« 新年度が始まってます&バンテージ・ポイント | トップページ | Broadway Gala Concert 2008 »

2008.04.14

祝祭音楽劇トゥーランドット

  1. その頃ちょうど手元にチケットがなくて心に隙間があった
  2. 「トゥーランドット」って名前にビミョーに古傷が疼いた(フィギュアスケートに非ず…笑)
  3. しばらくご縁がなかった豪華絢爛大作系ミュージカルが観たかった
  4. とりあえず新劇場・赤坂ACTシアターに行ってみたかった

 主要キャスト3名のファンというわけでもないのに、どうしてトゥーランドットのチケットを取ってあったのかと観劇仲間に聞かれたので理由を挙げるとこんな感じ。あと強いていえば振付に岡千絵さんが入ってるとか。
 当然、チケット取った日がガラコンにぶつかるとか、同じ4月に石井さんのライブが入るなんてことも知りませんでしたし(^o^;

 

 前置はさておき(^_^;
 予習皆無であらすじもざっくりとしか知らず、もちろんオペラ版も観ていないんですが、これはプッチーニのオペラの設定だけ借りたオリジナルということでいいんですよね。例の「誰も寝てはならぬ」なんてのは出てきませんし。

 まず、トゥーランドット役のアーメイさん、途中まで台詞がないんですが、しゃべった瞬間、台詞の中国語訛りがかなり…ツラく感じました。他国に人質に出されていた姫という設定なので、そのせい…そのせい…と自分を納得させようとしたけど、やはりどうも物語に没入するのを阻むなぁ…。キャスティングに話題性を狙ってるんでしょうけど、この役別に日本人でよかったと思うんだけどなぁ。

 そのせいもあるのかも知れないし、ひょっとすると演出上敢えてそうしてるのかも知れないけど、カラフ役の岸谷五朗さんとトゥーランドットの2人に、神が導いた運命的な出会い(あれ、表現違うかも)というドラマチックなものをあまり感じないのです。2人、要所要所で見つめあったりしてるんだけど、こういうところはもう少しベタにやっちゃってもいいような。
 そうするとカラフとの別離、そして再会の場面にもう少し感情移入できて、この舞台もっと面白くなる気がするなぁ。さらに言えば、流浪の異国の王子はもう少し若いイケメン設定(笑)であってほしかった。それには岸谷さんはちょっと貫禄でちゃってるかなぁ。

 そしてこの2人に絡むワン将軍の中村獅童さん、無骨な武将である彼が長い間守護し続けてきたトゥーランドットを愛するあまりに非道を…という結構おいしい役どころなのですが、なんだか単なる悪役で終了っぽかったのがもったいない。
 あと歌は…無理に入れない方がよかったかと存じます(^_^; 私、役者さんの歌は音をよほどハズしてなくて感情が乗っていれば大抵OKな人なのですが、今回はさすがにうーんと思いました(^_^;)
 そして、かなり期待していた殺陣も、なんだかイマイチ決まってない気がしたのですが…あれっ?私アンチみたい。あっあっデスノのリュークは好きでしたよーヽ(^o^;丿

 いつになく辛口ですが、3.の大作感は十分楽しませていただきました。ワダエミさんの衣装は豪華だし(劇場係員も同系衣装を纏って雰囲気出してます)、アンサンブルがこんなに多い舞台は私、初めてかも知れないというくらい出演者が多く、客席通路4本いっぱいに使った演出には迫力がありました。ダンスシーンもよかったしね。

 早乙女太一くん、アニメ声っぽい感じもしましたが、宦官としての中性的な魅力はさすが。
 あと意外といったら失礼なんですが(^_^;)阿倍なっちががんばってました。リューの最期はもう少し丁寧に描いてほしかったな。

 

 最後に4.赤坂ACTシアターのこと。
 客席の傾斜がかなりついてるので、前の人の頭が視界を遮ることが全くないのはありがたいです。今回のようにセット自体にに高さがあると、かえって前方席の方が上方を見上げる形になって首が痛そうですが(^o^;
 千代田線・赤坂駅を降りてすぐ目の前の好立地ではありますが、それでも時間には余裕を持って行ったほうが無難です。ギリギリですと地下鉄を出て座席に着くまでに相当数の階段を駆け上がる羽目になります(苦笑)。迂回すればバリアフリーなルートもあるのかなーという感じもしましたけど、急いでるときは探してる余裕無さそう。
 ちょうど暑い日だったので汗をかきかき席についたら、舞台セットもまた急階段で苦笑いでした。このセット、階段を上から転げ落ちたり高いところから大ジャンプする場面が多いので、楽まで事故がないといいなと思いました。

 パンフは2500円…ごめんなさい高過ぎて買えませんでした(^_^;)

|

« 新年度が始まってます&バンテージ・ポイント | トップページ | Broadway Gala Concert 2008 »

演劇・ミュージカル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60376/40868761

この記事へのトラックバック一覧です: 祝祭音楽劇トゥーランドット:

« 新年度が始まってます&バンテージ・ポイント | トップページ | Broadway Gala Concert 2008 »