でご出演だった結樺健さんがお亡くなりになったそうです。

 偶然、結樺さんのラストステージを拝見しています。翌日に降板発表。その日劇場に貼り出されていた「急病による代役のお知らせ」を見ていなかったので、代役の方(振付の先生でした)に「えっ…なんで?昨日まであんなに…」と思うくらい、結樺さんは降板直前まで観客に全く気付かせずに舞台に立たれていました。

 3ボーイズの「ル・クラブ」でのやり取りのシーン、毎回毎回違っていて大好きでした。公演中にお誕生日が来て、KOJIROさんに「こいつ今日誕生日なんだ」みたいなアドリブを出されていて笑ってたこともありましたっけ。

 3人のボーイズの揃った厚みのあるコーラス、今も心に響いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

将来を決めるということ

 前にも書いてましたが、中学校に異動してきてから毎年「栄養士になりたいんです」という生徒がくるようになりました。そういうのは小学校勤務時代にはなかったことなので、なんだか襟を正したくなる気持ちになったものです。

 

 今年、初めて高校生の職場体験学習の生徒をお預かりすることになりました。学校栄養士の職場体験です。うちの卒業生を含む4名。

 これが栄養士養成校からの実習生なら、今までも何度か受けたことがありますし、当然遠慮なくバリバリとしごきますが(笑)、今回はあくまで体験学習。しかもこの間まで中学校に通っていたような高校1年生なので、まだあまり夢を壊しちゃいけないのかなぁというビミョーな時期。

 高校生の受け入れ経験のある同業者に聞いてみますと、どこも期間中ずっと現場に投げ入れて終わりのようでした。そりゃそーだ。よく、教員志望でない教育実習生の教員免許取得のためだけの受け入れが問題になりますが、高校の体験学習レベルじゃもっと見込み薄だもんねぇ。ただでさえ忙しいこの時期にあんまり時間を割いてあげられないのは分かります。

 …が、私の仕事を見ていて憧れて…なんて殺し文句をいわれてしまうと何だかそういうワケにも行かず(爆)、期間中はずっと、教室に連れて行ったり小学校の授業に参加させたり教材を作らせたりと栄養士の実習生程度にいろいろやってもらいました。
 現場にも入れましたが、正直言って4人でマイナス1人前ぐらいの仕事ぶり。あ、マイナス1というのは、目を離せず私がつきっきりになっちゃったので、という意味です(笑)。

 もちろん調理の技術なんて今後の努力次第でどうにでもなりますが、だけど、見ていてやっぱり能力的、適性的にこの仕事はどうなんだろうかと思っちゃう子もいるわけで…。

 

 ほんの数カ月前。まだ中学生だったころなら、私はある意味無責任に「がんばれ~」と応援していてもよかったのです。その後高校受験という「ふるい」があり、晴れて高校生になった途端にもう次の「ふるい」、現実と立ち向かわなくちゃならないワケです。

 本人たちが、目指す道の厳しさにどのくらい気付いているかわからないけど、本気で学校の栄養士を目指すなら、この子たちの時はもう確実に栄養教諭枠の試験になっていることでしょう。まずは大学受験、教員免許が取れる大学へ。正直、この子たちにとってはかなりの難関。

 最終日、最後に「もし本当にこの道を志そうと決意したらまたいつでも来てね」と話しました。言いながら、胸がずきっとしました。私が何かしてあげられることはあるんだろうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.11.05

使い初め

使い初め
 来年の北海道大会の記念品は3群掛図を買いました。
 今週、ちょうど小学校5年の家庭科があるので黒板に貼り出してみました。のり付きのマグネットシートを布地の裏に貼ってみたら、しっかり黒板にくっつきます。食品絵カード(カット集からプリントアウトしてマグネットシートをつけたもの)も安定してついてます。

 これはよいですね〜。3群の絵つきと絵なしの2枚組なのも活用の幅が広がるし。何よりうちで使ってる開隆堂の教科書とおんなじ表記なのが助かります。
 こういう栄養黒板みたいなものは紙で作るとすぐ痛むし、上から絵カードを貼りにくいし、出先で授業をする機会が多い私にとって折りたたみできる布製というのもとても助かります。
 前任の小学校ではでかいホワイトボード買ってもらって栄養黒板を自作したもんですが(あの頃の市販品ってかわいくないのしかなかったんだもん)、ありゃ〜重かった!常掲してある給食室前から3階の教室まで運ぶのすら重くて…(^o^;

 …脱線。それにしてもいろんな教材が手に入るよい時代になりました。
 大会記念品は毎回布物を優先して買ってます。紙物なら大抵の物は作れるけど、布物は大変だし(笑)。なので、エプロンと6群掛図は2組ずつ持ってます(^o^;

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008.11.02

ごはんぢゃワンくん

Gohanchawankun

 先日のイベントでゲットしました。JAのどうもへんなことになっているご飯食推進キャラごはんぢゃワンくんです。

 くむ「これってキモカワ系ですよねぇ。頭のーみそみたいだし」

 農政の人「…それはみんな思っていても言わないんですよ」

 といいつつ、嬉しそうに全身ごはんぢゃワンくんグッズにまみれていた農政の人(推定年齢45歳)。

 

 ごはんミュージアムって国際フォーラムAホールのとこにあるのね。あの辺り頻繁に行ってるのにまだ行ったことないわ(^_^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.11.01

刷り上ってきました

2008leaflet

 夏休み辺りからずるずると引っ張ってきたリーフレット作成仕事がやっと完了です。教委の添書つけて町内全校に配布しました。

 今年のテーマは朝食なので、朝食に特化した内容です。掲載した一週間分のメニュー例は、3人家族でお買い物した地元食材を使いまわして主食・主菜・副菜を揃えることを想定しています。
 例えば、週末に常備菜を作っておけばこんな料理に再利用できますとか、かぼちゃは切って冷凍しておけば、朝は下処理なしでそのまま鍋に入れられますとか、1人分だけ用意するなら電子レンジだけでも1食整えられますとか、そんな感じの工夫も紹介しました。

 こうでき上ってみると、なんで足かけ3カ月もかかったんだろうという感じですが(^_^;)一人で作ってるワケじゃないのでしかたないのかな。

 印刷は昨年のリーフレットと同じところ。キャンペーン価格で5000部42500円コミコミ。印刷きれいだし早いし、ネット入稿できるし、もう地元業者さんではホントに歯が立たないですね(^_^;
 ただ、差し替え不可で入稿するので、校正はこちらで念入りにやらなくちゃなのです。今回も修正を重ねて最終的に第8稿までいきました(^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »