« お気に入りのホテル | トップページ | プロデューサーズ再演 »

2008.02.12

恋はコメディー

Koikome

 「恋はコメディー」絶賛週末遠征中です。前回記事はギョームさん萌え情報だけだったので(笑)そろそろネタばれしちゃいますが、これから観劇予定の方は読まないでね(^_^;

 

注意:以降の記述で物語に関する核心部分が明かされています(←笑)

 

 えーと…石井ギョーム、登場からどうも大物感みたいなものがただよってるので「最後にお姉さんたちを騙くらかしてお宝をすべてかっさらっていく」というラストは実は早い段階で読めちゃいました。
 へっぴり腰のようでけっこう腰が座っているというか、立っているときとかサッと走り出す時の身のこなしが「元・王子系俳優」の面目躍如ってるというか(笑)。
 それがいいか悪いかはともかくとして、とにかく最初からただのリストラ会社員には見えないの。人は良さそうなんだけど、会議で一言も発言したことないタイプにも到底見えないのは、
役の中に素の石井さんを見ちゃっているのかもだけど(笑)←そうかも(^_^;

 つい最近、似たようなドンデン返し展開の「ペテン師と詐欺師」を観たばかりってのもあるしなー
 「存在感あり過ぎ」と思えるのは単なるファンの欲目?(笑)かもしれないので、そこらへん花うさぎさんの感想をお待ちしてまーす(^_^;

 ただしこの話実は「裏で何も知らないギョームを操っていたのはアンナだった」ともう一つオチがつく「二段オチ方式」なので、なーんだやっぱりギョームは単なるボケキャラだったのかということになるわけですが。
 そう考えると、変貌したギョームの「群れを離れた狼」キャラ(笑)がものすごくしっくり感じるのは、オチの一段目としては成功なのかも知れません。結果的にそこに私も騙されちゃいましたから(笑)。

 この舞台、初演では一段目のオチ…つまりギョームがお宝を総取りして立ち去り、睡眠薬で眠らされてたお姉さん方が騙されたことに気付くところでエンディングだったんだそうなんですよ。
 いや、その方が石井ファンとしては「アデュー、素敵なお姉さん方」とキザ~にきめておいしいトコ持ってく感じでいいのかも知れないけどさ(笑)、純粋に舞台としてみれば、ラストにもう1シーン付け加えることで、セリーヌとアンナの過去の伏線とかアンナが長年抱えていた感情とか厚みを増した分おもしろくなってると思うのです。
 そもそも、テンポで見せる会話劇で、ストーリーで見せる部分はほとんどないので、そのくらいあってもいいのかなーと。

 そんなワケで、2回目に見ると、セリーヌとピエールが父親の話をしている時、庭に出ていたアンナがそれを真剣な顔で聴いている…とか、ギョームがボケキャラのくせに、実は最初に偶然鋭い発言(金魚の名前はピエールの本当の父親の名前だった)をしていたことなどが分かりますよー。

 

 役者陣ですごいのは、やはり渡辺えりさん。この舞台の大黒柱は間違いなくこの方です。台詞の間とか相手に合わせるのもうまいし、笑いを生み出すちょっとした呼吸もうまい。体張ったネタもこの方にしかできないなーという感じ。
 えりさんの舞台は最近では「ミザリー」も観ましたが、コメディ系の方が本領発揮という感じなのかな。

 もう一人の主役、浅丘ルリ子さんは「そこにいるだけで十分」ってタイプの女優さんで、よく台詞飛ばすのでプロンプターさんが大活躍なのですが(^_^;ルリ子さんへのフォローの入れ方もさすがのえりさんという感じ。そういえば一度風間くんも突発事態にフォロー入れてたな。

 その風間くんですが、予想以上にお芝居の上手な方で驚きました。私、テレビほとんど観ないんで知らなかったんですが、年齢の割に芸歴が長くて、金八先生とかでも有名だったそうで。
 最近のジャニーズさんはホントに芝居上手だわー。体もかなり利きそうな感じしたし…でも彼だけダンスシーンないんだけど(笑)。

 

 会話劇は馴染んでからがまた面白くなりそう。公演後半が楽しみになってきました。 

|

« お気に入りのホテル | トップページ | プロデューサーズ再演 »

演劇・ミュージカル」カテゴリの記事

石井一孝さん関連」カテゴリの記事

コメント

はいはい、出てきました。sun
昨日の読売の公演評みましたが、悪くないですね。
楽しみだナー♪
歌わない石井さんでも全然オッケーです♪

去年えり&ルリコンビを見て「いいなー、こういうの」という感想をもって帰りました。今回も期待してます。テアトル銀座って、劇場自体がこじんまりしていて好きです。

今回はOMCの貸し切り公演か何かで、席うめ(?)のために、安売りで出ている席を買いました(チケット&お菓子付き。8000円)

まだ売っているところをみると、うーむ・・・。

投稿: 花うさぎ | 2008.02.14 19:46

>花うさぎさん

情報ありがとうございます。おかげさまで拾い物もできましたヽ(^o^;)

ルリえり前回はニール・サイモンだったんですよね。
石井さんの次回作もニール・サイモンですので、もしよろしかったら歌う石井さんの方もどうぞー♪(と宣伝…笑)

はーいはーい、私もルテ銀は好き劇場ベスト3に入れたい劇場でーす。大きさも音響も、ずり落ちにくい椅子も好き。傾斜もほどよくついてるし、ミュージカルでは後方席でもストレスなく観られます(ストプレは…どうだろ)
前方3列(オケピ部分)だけは傾斜が全くないんで、前に大柄な方が来ると辛いんですけどね。
あ、ここは近場に「遠征に好条件なホテル」がなくていつも困る…(ToT)

逆にここではやってくれるな劇場のぶっちぎり1位は、今プロデューサーズ演ってる国際フォーラムCホールです。音響が最悪(音が頭のはるか上を滑っていくような感じ)見切れ席がすごく多い(サイドや上方階は危険)、およそミュージカルには向かないホールだと思う…。ロッカーもクロークもないってどーいうこと?(泣)。
いいのは有楽町駅からのアクセスだけ。最近良くなってきたような気がするけど、素人同然で客捌きできないスタッフも…(ToT)

さすがヅカファンな花うさぎさんはOMC持ってますね(笑)。私も蜘蛛女のチケ争奪戦の時についに入りました(^_^;

今回、客層が客層なので、チケの売れ行きはマチネよりソワレが苦戦してる感じです(^_^;

投稿: くむ | 2008.02.14 22:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60376/40099690

この記事へのトラックバック一覧です: 恋はコメディー:

« お気に入りのホテル | トップページ | プロデューサーズ再演 »