« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月の7件の記事

2006.04.30

「スウィート・チャリティ」いろいろチェック

 「スウィート・チャリティ」の製作発表があったと聞いたので、翌日のスポーツ紙買い込み(主催フジテレビなのでもちろんサンスポ)とめざましテレビ録画を仕掛けておいたのを、今日ようやくチェックしてみました。イベント後のめざましチェックが基本中の基本だということは、最近の経験で学びました(笑)。

 あと、夕べから明け方まで6時間くらいCX張ってみて(こういう時にHDDレコは便利だ~)、こちらも確認してみたら、深夜の映画紹介番組の枠でチャリティのCMが引っかかってました。

 CMの方は名曲「ビッグ・スペンダー」をバックに、きらきらピンクな画面にポップなロゴ、チャリティ、ニッキー、ヘレンがポージング。
 男性陣も1カットずつ登場。石井さん、一瞬のカットですがキッチリ芝居入れてます。気障なイタリア男が既に憑依しているようです(笑)。そして意外というかなんというか…

 チャリティがなんかとってもいい感じ…(゜o゜)

 主演の玉置成実ちゃん、17歳ですか…。製作発表で赤坂泰彦さんが「俺が17歳の時はその辺でパン食ってたのに(笑)」とか言って笑いを取ってますが(バックに石井さんの笑い声が大きく入っててウケました(^_^;)

 17歳じゃ、私らつい最近までパン食わせてた側っすよ(爆)。

 メイク濃かったんで10歳くらいサバ読んでるようにも見えましたが、インタビューの受け答えも初主演とは思えない貫禄っぷり。なんか舞台映えしそうなタイプ。…ちょっと期待してみよう。あとはお芝居の方も頑張って~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.04.26

「スウィート・チャリティ」配役発表

 昨春から続いてきた今回のレ・ミゼラブルもとうとう千穐楽を迎えました。いろいろ語りたいことはあるハズなのに、なんだかぽっかりとしています。
 お友達が、こんな状態を「ハートが真空状態(C)ユーリンタウン」というのだと教えてくれました。

 この素晴らしい記憶と感動を心の糧に、来月のライブで石井さんご本人がバルジャンのイメージをぶち壊してくれるまで(苦笑…だってご本人より観客の方が引きずるんだよー)慎ましく生きていこうとしていた矢先。

 先日から「恋人に振られたイタリア人スター」なのか、はたまた「新興宗教の教祖サマ」なのかが懸案事項(笑)だった、スウィート・チャリティの配役が発表されました。公式コチラ

玉置成実(チャリティ・ホープ・ヴァレンタイン役)
岡田浩暉(オスカー・リンドクィスト役)
樹里咲穂(ニッキー役)
初風 緑(ヘレン役)
赤坂泰彦(ハーマン役)
岡 千絵(アーサラ・マーチ役)
 ・

石井一孝(ヴィットリオ・ヴィダル/ビッグ・ダディ役)

 

 ふっ…二役!! 結局、イタリア人と教祖両方かよっ!!(←三村調)

 しかも公式のやたらカッコイイ写真何コレ。

 ついこないだまで熱い魂のジャン・バルジャンだった人とホントに同一人物ですか?
 そんで隣にいるメガネ君は先週まで貴方の息子さんじゃありませんでしたか?

 うう…こないだのASPで石井さんがぽろっと「面白いよ」と呟いてらしたのはこういうことだったのか。はうー、せめて今月いっぱいくらいはレミゼの余韻に浸りたかったのにもうダメだぁ~!(爆)

 …でも、これで教祖10分(←映画版観ての推定時間)のためにルテ銀通いしなくて済みますよ(;O;) それに演じ分けのためにきっちり作りこんできそうですよねっ!? それこそサイゴンのジョンみたいな教祖様とか(笑)。
 まだまだ半年近く先の舞台だけど、今から楽しみでもうドキがムネムネです。

 気付けば、明日4/27は、先月公録観てきた「シブヤらいぶ館」のO.A.日ではないですか。20:00~20:43でNHK-BShi。
 さらに8月には岡幸二郎@ジャベールさんのコンサートにゲスト出演も決定! そういえば同じ月には音楽劇「花嫁付き添い人の秘密」の音楽監督もされるのでした。

