« ブルックリン~新しい表現の形 | トップページ | 名古屋の夜 »

2007.03.18

Do you believe in happy endings ?

 ブルックリンもとっくに終わり、年度末モードなわけですが。

 パソコントラブル(またネットワークがこけてた…何故だ)やら、体調不良気味やらで放置が続いてしまいすみません。

 

 やばいか?と思っていた放送大学の単位は無事取れてました。これでようやく「ペーパー栄養教諭」の仲間入りです(^_^; ただ今申請に必要な書類集めに奔走中。
 やむを得ない事情はあったんですが、認定講習組に半年遅れでようやく追いつくことができました。来年度は特別非常勤講師の申請を出さなくても済むそうだし、これで一安心です。

3/21加筆

 栄養教諭免許取得者でも、また栄養教諭として採用されていても、特別非常勤講師の辞令は申請せよとのことです。うちの自治体だけというわけではなく、文科省の方針のようですので、必要に応じて然るべきところにお問い合わせください。この件、周知徹底されてないのはうちの方だけなのかしら。つい最近も町の指導主事から「来年度は非常勤講師辞令いらないよ」っていわれたので(^_^;)

 

 あ、採用試験の方は無事に不採用でした(笑)。負け惜しみでも何でもなくこちらはホッ…です。そして、実に順当な方が第一期採用に決まったと聞きますます安心です。来週は皆さんの壮行会(という名の飲み会)に出席してきます。

 

 先週、異動内々示がありました。今年も残留組でした。

 …実は今回本当に異動かと思ってかなり怯えてました(苦笑)。というのも私、今の社長と全く合わなかったんですねー。本気で出されると思ってました。
 実際、昨年たった一年で飛ばされた人が2人もいたもんですから。何だかうちの社長さんは普通よりそーゆー力があるらしいです(^_^; 地域性もありますが、うちの方は社長さんがワンマンで独裁政治可能なところなんですねー(東京や広島辺りの人は驚くだろう)

 ま、社長自身が異動という噂ですので、後のことはどーでもいいのかも知れませんけどね(^_^;

 行動規準関連(教員評価制度ね)の面接時も、社長にはただひたすらにひたすらに貶されて(方や副社長からはよくやっている成果も上げていると好評価だったんですが)、私は「こんなヤツに潰されてたまるもんかー」と逆に闘志が沸いたもんですが(笑)。

 何がそこまで嫌われたかとも思うんですけどね。就任当初から給食嫌いのスタンスだったことは間違いなく、最初の年に給食関連のトラブルがあったとき、管理職として明らかに対応を誤った事件があり、その辺の負い目もきっかけだったんでしょうか。
 ま、私がそこんところうまく取り入って可愛がられるように猫をかぶることができなかったのが、オトナとして我ながら世渡りが下手だなーと思うんですが(笑)。

 

 そんな社長に先日、栄養教諭免許申請に必要な書類(教育職員としての人物に関する証明)を書いてもらうお願いをしました。

 そしたら社長、「(本人の評価だから)こんなの本人に見せられるわけないじゃないか」といって、これはこちらで別に親展扱いで提出するから、と。

 …そんなに私に見せられないようなこと書く気か!(゜o゜)と思いましたが、何を言っても無駄なのでそのままお願いしました。

 後日、その用紙が副社長の机の上に乗っていたので(副社長はそういうトコ大雑把な人)、悪いとは思いつつちらっと盗み見してしまいました。評価の時にボロカスに貶されたのが頭に残ってたんで、何書かれてるか心配だったし。

 

 性格、指導力、探究心、社会性、長所短所等、社長の字でびっしりと書かれていました。
 「そういう風に見てくださってたんですか」と、驚くようなことも書いてありました。(申請書類のためのおべっかかもですが) 短所の方も「はい、その通りですへへー」と納得のいくものでした。

 正直言って、この書類、そこまで本気で書かなくても大丈夫みたいなんですが。他校の申請済みの方からそんなの「良好」とか「問題なし」程度だから本人に見せられないなんてことはなかったよ?だって。

 もしかして、私と社長、似たもの同士なのかもしれないな、と思いました。最後まで意地の張り合いで、お互い子どもとおんなじ(苦笑)。

 

 ミュージカル・ブルックリンの中で繰り返し使われていたフレーズ。

  Do you believe in happy endings ?

 長年生きてきて、今年度が一番ハプニングとトラブル続きで、結構心身ともにまいってました。実はブログで愚痴れたのはその10分の1くらいで、他にも2回ほど悔し涙を流し、1回ほど悲しみとショックで泣き…でも性格的に人前じゃ泣けないんで、気がついたら白髪がむちゃくちゃ増えてたりした1年でした。

 苦難と試練の年のエンディングは、ハッピーエンド…なのかなぁ?

|

« ブルックリン~新しい表現の形 | トップページ | 名古屋の夜 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

今回も「へ~」って感心しながら読ませていただきました。 私はあと10日くらいで5年勤めた職場(老健)をやめます。これでようやく栄養教諭への夢に向かって走りだせます。私もトップと全く気が合わず、辞表出したときなんて「はいはい、事務長から話は聞いていますが他になにか?」って。両手を挙げて追い出してくれました(笑)

