« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月の6件の記事

2006.07.31

ムイ・ブエノ!

 「パエリアが食べたい!」と職場の先輩がいうので、現地発音的にはパエリアじゃなくてパエジャっていうんだよなどと、その昔某料理対決番組で仕入れた知識をひけらかしつつ、久しぶりにスペイン料理を食べに行ってまいりました。

 スペインといえば思い浮かぶのが、見渡す限りのオリーブ畑。料理はオリーブオイルがこれでもかと使われるイメージなのですが、今日のお店もご多分に漏れず、そりゃもうシェフはひと鍋に小瓶ならひと瓶くらいぶち込んでるのではなかろうかと思うほどの漢らしい使いっぷりでした(笑)。
 シーフードのアイオリソースだのイベリコ豚のローストだの、選んだ料理も料理だったかもだけど(笑)。
Iberico_3

 イベリコ豚は、最近輸入できるようになったんですねー。肉自体に旨味があるから、岩塩とにんにくでシンプルに焼いただけでおいしい。こんな田舎でもいただけるなんていい時代になりました。そういえばハモンセラーノもデパ地下で見かけますね。

Paella_2

 最後は、お待ちかねのパエジャで〆。お米が魚介の旨味をあまさず吸い込んでてうまい~。サフランもほど良い感じ。あんまり効きすぎるのは薬くさい匂いになって苦手なので(^_^;

 というワケで、今日は一カ月分のオリーブオイルとにんにくを食べてきた感じですが(笑)、不思議なくらいもたれてません。あら、もっと食べられたかもー(^o^)丿

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.30

給食費滞納問題その2

 過去にも少し触れましたが、相変わらず大きくなる一方のこちらの問題。先ほどテレビ番組でも取り上げられていました。

TBS | 噂の東京マガジン「噂の現場」(2006年7月30日放送)

 この場合、問題になっているのは「貧困で払えないのではなく払う能力があるのに払わない」保護者。もちろん、現状の給食制度に疑問があるので払いません、という思想的なものでもありません(^_^; 子どもはしっかり給食食べてます。

 うちの学校では、とにかく1年の最初の数か月分の滞納時点で「絶対に払い逃れはできませんよ」という毅然とした態度で挑めるかどうかで、その後の状況が変わってくるように思います。ただ、小学校で払ってこなかった人はやはり中学校でも同じように逃げ切れると思ってるみたいです(-_-;)

 あとは、宿泊学習とか修学旅行とか、そういうイベントをきっかけに強くお願いするとかですね。そうすると旅行費だけ持ってきたりする。しかもすぐに(-_-;)

 自治体単位で法的措置に出るところも多く出てきました。こういった報道が多少なり抑制の力になればいいのですが…。

 笛吹市の中学校のように、保護者に申込書を書いてもらうという手、実は私もちらっと考えたことがあります。ただ、滞納→給食停止はさすがにかけないな…
 あらかじめ給食費を払う意思を確認した上で申し込み書類を書いてもらい保護者の同意をとれば、多少は滞納抑制になるかなと思ったんですが。結局は滞納家庭にそんな小細工は意味がないだろうということで(^_^;

 番組内で、「給食を止められて実際に被害を被るのは罪のない子どもたち」だと人権関係の団体が抗議を訴えていました。それは、もちろんそのとおりなんです。でも、では替わりにどうすればいいという意見はでていませんでしたが(^_^;

 コメンテーターは、中学生くらいなら、保護者の滞納を隠すことなく生徒本人にも伝え家庭内で話し合わせてもいいのではないかという意見が多かったようですが、これは本当に状況によると思います。今までも実際に滞納を知ってショックを受けた生徒もいたし、ケロッとしていた生徒もいます。どちらも学校から直接本人に伝えたわけではないですよ。

 先払い式で滞納ゼロということで東村山市の中学校給食が紹介されていました。サイトを見てみると市教委の栄養士が献立作成して、市内の民間給食調理業者に委託となっています。
 東村山市では約65%の生徒が給食を選択し、残りが自宅から弁当を持ってきているようです。
弁当式ということで、汁物はなし。デザートもフルーツ缶程度がたまにつくのかな。牛乳はつくんですね。メインのおかずだけが選択できて、副菜はほぼ同じという感じ。手作りっぽいメニューもありますね。献立表

 プリペイド式の選択給食といえば、千葉県の松戸市が有名でしたけど、その後かなりあちこちに広まっているようです。小学校である程度食育を進められれば、中学生では自己管理の実践という意味で選択式、できればもっと幅の広い選択というのが理想と思っていますが、給食費問題からもこういった方式が理想なのでしょうか。

 ただ、この方式でも食事にありつけない子どもが何人か出てきそうではあります…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

