« ミス・サイゴンその1 | トップページ | デトロイト・メタル・シティ/20世紀少年 »

2008.10.15

ミス・サイゴンその2

 続いてキムの4人。

 笹本キム。7月末8月末に観ました。歌も芝居もバランスよく、物語を逸脱することがないので初見にお勧め。ドリームランドでお着替えしてるときの背中がキレイでおばちゃんドキッとしちゃいました(笑)。

 サイゴン陥落後、またボートピープルとしてバンコクにたどり着いた後の苦労が一番感じられた新妻キム。物語に描かれない時間を想像してしまいます。
 あと、新妻さんは小柄なので、ちびっこクリス(笑)と並んでもベトナム少女に見えるのもいいですね。

 知念キム。可憐なヒロイン、まさに蓮の花。歌はちょっと弱いけどとにかく表情が美しい。しかし知念ちゃんの時はケチってB席だったので(^_^;オペラでガン見してました。
 あとさすがリアル母。少女から母親になった後の違いに一番説得力がありました。実は知念キムはかなり無理して追加したので、行った甲斐があってよかったです。

 ソニンキム。…えーと、あまりにも他の3キムと違うので(ここでこう来るか!ってのが多すぎ)、1,2回しか観ない予定の人にはお薦めできない(爆)そんなキム。芝居の技術とか、役者同士の呼吸とか、舞台全体のバランスとか、そんなことを考えると手放しで絶賛はできないわけなんだけど、それでも一番泣かされました。
 ソニンキムから強く感じられるのは狂気。愛も恋も知らない少女の運命を狂わせ、まっ白な心を壊していく、綺麗ごとじゃない戦争と時代の残酷さを感じました。ちなみにカテコで「戻ってこれてない」度も一番。

 

 クリスの4人。

 井上クリスは前回よりGIっぽくなってました。エレンにサイゴンの真実を話すときの苦悩っぷりが記憶に残ってます。

 原田クリス。彼の演じたエドワードくん@タイタニックが好きでした。アンジョルラスは観られなかったんだよね。早い時期に観たせいもあるけど、可もなく不可もなくって感じであんまり記憶に残ってない…うーん。

 日本人的なまじめさが感じられる照井クリス。歌も芝居もうまいのでこの大役をきっかけに一皮剥けることを期待。「蜘蛛女のキス」でモリーナと牢獄仲間だったりゲイ友だったんだよねー。

 藤岡クリスは、観ててちょっと仕事スイッチが入ったような(笑)。なんだかひねた中高生みたいで(^_^;

 …ってクリスはこれだけか(笑)。あー私クリスに辛いなやっぱ(^o^; 私をミューオタの道に引きずり込んだクリスが私にとって永遠のクリスなので、お許しください(^_^; いつかまたどっぷり感情移入させてくれるクリスに出会えますように。

 

 ジョンの3人。

 まずは岡ジョン。岡ジョンはヒゲ面にしてもどうしたって没落貴族の血筋なGIなので(爆)、ちょーっと違うとは思うんだけどさ。特に2幕以降のスーツ姿は上品過ぎてどーみてもベトナム帰還兵に見えないんだけどさ(爆)。でもいーやって思わせちゃうところが岡幸二郎さんの魅力なんでしょうね。

 岸ジョン。体格がGIっぽいし、ちょっと不器用そうで朴訥とした感じがクリスにとっていい上司であり親友という感じ。キムにやさしいジョンだよね。

 今回もやっぱりGIというよりジャパニーズ自衛隊な坂健ジョン(笑)。でも、サカケンの演じた役の中ではやっぱり合ってる方だと思う。でもできればクリスとキムにもう少し愛情注いであげて欲しいな。

 

 エレン4人のうち、浅野エレンだけ残念ながら未見。

 初期に観たRiRiKAエレン。可愛くて、あたたかくて、帰国してズタボロになったクリスが彼女の愛にすがった気持ちが理解できました。つか、他のエレンがかなりアダルトなので、そんな女性にすがるクリスがマザコン男みたいに見えてしまう危険があるというか(笑)。
 キムと対峙した後の「今、彼女にあった」では、今までで一番エレンに同情しちゃいました。キムに会った時に差し出す手、ラストでタムを迎える手がやさしかったです。来年のレミゼでファンティーヌやってもらえませんか…今からでも(切実)。

 シルビアエレン。シルビアは好きな女優さんなんだけど、キムに対峙したとき「うわ怖っ」と思ったのは私自身がレベッカのダンヴァース夫人を引きずってたせいなのか(笑)。

 10月になってから駆け込み追加で観たほのかエレン。歌も芝居も文句なく、年齢のハンディも感じませんでしたが、いわれてるほどの包容力は感じなかったかなぁ。

  

 トゥイ3人のうち、石井トゥイだけ未見。

 私にとってエレンとトゥイはかなり重要キャラなんですね。もしかするとエンジニアよりも(笑)。なぜなら私の泣き所は、トゥイの死とラストの幕が下りる直前のエレンの行動だから。

 で、泉見トゥイ。前回再演の後ベトナム戦争関連の文献を読み漁る羽目になったのは多分に彼のトゥイのせいもある(笑)。
 幼馴染のキムを想いながら命がけで祖国のためにと戦って、大出世して迎えに行ったらよりによって宿敵のヤンキー男とらぶらぶしてたなんて、トゥイかわいそうじゃん! 死んだ後もキムの罪の意識から怨霊扱いされちゃうし! …と、今回はだいぶトゥイ支持派になりました(笑)。

 神田トゥイは、泉見くんよりは全体的に薄いんだけど、私は好きでした。人民委員長かっこいいっす。亡霊こわいっす。

 

 えー、もっともっと書きたかったけど、2カ月経ってて忘れてることも多いのでこの辺で。
 博多は行けないので、いつか帝劇で4演目があることを祈って…もちろんホーチミンとヘリとキャディラック付きの演出でお願い!(笑)

 でもまだ当分の間ベトナムモードが続きそうです。まだ読んでないベトナム本もたくさんあるし、前回同様ベトナム行きたい病も再燃中(笑)。

|

« ミス・サイゴンその1 | トップページ | デトロイト・メタル・シティ/20世紀少年 »

演劇・ミュージカル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60376/42773682

この記事へのトラックバック一覧です: ミス・サイゴンその2:

« ミス・サイゴンその1 | トップページ | デトロイト・メタル・シティ/20世紀少年 »