« 任期満了 | トップページ | Duet 〜They're Playing Our Song〜 »

2008.07.04

所詮そんなもの

 そんなワケで怒涛の1週間でした。初日の前って必ず毎回試練があるなぁwobbly 出演者だけでなく観客にも乗り越えなければならないハードルが。「これを乗り越えないと初日は迎えさせてあげません」とオタクの神様に言われてるような気がします。

 

 先ほど、来週水曜に授業に行く小学校から派遣申請書が届きました。なぜか年度初めに依頼された「おやつ」から「朝食」へと内容がまったく変わっていて、さらに体育館で2クラス合同、ついでに授業参観って設定になってる…って、初聞きなんですけどcoldsweats02 

 何度か組んでいてよく知っている先生だったりすると、直接打ち合わせに行かなくても電話だけで打ち合わせしてしまうことは正直あるのですが、今回は全くお初の先生…しかも授業参観まであるなら直接顔を合わせての打ち合わせは絶対に必要なのに、土壇場の急な路線変更にかなり戸惑っております。
 月曜日も1日出張で不在だけど、どこかで打ち合わせの時間とれるかなぁ。つか、先方も私と相談なしで保護者に授業参観の案内なんて出しちゃって不安じゃなかったのかなぁdespair

 適当にお願いしておけば適当に話してくれるからいいや程度にしか思われてないのかな。ビックリして電話したら最後まで「授業」じゃなくて「親子対象の講話」っていってたし。
 小学校の方にもできる限りのことはしているつもりだけど、所詮その程度ってことかなぁ。こちらの思いはなかなか伝わらないね。

 

 実は、今回のような行き違いは現場関係も含めて非常によくあることで、おそらくはその学校に専門の職員がいないことにも起因しています。
 未配置校では栄養士の仕事を(…とはいってもごく一部ではありますが)教員や事務職員や調理員が分業で当たっています。手分けしているだけで全体を見通している人がいないので、さまざまな行き違い、食い違いが生じやすいのです。

 自分は所詮、「来てください」とお声がかかって初めて出向ける立場。依頼さえしていただければ授業だって現場指導だって喜んでお伺いしますが、その学校の職員じゃないから、学校の内情まで口出しすることはできません。
 今回のことに限らず、栄養士が配置されていない学校で、給食運営やら指導がうまく回っていないのを見るととても歯がゆいというか、辛い気持ちになります。

 栄養士が配置されればもっとうまく回るんだろうな…いろいろなことが。やはり全校配置への思いが強くなるのでした。

 

 へこまずによかった事探しをしてみる。

 本当は今晩は泊まり飲み会の予定でしたが、なんやかやで参加しないことになったんです。もし、この飲み会に出ていたら当然今夜は残業できなかったので、授業内容が全く変わっちゃってるなんて重大情報を知らないまま、この週末は「やる予定のない授業」のために資料一式かかえて遠征先で教材研究してる予定でした。よかったね、私coldsweats01
 朝食なら手持ちネタで授業参観仕様の授業はできるから、それほどの準備は必要ないし。もちろんその内容でイヤと言われなければですが。

 

 …あ、水曜日は午後中学校の授業も入ってて、そもそもがWヘッダーだったんでしたshock

|

« 任期満了 | トップページ | Duet 〜They're Playing Our Song〜 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様です
私も経験あります
授業のことを結構簡単に考えられていることありますよね
兼務の学校でも何回か組んだことがある先生だときちんと指導案が用意してあり この部分でこういうやりとりでしましょうという相談が事前にあったり反対にどんな内容にしようか悩んでいると連絡があってこちらから提案することも(^^;)
しかし慣れてらっしゃらないと どうでもいい
時間が過ぎれば関係ないという扱いを受けることもあります
色んな意味でまだまだだなぁと感じることがたくさんあります

投稿: 香代 | 2008.07.05 04:02

 早起き香代さんこんにちは。

 とにかく、お互いに話し合い、理解しあう時間が圧倒的に足りないんですよね。「お客さん」として行くだけじゃ。やっぱりそこに配置されていないと限界があります。そこがツライ。そこの子どもたちは数年後うちの中学に上がってくるワケだから他人事だと割り切るワケにもいかないし。

 ところで、向こうから指導案を出してくださる先生もいるんですね。それってすごく意識高いというかやる気ある感じですごいことじゃないですかー。

 うちの方では、年度始めにこちらから学年と単元一覧(10~15くらいだったかな)を提示して、その中から希望を出してもらうというシステムなので、基本的に指導案から教材教具一式こちらで用意します。

 で、授業日が近づくと、担任と連絡をとって「野菜が苦手な子が多い」だの「少食傾向」だの実態に合わせて指導案を修正していくという感じです。(学級活動だけは実態に合わせてまるっきり違うことをやることもありますが)

 やはり担任の方から「こんなことやりたいんですけど」といってもらえるくらいにならないといけないのかなぁと思いました(^_^;)

投稿: くむ | 2008.07.05 11:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60376/41735674

この記事へのトラックバック一覧です: 所詮そんなもの:

« 任期満了 | トップページ | Duet 〜They're Playing Our Song〜 »