栄養教諭 学校全体の取り組み調整

 いよいよ夏らしい空になってまいりました。長雨や日照不足で野菜が値上がりしていますが、とりあえず給食が終わった後でホッとしています。我が家の家計的にはもちろん困りものなのですが(^_^;9月までには落ち着くといいな。お米のほうも心配だし。

シリーズ「食育の現場から」(日経夕刊)その2(給食万歳 All I Want for School Dinners)

 doniさんちの記事ですが、 コメントに書こうと思ったら収まりきらなくなったので、自ブログからトラバにしてみました。

 「全体の調整役」…うーん、これは昔からよく聞く言葉ですよね(笑)。校内を見渡して、まず手始めにどこにとっかかりを作るか、成果を出してみんなに注目してもらって意識を高めて次につなげ、次第に周囲の先生方を巻き込んで学校全体の取り組みに……と言葉にするのは簡単だけどすげー難題だ。特に、仕事のしかたが一匹狼になりがちな一人職の(笑)私たちにはかなりの難題。いっそ研究指定もらってきたいくらい。

 調整役なら、今までだって自分トコの給食現場の調整役、町内未配置校全校の現場の調整役、さらに給食主任の先生方を集めて食育推進のための調整役みたいなこともやってますけど、そういう担当者が集まる町全体よりも、かえって自分の学校の中で、校務分掌的に縁もゆかりもない人たちにその気になってもらう方が難しいと思う。

 それに、文科省も、ひたすら食育への取り組みを推進するばかりで具体的に

 『この学年で年間で何時間、これこれこういう程度の内容はどの学校でもやっておかないとダメですよー』

 という強制的なものは打ち出してないんですよね。強制も度が過ぎると困りものですが、学習指導要領にも載っていないようなことは一般の先生方の意識の中では後回しになりがち。いくら食育基本法という「法律」ができても、その下に具体的なものが出てこないと学校単位では動かない。

 現状での取り組みは、栄養教諭,学校栄養職員をはじめとした関係職員の熱意や努力に頼っているのが現状ではないでしょうか。だから、学校ごとの温度差によって、取り組み度合いにかなり格差が出てしまっている。

 私は教科「食育」というのができてしまうのが一番てっとり早いとは思うんですけどね(笑)。文科省的にはひとつの教科に収まらず各教科,領域を横断しての取り組みを打ち出してるし、もちろんそれがうまく軌道に乗ればそっちの方がずっといいけど、それはもとから既に教員の皆様ですら難しい話。
 言うのは簡単だけど、どう考えても自分ひとりでがんばるより「全体の調整役」の方が難しいでしょ。中学校の道徳教育が今こんな感じに近いんじゃないかなぁ。 

 あと記事中にもありますが、今後も栄養教諭が入る見込みがないところもあるわけですよ。栄養教諭どころか従来の学校栄養職員すらいない給食未実施校やセンター受配校はどうするんでしょうか。従来どおりセンターや近隣の栄養士が行くしかないわけですが、それではあくまで「外部の人」であって、学校内部組織の調整役というわけにはいかないです。
 特に中学校で総合的な学習が破綻してるのも、学校にそれ専門の先生がいないっていうのが大きな原因のひとつだと思うしなー。食育も栄養教諭制度も、理想ばかりが先行して現場の整備が追いつかず、総合的な学習の時と同じように絵に描いた餅状態になってしまっては元も子もありません。

 記事中にもあるとおり、確かにここ1年くらいで管理職への働きかけが強まったのでしょうか、管理職の方からはずいぶん「食育」という言葉が聞かれるようになりました。
 教育改革のための重点行動計画にも食育は大きく打ち出されているようです。そろそろ改定作業中であると思われる次の学習指導要領でどのくらいはっきりと謳われるのでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.07.26

「夏休み」のワタクシ

 夏休み、と学校関係者は便宜上言ってしまうのですが、別に子どもと一緒に40日間休むわけではありません(笑)。これ、未だに結構誤解してる方が多いので…(^_^;
 土日の部活指導の振替休や夜間巡回の振替で、帳簿上は長期休暇になってしまう方もいますが、それでも部活に来てたりするので、校内には常時結構な人数がいます。

 それでも、栄養士的には一番神経をすり減らす「現場」がないこの時期は本当に貴重です。学校以外の給食施設ではあり得ないので、ありがたいことです(-人-)

 この「夏休み」期間中にどれだけのことができるかは、どれだけ自分に甘くならないかにかかってきます。むしろ、精神的に落ち着いて仕事ができるこの時期しかできないことをがんばっておけば、2学期からの残業や休日出勤が減らせるというもの。…ホントかね(^_^;

