« 研修会をやったり行ったり | トップページ | 単位認定試験 »

2007.07.28

アツい水戸の夏

 全国栄養教諭・学校栄養職員研究大会が茨城県水戸市で開催されました。5時起きで参加しましたが、寝不足でも居眠りひとつでる間もないほどアツい2日間でございました。

 分科会は「食に関する指導」に出たいところですが、ここ数年自分でも取り組み始めた課題ということで興味があった「学校と家庭・地域の連携推進」の分科会に参加。
 実践発表のお二方、学校規模も視点も違いますが、ともにさすが全国というレベルの研究発表で、非常に参考にそして刺激になりました。
 分科会指導助言者の延子さま(文科省田中延子調査官のこと。田中信全学栄名誉会長の信サマと呼び分けるために私の周囲ではこういってます)もこれは学校栄養職員のレベルではなく間違いなく栄養教諭の、それも高度な発表であるという講評でした。でも、ただ褒めるだけではなくその後手厳しい指摘も入るのが延子さまのすごいところですが(^_^;

 上層部の話を直で聞ける機会にもなり、今抱えている問題やこれから取り組んでいく方向が明確になった気がします。頭の中でもにゃもにゃしていたものが少し形になってきたかな。

 

 画像は、2日分のお弁当。事前に参加費と別に1200円/回を振込で申し込んでおきます。全国大会のお弁当は土地のものを盛り込んだ凝ったものが用意されるので楽しみのひとつ。ちゃんと納豆も入ってました(笑)。

Ibaben1 Ibaben2

 地元で大会が開催された時、お弁当のことでえらい苦労したのを思い出しました…ブログ移行前のサイトに載せていたので前からお越しの方は覚えてらっしゃるかも知れませんが、メニュー紹介パンフの資料が平日夜中の2時にメールで送られてきて、印刷所入稿締め切りがその日の夕方だったという…。 今となっては笑い話ですけどね。

 

 今回、同行した人は全員別の分科会参加なので、帰りの道中で他分科会の情報交換もできました。信サマのところはやっぱりアツかったみたいですね(笑)。
 その信サマですけど、相変わらずお元気そうではありますが、見るたび一回りずつ小さくなってる気がします。もう相当にお年ではあるハズなのでしかたないのですが。

 発表者だった仕事仲間からもさっき電話があり、多少トラブルやイタいツッコミ質問はあったみたいですが(^_^;無事に終わったとのことです。よかったよかった。次は私がお世話になるのでよろしくね(笑)。

|

« 研修会をやったり行ったり | トップページ | 単位認定試験 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした。
会場でニアミスとは・・・。なにか目印ぶらさげておけばよかったですね。

今回、私自身も「家庭との連携をどうしたらいいかな」と思っていて、この分科会に参加しました。
家庭に向けて栄養士の執念をぶつける・・・という方法、やはりこれが最高なんだなと改めて感じました。
いろんなアクションを起こすと、保護者からの反応ってよくかえってくるようになるのですが、私が異動していなくなったあと、そのあとの栄養士さんが大変ということで、「やりすぎないでくれ」といまだに、一部の栄養士さんから言われてます。
じゃあ、誰がやってくれるんだい?と思うのですが、最近は校長先生や教頭先生も「子ども達のためにやるのが職員の仕事なんだから、そんなところでやりすぎ云々いっているのは無視してよろし」という感じです。
これもいいんだか、悪いんだか。ただ、今の学校に4年も居座ってくると、保護者の反応もだんだん大きくなってきて、「食って大事だと思います」と話してくれる保護者も増えてきました。こういう親はいいけれど、反応のない親をどうするか・・・。

またがむしゃらに走ってみるのもいいかな?と思った水戸の夏の日でした。しかし、暑かった・・・。

投稿: 花うさぎ | 2007.07.29 01:25

お久です。
私も水戸に行きました。飛行機に乗って特急で一時間ちょっと。家を出てから6時間以上経ってました。同じ県の人はみんな前泊してました。トホホ
ついたらすぐお弁当でした。
私は前にも書かせてもらいましたが,共同調理場になったので2分科会でしたが,発表は栄養教諭の方ばかり,おまけに文科省の指定を受けていたりで予算もあるし,協力体制も整っているなぁと思いました。一日目の教育長さんも理解あるいい方だなぁと思いました。PTAのおかあさんは話し上手で驚きました。
夜はひまだったので,一人で映画を見に行きました。水戸藩ラーメンも食べにいきました。偕楽園や弘道館も見に行きました。
信さんパワー健在でしたね。
自主研が続くときいて飛行機代から宿泊費から全額自己負担の身にとってつらすぎます。
来年は私の県で開催されますのでよろしくです。

投稿: みっちゃん | 2007.07.30 21:42

>花うさぎさん

 力作のレポートお疲れ様でした。既に記憶が飛んでた部分があったので(汗)記憶を補完させていただきました。せっかくいい話たくさん聴いてきたので、管理職への復命だけでなく周囲にも伝達しなくちゃー。

 私は最近、子どもだけじゃなく保護者に対しても集団に対する一定の働きかけじゃ不十分なのかなあなんて考えることがあります。
 自分のお子さんの食に関して意識が低い親もいれば、わかっていても母子家庭で必死で働いてお子さんを育てていて、できることの限界があるようなうちもある。
 分科会で山本先生の話がちらっと出てましたけど、もちろん正論なんだけどそれは男性の発想だなぁとちょっと思ってしまいました。(どのようなニュアンスでの発言か又聞きだからわからないですけどね)

 栄養士の執念による(笑)、たたみ掛けるような波状攻撃が有効な親ももちろん多くいるはずですが、中にはいろんな意味で精神的にいっぱいいっぱいな人もいて、それこそ「食育」と聞いただけで、自分が責められている気持ちになるお母さんもいるということは常に心に留めておこうかなと思ったりします。


>みっちゃんさん

 前列センターブロックで風呂敷肩にかけていらしたのですね(*^_^*) 遠くからはるばる本当にお疲れ様でした。

 教育長さんの「マスコミ集めて緊急アピール」ってのはすごかったですよねー。市を挙げての取り組みだということがよく分かる事例でした。

 そうそう、遠方の方は自主研に参加するのが大変なんだから、福岡くらい自費参加したっていいんですよね。
来年は、博多座に行くのと久留米に行くのとどちらが実現するかな(笑)。

投稿: くむ | 2007.07.30 23:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60376/15930122

この記事へのトラックバック一覧です: アツい水戸の夏:

« 研修会をやったり行ったり | トップページ | 単位認定試験 »