« 青山円形劇場は | トップページ | 大阪千穐楽! »

2006.12.24

「無理」と「無茶」の違い

 大人になるとどうしたって「無理」しなくちゃならない場面が多い。ツラくたってキツくたって、無理をしなくちゃならない。泣きたいことがあったって、こらえなくちゃならない。苦しいのを我慢してふんばっているのは、何も自分だけじゃない。

 でも、私たちのような「ひとり職」は、自分の仕事進行は自分にしか分からないんだなぁ。給食室のガス漏れ騒動やノロウィルス流行など突発的な事態が起ころうとも、自分の仕事を助けてくれる人、実際に助けられる人は誰もいない。仕方ないことだけど。

 どんなに急ぎの仕事抱えてたって、例えば調理員さんが休めば現場の穴を埋めなくちゃならないし、その為にその日は徹夜体制になるなんてことだって、まぁよくある話で。

 楽しみにしていた12月が来る前に前倒しで仕事やりくりしてたって、平日に仕事がんばってみたって、たとえ週末に仕事抱えて上京してたって、今月のスケジュールは体力的には「無茶」だったかなぁ…。

 大人は「無理」はしても「無茶」はしてはいけない。本業に差し障るからね。

 …とちょっとばかし反省し、今週末のチケットは全部「アラカルト観たい」と言ってくれた友人達に譲りました。
 そのとたん、風邪が悪化してこの週末は寝込み週末です(笑)。チケットを引き取ってもらったことで明らかに気が弛んでます。ダメじゃん(^_^;

 でも、この一カ月、本当にいろんなトラブルに恵まれ(^_^;心身ともに擦り切れ、それでもなんとか精神の安定を保ってこれたのは、本当にこの舞台のおかげ。

 12月に、こんな幸せな舞台にめぐり合わせてくれてありがとう。メリー・クリスマス。千穐楽は観にいきます。

 明日は終業式、給食も最終日です。何事も起こらず無事に終えられますようにと今回ほど思ったことはありません。

|

« 青山円形劇場は | トップページ | 大阪千穐楽! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おひさささささーくむさん
だってこっちからみればよっく体力気力続くなーって思ってたんだから・・・ここらでチーブレイクッテトコロダヨ
でも芝居取り上げられたっつうか手放したっつうかこの時点で・・・くむさんの元気・馬力なんかうすっくなってる。ゆっくり休んでくださーい。って給食いつまでするのーいつ冬休みー?そこから学期末の事務処理残り分に突入するんだとすれば、もう大掃除やなんかは捨てたほうが体のたもにも心のためにもよいかも・・・よいお年をコッコロから祈りましょう。

投稿: ガクボー | 2006.12.26 03:09

 無理、無茶とくればやっぱり無駄でそ?無駄の排除。オトナにはこれが大切。でも無駄なこと大好きdoniはなかなか無駄遣いがやめられません。

 無理も給食を程よくはさむことによって、負荷容量が上がってくるものです。 筋力トレーニングでいうところの超回復ってやつですが、仕事にも当てはまります。きっちり休んでくださぃまし。

(・∀・)ハピホリデー

投稿: doni | 2006.12.26 19:03

食品の「安心・安全」や「食育」に強い関心を持っています。
12月8日に「食の安全通信簿」というブログを立ち上げました。
こちらです。
↓↓↓↓
http://fsr.cocolog-nifty.com/blog/2006/12/post_8387.html

内容の説明の為の「動画」は、こちらです。
↓↓↓↓
http://www.youtube.com/watch?v=fa9BwUFMOXo

日本の食品業界では、初の試みだと思いますので、
一度、ご覧頂けませんでしょうか・・・・?

現在、「おすすめのサイト」や「リンク」の追加を考えております。
もしご迷惑でなければ、こちらのページにリンクを張らせていただきたいのですが・・・。

投稿: skywork | 2007.01.01 11:10

>ガクボーさん

毎度どうもですー。今年もよろしくしてくださいね。
ちょっと先月はここに書けない様なことも含めていろいろあって落ち込んでたりしましたが、あせらず落ち込まずがんばっていこうと思うのです。
それに、チケットいっぱい手放したとはいえ、それでもフツーの人なら十分ドン引きするくらいには観てますので…(^_^;
大掃除ですが、これから明日半日くらいしか空いてる日がないので、今からできる範囲でやります(^_^;