 年末年始の時と同じようにここでやる!と宣言しておくと、自分に甘えがでないでキッチリこなせるような気がするので(^_^;書いてみる。夏休みの学校栄養職員はこんなことをやってるんだということで。

  1. 伝票整理,支払い済ませて給食会計を〆、帳簿提出
    これは今日終わった(^o^)
    7月は少し贅沢したせいもあるけど思った以上に単価がお高目になってしまい(汗)、2学期から上手に節約せねば~。
  2. 各種研修会の運営
     参加する方ならお客なんでいくつ重なってもまだ気楽に行けるのですが、今年から主催側に回る研修会が3つに増えてしまい、7月中は準備が同時進行で少々とっちらかってました。
     そのうちのひとつ、管内栄養士研修会はこの月曜日に終わりましたが、午前中に予定していた講師さまに大遅刻されて冷や汗(-_-;) 午後は内容がどうしてもハードになってしまい反対されるかなとビクビクしながら起案した授業研究の計画案がわりとすんなり通ってホッ…短期間で計画作るのに結構苦労したので
     あとは今週末に町内の衛生管理現場学習と8月末に町の調理員研修会を例年どおり行います。こちらは問題なく済むだろう…。
  3. 9月の献立決定,発注,各種帳票作り
     やばい、早急にやらねば(^_^;
  4. 職員研修準備
     夏休み中の職員研修でバイキング給食についてやる予定です。バイキングの意義については生徒たちよりまず先生方によく理解してもらう必要があるとずっと感じていたので時間をとっていただきました。もちろん、ただで食べられるわけではありません(笑)。先生方が選んだメニューのエネルギー計算や食品構成もきっちりチェックします。
     今年はバイキング実施週に学級活動の時間をキープしているのでそこで事前指導を行うのですが、教科担任制の中学校では授業の入れ替えは基本的にNG。同じ日の同じ時間に私が全クラス出るのは不可能なので、国語科だろうが英語科だろうが何としても学担にやっていただくしかないのです(^_^;そのための事前研修を。
  5. 備品整理
     今年はやっとフライヤーを買ってもらえる予定なので、そちらの工事が片付いてから一気に片付けるつもり。
  6. 町内食生活実態調査集計&考察
     例年実施していた調査、今年は町内小中学校全校で行うことになりました。本当は、昨年のうちにできれば今年の町内食育推進計画に実態を盛り込んで計画できたんだろうけど、まぁ今年でも大丈夫よね!(と前向きに) 数年後同じ調査をかけてよい方向の結果が出てればいいなぁと。
     アンケート集計は、日だまり様「アンケート君」を長年愛用させていただいてます。使いやすくて超お勧め!クロス集計が簡単にできるスグレモノです。
  7. 個別指導計画
     1学期末に煮詰まってたもの。その後の会議で指摘をいただいたところを修正してから、対象の1学年に持って行きます。9月に1学年で朝食についての学級活動をやる予定なので、それを導入に朝食の個別指導をやる予定。
     事例収集前提の指導はやりにくいけど、国や県に言われるまでもなく本校でも朝食欠食率は年々上がってるし、大切なことだ。がんばろ…
  8. 10,11月分献立原案を中学校向けに修正
     うちの町には4人の栄養士がいて、2ヵ月分ずつ交替で原案を担当するのですが、原案作成者が小学校栄養士だと当然中学校ではそのまま使えません。味付けや量、栄養所要量や食品構成もぜんぜん違うので。
     そこで、修正という作業が必要になってくるのですが、これがまた難しいんだわ。なるべく原案者の意向に沿って…と思うといろいろ辻褄が合わなくなってくる…(^o^; ハッキリいって一から立てた方がはるかに楽だし、仕事も早いです。それでもこの方式を続けているのは、少しでもいい献立にするためには複数の目のチェックとアイディアが入ったほうがいいこと。それから、中学校勤務でも小学校に出向いて給食を教材に授業を展開するためには「小学校の献立?知らなーい」などと言ってられないワケで…。
  9. パソコン研修
     給食管理システムがバージョンアップしてインターフェースも大分変わる予定なので、把握するのにちょっと時間が必要かな。
  10. 教材研究
     
    9月から毎月自校か小学校の授業が続くので、土壇場で慌てないようできる限りの教材作りはこなしておきたいと。特に食生活学習教材の「紙上バイキング」は、小道具がいろいろ必要なので、町内栄養士で共有化を計って人海戦術したいです~。日にち押さえてしまったので下準備を進めておかねば。
  11. 9月分生徒配布用献立表と給食だより
     これはいつものヤツ。
  12. 栄養教諭認定講習
     今夏中に全単位取得予定です。学食を楽しみに(笑)大学生します。

