« ココログ不調です | トップページ | 「スウィート・チャリティ」配役発表 »

2006.04.15

会議が続く新年度第2週

 月曜日の入学式からまだまだ怒涛の年度始めモードの今週です。毎日イレギュラーな仕事や会議続きで落ち着かない日々。でも最初の進め方が重要なものも多いので必然的に一気にきちゃうのです~。

 火曜から給食がスタート。当日は新一年生のオリエンテーションで給食開始時指導をし、夜は食物アレルギーのある新入学生徒の保護者と面談して学校での対応方法を検討、その結果を水曜日の職員会議にかけます。中学生になると数は少ないといえどもアレルギー対応は慎重にやらなくてはなりませんし。

 木曜日は町の栄養士会の会議、午後は町内の調理員さん集めて献立内容の伝達会議。金曜日は町の給食主任を集めて、年度始めのいろいろな伝達の後、本年から進める食育推進についての話し合いを持ちました。この件に関してはお忙しい指導主事様にもちゃんと立ち会ってもらって主旨をご説明いただけたのでよかったです。「町教育委員会」の事業として充実した意義ある会議になりました。このふたつの会議だって昨年からやっと位置付けてもらえたものなんだよね。なかったんですよ、町主催の主任会議が前は(^_^;

 などとドタバタあちこちを駆けずり回っていられるのも、現場がしっかりしているおかげ。今年はうちの現場スタッフの異動がなかったんです。いや、栄養職員未配置校の多いうちの町の全体レベル向上のことを考えれば、異動は絶対に必要なんだけど、それでもやっぱり頼りになる今のスタッフは全員貴重なのであります…。

 3年前に今の学校に異動してきた時、丸2年は現場向上優先でがんばろうと決意しました。
 実際、ウェットからドライシステム運用への移行から、冷凍野菜から生野菜への大幅切り替え、冷凍食品から手作りメニューの導入やら、常に現場に立ち会ってあーだこーだ手を出し口を出す栄養士についてくのは相当大変だったと思いますが(汗)、調理員さんみんなががんばってくれたおかげで、ここしばらく異動してくる先生には給食について絶賛されることが多くなりました。
 「給食おいしいですよ」っていう言葉、以前はお世辞や社交辞令の粋を出てないのが分かりましたが、今はある程度胸を張って「ありがとうございます」ということができます。調理員さんも「作る」ということにプライドを持ってやっているのが感じられます。

 3年目から意識的に現場にいる時間を短くしてきましたが、最近では安心して現場をお任せして他の仕事ができるようになりました。今年もみんながんばろうね。私も今年度のモットーは

  • 来た話は逃げずに受けて立つ(笑)
  • 「昨年同様」や「現状維持」は敵(爆)
  • 仕事を溜めて精神的に追い詰められないようにする(汗)

 で、寄る年波に負けずがんばります(^_^;

|

« ココログ不調です | トップページ | 「スウィート・チャリティ」配役発表 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60376/9608102

この記事へのトラックバック一覧です: 会議が続く新年度第2週:

« ココログ不調です | トップページ | 「スウィート・チャリティ」配役発表 »