>doniさん

いやー、基本的にオタクの生活は「(自分以外には)無駄」そのもので成立していますし、そのスタンスは今後も変えられないと思うのです。
そして「無駄」の積み重ねで、精神的な休息は取れましたが、肉体的には全くぜんっぜん休息できない年末年始の生活です(笑)。全くもって自業自得です。
こんな私ですが、本年もひとつよろしく(^_^;

投稿: くむ | 2007.01.01 23:53

>skyworkさん

初めまして。当サイト管理人のくむと申します。コメントとリンクのお申し出ありがとうございます。

「食の安全通信簿」については、私も西村雅宏氏のメールマガジンを購読しておりますので、その中でも興味深く拝見させていただきました。
私たち学校給食業界でも、衛生面で信頼のおける業者選定については常日頃頭を悩ませているところですので、それが具体的な数字で評価できるという面ではありがたい試みだと思います。

ただ、おそらく不利になるであろうと思われる小規模製造業者の問題はあるのかなと思いますが…本校でも小規模手作りで味はいいけれど異物混入の問題がある学区内のお豆腐屋さんより、大規模工場の豆腐を選ばざるを得ない状況があったばかりで、少々考え込んでいたところです。

実は学校給食でも、第三者による評価というのはO157以降の衛生改革で実施されています。
正確には同業他者(他校の栄養士)だったり、スポーツ振興センター職員だったりして、第三者とはいえないかもしれないですが…。

リンクは全く構いません、よろしくお願いしたいところですが、ただ「食育」とはいっても当サイト、現状では半分(以上)別の方向向いてますけど、こんな状況で本当によろしいのでしょうか。その点だけが心配です。

投稿: くむ | 2007.01.02 00:14

リンクの了解、ありがとうございます。
西村先生のメルマガの購読者さんでしたか・・。

学校給食の現場、大変ですね、お察しします。
私の県でも、いわゆる「食品事故」でガタついてます。
「異物混入」が昨年度の1.5倍とかで・・・。

で、今回のシステムがお役に立つと考えています。
次のステップとしては、「添加物・保存料」等の数字を
システムに組み込むプランもありますので、もっとお役に立てるかも・・・。

投稿: skywork | 2007.01.02 14:02

>skyworkさん

再訪ありがとうございます。
異物混入には本当に頭を痛めています。例え原材料の生産過程や製造過程で混入したものでも,調理過程で見落とせば私どものミスになりますから。

チェックが必要な項目はいろいろありますよね。添加物等もそうですが、食材や製品の細菌検査や従業員の腸内細菌検査なども、大きなところは自主的にやっていますが、小さいところはなかなか難しく困っています。(学校給食では契約条件のひとつですが)
残留農薬なども気になりますが、かといってむやみに低農薬や有機栽培品にすると虫などの異物混入のリスクは高まります。

学校給食にとって何がよいものなのかというのを判断するのは、本当に難しいです。

投稿: くむ | 2007.01.04 02:12

返信が遅くなってスミマセン。

「どこまでチェックするのか。」の問題は、確かに

悩ましい所だと、思います。

しかし、半加工製品の納入業者の「工場の内部の管理状態」が、

「全くのブラック・ボックス」では、いかがなものかと・・・。

どうなんでしょうか・・・?

投稿: skywork | 2007.01.09 21:54

>skyworkさん

 ちょうど今、不二家の件が大きく報道されていますね。雪印の事件はなんの教訓にもならなかったということでしょうか。

 第三者機関によるチェックの必要性は感じます。それが耐震偽装の時のようにならず本当に有効に機能するかはskyworkさんたちのがんばり次第ですよね。注目しています。

投稿: くむ | 2007.01.14 00:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60376/13183330

この記事へのトラックバック一覧です: 「無理」と「無茶」の違い:

» 腸内細菌による腸内の発酵と腐敗 [アンチエイジング@若返りの秘訣 あなたの加齢対策は何?]
健康を左右する腸内の発酵と腐敗人の腸の中には100兆個を超える腸内細菌が住み着いています。今は遺伝子の数を数えて1500兆個といわれいたりもします。そしてそこには腸内細菌の善玉菌と悪玉菌がいます。... [続きを読む]

受信: 2007.01.11 09:56

« 青山円形劇場は | トップページ | 大阪千穐楽! »