« おしるこ。 | トップページ | 今年最初の試練 »

2007.01.04

2006年版ア・ラ・カルト総括(二幕)

Alacarte

●Wine マダムとクリスマス(大阪:マダムの予約席)

 二部は、高泉さん演じるマダム・ジュジュとゲストによるトークで始まります。この中で毎回1名がもらえるポラ。ある日、偶然にも客イジりしてもらって私がいただいてしまいましたー。全く狙ってなかったので無欲の賜物か。んでもいい記念になりました。嬉しい~。
 一年前のバル花getといい、なんだかんだいって石井さん絡みは運のいい私(^_^;

 いつも、ご自分で「顔の大きさと濃さを計算」して少し引いた位置で写ってる石井さん…ってホントにちゃんと薄めに写ってますよー!(゜o゜) 役者さんってスゴい…。
 マダム、その折は思いがけないものを本当にありがとうございました。ご指示通りちゃんと毎日拝んでますよぅ(笑)。

●Dessert タイム・アフター・タイム

 結婚20年くらいの夫婦と陰山ギャルソンによるストーリーに込められたもうひとつのテーマは「若気の至り」(笑)。いやっ、誰でも若い頃はこういう恥ずかしくイタい過去のひとつふたつあるでしょー(爆)。

Chetbakersings  

 画像は、ストーリーに出てくるチェット・ベイカーのCD。舞台で使われているのとおんなじ再発バージョンのを見つけました。実際には訳詩は入ってなかったのでハートマークは書けないけど(笑)。Time After Timeはいい曲だよね。浸ろう…(*^_^*)

●Coffee ラストダンス

 高泉さん演じるおばあちゃんと白井さん演じる老紳士の風景。台詞はほとんどないけど、笑いと感動がある、ラストにふさわしいステキなお芝居でした。こういう年になってもお互いを慈しみ合えるのってステキ。

●Digestif 閉店~マンハッタンで乾杯!~

 Apritifで登場したアンゴスチュラビターズな女性が、コース料理を堪能し終え、最後にオーナー、ギャルソン、正装のvisitor石井さんが揃って、シャンパンで幸せいっぱいの乾杯シーン。そして暗転。ア・ラ・カルトのテーマソングで幕。

 カーテンコールは、オケメンバーも全員加わってのハンドベルの演奏「星に願いを」でした。石井さん、ノーミスで演奏終えた時だけゴルゴ13(…だよね?)の煙草を燻らす真似して得意気な表情してくれるのが笑えます。

 

 とにかく、3時間は長いけど飽きるところはないし、このクオリティで18年ネタかぶらずに続けているのはすごいと思います。お芝居はあんまり観たことないし…という人にもお勧めできる、エンターティメント精神に溢れる舞台。12月に恒例として欠かさず観ているファンの気持ちがよく分かります。
 来年は石井さんとは別の方がvisitorになるわけですが、ぜひとも観にいきたいなと。ということは、毎年こうやって新しいリピーターを増やしてるワケで…こりゃチケット取りにくいハズだわ。

 あと私、円形劇場は初めてだったんですけど、テーブル位置や役者さんの向きなどちゃんと全方向に配慮した芝居が計算されていて感心しました。この役者さんのこのシーンを観たい!という時には席位置がどうしても限定されちゃうけど、基本的にどの席位置でも損がないように考えられてるなぁと。

 とにかく、石井さんの本当に楽しそうに演じている姿と、ストーリー内容に癒された楽しい一ヶ月でございました。
 そして改めて思ったのは、ああやっぱり私石井さんのお芝居好きだわーということ。台詞回しとか表情とか会話の間とか、ボケられた時の表情でのツッコミとか(笑)。
 高橋の話じゃないけど、今回なんかオーラみたいなものも感じたし。いや、帝劇2階席最後列からも表情がよく見える、50m離れると真価を発揮するという濃いお顔のせいじゃなくね(笑…これはマダムとのトークでよく出たネタ)、登場した瞬間なんかパーッと明るく輝いてるような…これが華というものなんでしょうか。小さい劇場じゃなんかあふれそうです。「オーラの出しすぎなの~♪」(C)チャリティ

 そしてジキハイ…いつか本公演で観られますように。今、神様にひとつ願い事を聞いてもらえるなら迷わず私、これをお願いします。

 そうそう、音楽監督兼バイオリン奏者、中西俊博さんのCDも買いましたよー。挿入曲がとってもよかったので。年越ししても車の中で聴いてはまだまだア・ラ・カルトに浸ってます。私の一番のお気に入り、川久保くんの出番の後に使われた曲“Rodeo Reel”は残念ながら入ってなかったけど。
 でも、中西さんはやっぱりライブで真価を発揮する方なのだと思います。あの踊りながら軽やかに楽しげに弾くヴィジュアル付きでまた演奏を聴きたいなぁ。今月の円形劇場ライブ、行っちゃおうかしら。

|

« おしるこ。 | トップページ | 今年最初の試練 »

演劇・ミュージカル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60376/13326268

この記事へのトラックバック一覧です: 2006年版ア・ラ・カルト総括(二幕):

» アラカルトの中西さん、次のライブはすごい。 [コイヒト]
昨日青山円形劇場の前を通って知ったんだけど、「アラカルト」の中西俊博さんが、なん... [続きを読む]

受信: 2007.01.11 13:41

« おしるこ。 | トップページ | 今年最初の試練 »