 のこり数日ですがキレイさっぱり辞めれるよう頑張っていきたいと思っています。

次回の更新楽しみに待ってます。

投稿: まー | 2007.03.21 16:32

 まーさん、こんばんは。
 めったに更新しない(しかもしたと思えばミュー話)ブログにまたお越しいただき恐縮です(^_^; お互いがんばりましょう。

 私も、今まで勤めてきて「上司として頼りにならない」方はいましたが、こんなに「合わない上司」は初めてでしたよ~(^_^;)
 一番やりにくかったのは、興味関心のない話や報告(給食,食育も)になかなか耳を傾けてくれないこと。特に、給食関係の細かい報告は「聞きたくない」という感じで、話をさえぎられたりするので、常に両耳をふさがれてるような感じでした。
 その辺が私のほうもストレスで、途中からある意味諦めちゃったのがまたいけなかったのかもしれません。町の食育推進なんて、社長すっとばして、町教委といろいろ話が進んでたりしてさぞや面白くなかっただろうなーと(^_^;
 次の上司のときは、オトナとしてもう少し利口に振舞おうと思ってます(^_^;

投稿: くむ | 2007.03.21 21:22

実は私異動内示を受けまして・・・私の場合、会長の週5日米飯給食実施について反対の姿勢をとっており(子どもや保護者に意見を聞かないで進めるのは、いかがなものかと思いまして・・・)「会長にとばされっぞー」というのが口癖になりそうだったくらいなので大当たりーってとこです。人事権を握っている人間が「問答無用」ってなんだかいつの時代のことなんでしょうかね。やっぱ田舎だわ。まあみんなが同じ方向向いてどんどん進むのにはついてけない自分ですから
新しいとこでがんばるしかないっしょ。

投稿: がくぼー | 2007.03.25 02:20

こんにちは。私は異動せずに今の学校に残留します。これで食育推進計画(市のプラン)を出しながら学校で食育すすめられるかな?と思ってます。
校長が定年退職でかわり、次の校長が市教委からなので、市の食育推進行動計画については知っているはずだし、栄養士会から提案していた食農教育のプランも聞いたことはあると思うので、進めていくにはやりやすくなると思います。
手始めに、年間計画を作成・・・かな?

投稿: 花うさぎ | 2007.03.25 10:54

こんにちわ、メールを送りたかったのですが、どちらに送ったらいいか判らなかったのでこちらにカキこみました。4/9から短大(科目履修なので1年間ですが)での授業が始まりました。夢の栄養教諭へ向かってようやく第一歩です。
どの授業も面白いです、特に教育原理の先生がめちゃくちゃ面白いです(><)
でも、どの先生も「なんで採用もない栄養教諭になりたいの?」って・・・。そんなこと言われても、とっさに「夢だったので」としか答えられない自分が悔しくて(泣)もうちょっと返答のボキャブラリーが欲しいところでした(苦笑)

 5月からの教員採用試験情報がきになる まー より。

投稿: まー | 2007.04.16 14:09

私も残留組でした
うちも社長が定年退職でした
次の社長は兼務校から転任してきました

2年目はやっと学校の流れや状況が
つかめてきて少し燃えてます

むにさんのところのエクセルの動線図を
ダウンロードさせていただき、自分の施設用に
作成しましたb^-^

ペーパー栄養教諭の仲間にもなんとか
入ることもでき、意気揚々と2年目のスタートを
切りました^-^

投稿: 香代 | 2007.04.25 14:07

>がくぼーさん

 二ヶ月近く前のコメントにレス(^_^;すみません。異動だったんですね。新しい職場には慣れましたか?
 
 「みんなが同じ方向に向いて進む」…いい場合もありそうでないこともあり、というところでしょうか。


>花うさぎさん

 同じく残留組ですね。早速今年も新しいことに取り組んでいらっしゃる様子、花うさぎさんの熱意に負けずに私もがんばらなくてはです。
 そうそう私、花うさぎさんにお礼を申し上げなくてはならないことがありますのー。詳しいことは後ほど。


>まーさん

 メールアドレスはプロフィールページにあるのですが、今のところ一日100通くらい来るスパムに埋もれてしまう恐れありです(駄目じゃん(^_^;)
 トップページにメルアドへの直リンクを貼ったままになっているせいなので、近日中に何とかいたします(^_^;

 「勉強が楽しい」という気持ち、最近になってようやく分かるようになりました。栄養教諭の単位取得のための勉強も、今すぐに必要な知識が多かったので結構楽しめましたし、シュミ関係でも、独学ではありますが自分の興味のあることを学ぶのは楽しいです。
 …なぜに学生時代に開眼しなかったのだ自分~(^_^;

 まーさんが資格を取得するまでに新規採用の門戸がぐーんと広がっているように、現職栄養職員もがんばりますよー。いつまでも新採枠がない状況は制度にとっても良くないと思っているので。


>香代さん

 作業動線図使っていただけで嬉しいですー。あれ軽くてよいでしょー。町内全校のをシートごとにひとつのブックにまとめても軽くメールで送れるサイズで、調理員研修とかにも活用しています。
 なんかパーツのリクとかあったらいってくださいねー(←いつになるやら)
 栄養教諭免許、私もようやくいただきました。苦労したけど、もらってみればただの紙…なのよねー(^_^;
 

投稿: くむ | 2007.05.14 22:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60376/14308555

この記事へのトラックバック一覧です: Do you believe in happy endings ?:

» 劇団 四季 ライオンキング [To]
劇団四季といえば、誰もが知ってる日本の代表的なミュージカル集団ですよね。 1953年7月14日、浅利慶太さんら10人の若者により創設されたんですって。けっこう歴史長くてびっくりです。 年間のステージ数は3,000を超し、俳優・スタッフは700名以上。 [続きを読む]

受信: 2007.03.19 10:12

« ブルックリン~新しい表現の形 | トップページ | 名古屋の夜 »