 …とこんな予定です。どこまでチャッチャとこなせるかで本当の夏休みの日数が決まります(苦笑)。とりあえず、花嫁付添い人の秘密と岡コンは行くぞー。
 ちょうど昨日、スウィート・チャリティのチケットもどばっと届きました。チケでほっぺたぺちぺちしてがんばろう(笑)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.07.23

見えないところのお片付け

 今日は久しぶりにどこへも行かない休日!ということで、久しぶりに大掃除をしました。大掃除といってもお部屋じゃありませぬ。

 それはHDDレコーダーの中身。80時間分満タンになったまんまで新規録画ができないまま半年くらい経過していたので(苦笑)。ついつい気軽に録画してしまうけど、録ったはいいけどおそらく永遠に見ないものが多いのは多分私だけじゃないハズ(^_^;
 思い切って削除+保存するものは編集してDVDに焼き焼き焼き焼きさらに焼き。HDDがだいぶスッキリしました。仕事関係のもの(Nスペとか)は、あとで職員研修とかで使うかもしれないので、念のためVHSにも落としておこう。

 そうすると基本的にオタクな私は、保存版DVDはジャケットやレーベルまで作りたくなってしまうわけですが(^_^;)4~5枚作ったところで枚数が多過ぎて挫折しました…。
 そのうち、Excel辺りで蔵書管理データ(蔵DVDか)と連携してレーベル印刷できるのを作ってみようかな。ニーズあると思うんだけどなー。つか、よく探せば公開してる人がいるのかも。

 作業しながら、買ったまま聴いてなかったCD(これもありがち)をいろいろ聴いてたんですが、特にSunset Boulevardに聴き入ってしまいました。ロイドウェバーらしいドラマティックなナンバーが聴き応えあります。未見どころか日本で上演されてもいないミュージカルCDを持ってる理由はもちろんコレなのですが(笑)。前に1950年公開の映画版も観たのですが、こちらもおもしろかったです。
 ハリウッド物で、現在は見向きもされない往年の大女優の狂気に翻弄される野心家のジゴロの役。いいなー、ホントに演じて欲しいなー。…どこが上演権取ったら可能性出てくるのだろうか(^_^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.07.17

生きてます~

 また一ヶ月放置してしまった…(*_*; その間にココログは何やら大メンテしてくれたらしく、管理画面がさくさく表示されるようになりました。

 この一ヶ月にまたいろんなことがあったし、いろんなことを思い、また考えて、ブログに書いておきたいこともたっくさんあったはずなのに…リアルタイムで書かないと、その時の熱い気持ちはなかなか表現できないものですね(^_^;
  宿泊学習のこととか、そこでの食事や生徒のこととか。あ、自然の家泊だったので民間の給食会社が入ってたんです。この辺は思うところもあるので、後できちんと書ければいいな。

 「出張、多いよね」と、教務主任からしきりに言われるので、よくよく数えてみたら一学期だけで20日以上ありました。研修会の他に、小学校の授業、現場指導、家庭教育学級、宿泊学習引率、役員会、編集委員…どーりで、忙しいわけだわ。いつ通常業務してたんでしょうね(^_^;
 今年、ちょっとイレギュラーなお仕事が多過ぎて、酸欠の金魚の気持ちです。

 この3連休は、教材作成と授業で使ったワークシートのコメント書きと、あと、多分これが今年一番の大仕事、個別指導事例書いてました。いまだまとまらず。いや、まとまるわきゃないんだ、実際にやるのはこれからなんだから。事例収集前提でやる指導というのは、やりにくいです。

 そんな怒涛の一学期もうすぐ終わります。給食は20日の終業式当日まで。その後は、今年も怒涛の夏休み(*_*)

 遊び関係の記憶…うーんうーん、ここんとこ仕事漬けだったんで…上京する余裕がなかったんで、芝居の代わりに深夜に映画観に行って現実逃避してました(笑)。「不撓不屈」と「デスノート」、どちらもおもしろかったです。分かる人には分かる組み合わせですね(爆)。

 そうだ…実は土壇場で友人からチケット回ってきて「メタル・マクベス」は観てたんだった。でもそのスケジュールで上京するなんてお前は大馬鹿か!と全員に言われるような無茶をしたのと、体調最悪で帰ったら熱38度以上あったような状況だったので、実はあんまりよく覚えてなくて…。ミキハウスの魔女かよっ!とか、松さん明菜カットかよっ!とか、森山くん芸達者だなとか、断片的な記憶しかありません。せっかくのプラチナチケットが…(^_^;

 帝劇では「ダンス・オブ・ヴァンパイア」も始まってるんですが、今月いっぱいはこのペースが続くのでおとなしくしてます。大体、今東宝に恨みつらみが募っているので、当分その気になれないわ(T_T)(T_T)(T_T)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »