« 仕事バッグ | トップページ | スポーツ栄養研究会 »

2008.04.20

魔法にかけられて

 今年はすっかり映画鑑賞づいてる私、タイトルだけで「見たいリスト」から除外してましたが、観劇仲間がミュージカル映画だと教えてくれ、しかもディズニーのミュージカルアニメをディズニー自身がパロディにした、自虐ネタ満載の映画と聞き(笑)、すべり込みセーフで観てきました。
 クローズ直前のレイトショーでしたが、90席のシアターの7割くらい埋まっててびっくり。普通、このパターンだと10人といなかったりするのにー。

 

 魔法にかけられて

 おとぎ話の国アンダレーシアで、王子様と結ばれるはずのジゼルは悪い魔女に世にも恐ろしい世界へ飛ばされる。ファンタジーとは正反対の国。現代のNYへ…

 

 魔法にかけられて現代に飛ばされたプリンセスが、現代人にかけた幸せの魔法。 

 前半はアニメーションでコッテコテのディズニープリンセスアニメを表現、現代に来てからは実写に切り替わります。
 プリンセス・ジゼルのエイミー・アダムスは、姫キャラには少々お年を召している感はありますが(雨でずぶ濡れのシーンとかどうしようかと思った…笑)、現代社会で浮きまくるプリンセスを熱演。
 エドワード王子のジェームズ・マーズデンも、現代社会に現れると超迷惑キャラと化す純粋な馬鹿王子(笑)がピッタリとはまってます。
 シッカリ者に見えて意外と乙女攻撃に弱かった恋敵ナンシーのイディナ・メンゼルは、Wickedで緑の魔女エルファバのオリジナルキャスト、そしてナレーションはいわずとしれたジュリー・アンドリュースです。

 路頭に迷うジゼルを助ける子持ち中年オヤジのロバートは、弁護士という現実の象徴のような仕事をしているにも関わらず実は誠実ないい人で、現代ではどう見ても変人のジゼルを何度も見捨てようとしつつ結局助けてしまう。ラスト近く、歌わないといっていた彼がそっと愛の歌を歌うシーンが印象的。
 そして、悪い女王は容赦なく悪役で…と、やっぱりこれはディズニーなんだよね。小動物も大活躍するし(笑)、ラストはしっかりロマンティックなハッピーエンド。

 ジゼルが公園で歌いだそうとすると「歌はいいから」と止められ、王子が愛の歌を歌おうとすると背後から自転車が団体で突っ込んでくるという(笑)、ミュージカルのお約束をこれでもかとおちょくるシーンもポイントです。
 あと、心やさしいプリンセスは森の動物たちがお友達、というディズニー的なお約束も、現代NYでやるとどうなるか…(笑)。

 耳に残る曲も多く、他にも有名ミュージカル映画のパロディシーンかなと思われるシーンもあり、プロデューサーズ的な楽しみも。日本語吹替版の方も観てみたくなりました。つかこれはDVD買ってお茶の間でみんなでツッコミ入れながら観たい。そんなノリの作品。
 舞台化なんても期待していいのかなぁ。でもディズニーとはいえ絶対に四季向きの演目ではないと思われるので四季は取らないでほしいな(笑)。

|

« 仕事バッグ | トップページ | スポーツ栄養研究会 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ!ジョブ板営業担当の葵です。

今日は、ブログパーツを貼り付けるだけでおこずかいが貰えちゃう私たちのサービスを紹介に参りました(`・ω・´)
他のサービスと違って表示される度に収入Get出来るので、どんどん数字が上がっていきますYO!

しかもなんと、今だったら2000円無料贈呈です!登録するだけで2000円Getですよ!!
ぜひ1回来て見てね!

ジョブ板http://jobbang.com

投稿: ジョブ板事務局 | 2008.04.25 18:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60376/40935507

この記事へのトラックバック一覧です: 魔法にかけられて:

« 仕事バッグ | トップページ | スポーツ栄養研究会 »