 数日で一気にいろいろあり過ぎて、なんだか脳みそが湧き上がって訳わかんなくなってきたのでこの辺で退却~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.04.15

会議が続く新年度第2週

 月曜日の入学式からまだまだ怒涛の年度始めモードの今週です。毎日イレギュラーな仕事や会議続きで落ち着かない日々。でも最初の進め方が重要なものも多いので必然的に一気にきちゃうのです~。

 火曜から給食がスタート。当日は新一年生のオリエンテーションで給食開始時指導をし、夜は食物アレルギーのある新入学生徒の保護者と面談して学校での対応方法を検討、その結果を水曜日の職員会議にかけます。中学生になると数は少ないといえどもアレルギー対応は慎重にやらなくてはなりませんし。

 木曜日は町の栄養士会の会議、午後は町内の調理員さん集めて献立内容の伝達会議。金曜日は町の給食主任を集めて、年度始めのいろいろな伝達の後、本年から進める食育推進についての話し合いを持ちました。この件に関してはお忙しい指導主事様にもちゃんと立ち会ってもらって主旨をご説明いただけたのでよかったです。「町教育委員会」の事業として充実した意義ある会議になりました。このふたつの会議だって昨年からやっと位置付けてもらえたものなんだよね。なかったんですよ、町主催の主任会議が前は(^_^;

 などとドタバタあちこちを駆けずり回っていられるのも、現場がしっかりしているおかげ。今年はうちの現場スタッフの異動がなかったんです。いや、栄養職員未配置校の多いうちの町の全体レベル向上のことを考えれば、異動は絶対に必要なんだけど、それでもやっぱり頼りになる今のスタッフは全員貴重なのであります…。

 3年前に今の学校に異動してきた時、丸2年は現場向上優先でがんばろうと決意しました。
 実際、ウェットからドライシステム運用への移行から、冷凍野菜から生野菜への大幅切り替え、冷凍食品から手作りメニューの導入やら、常に現場に立ち会ってあーだこーだ手を出し口を出す栄養士についてくのは相当大変だったと思いますが(汗)、調理員さんみんなががんばってくれたおかげで、ここしばらく異動してくる先生には給食について絶賛されることが多くなりました。
 「給食おいしいですよ」っていう言葉、以前はお世辞や社交辞令の粋を出てないのが分かりましたが、今はある程度胸を張って「ありがとうございます」ということができます。調理員さんも「作る」ということにプライドを持ってやっているのが感じられます。

 3年目から意識的に現場にいる時間を短くしてきましたが、最近では安心して現場をお任せして他の仕事ができるようになりました。今年もみんながんばろうね。私も今年度のモットーは

  • 来た話は逃げずに受けて立つ(笑)
  • 「昨年同様」や「現状維持」は敵(爆)
  • 仕事を溜めて精神的に追い詰められないようにする(汗)

 で、寄る年波に負けずがんばります(^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.11

ココログ不調です

 3月末のメンテから不具合続きで顧客離れが進んでいるらしいココログですが、私のところも管理画面がむちゃくちゃ重かったり、へんてこりんな更新のまま放置状態になってしまったりして頭を抱える事態がしばらく続いています。なぜか今日は調子いいみたいだけど。

 こちらにお立ち寄りくださっている方で、コメントが書き込めなかったりした方がもしいらしたらごめんなさいです。環境によっては、記事が更新されてもブラウザに反映されにくかったりもするみたいです。

 あんまり続くようでしたら移転も考えようかなと思いますけど、今のところは更新頻度もずぼらなブログですし(笑)、なんせNifとは10年以上のおつき合いなので、もうしばらく様子見しようと思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レ・ミゼラブル4/8昼~After Stage Party

 3カ月と10日ぶりの石井バルジャン…このスパンで「あああ久しぶり~」と思ってしまうあたり何か間違ってるんじゃないか、東宝にはめられてるんじゃないかとか自分の中の冷静な部分がツッコミ入れてます。そのとおり!!

 そんな今回の舞台なのですが、ちと思うところあってコメント差し控えさせていただきたく。

 幕が下りた後、いろんなものがセーヌ川の渦のようにうずまいちゃって切り替えが利かない(=カーテンコールが素直に楽しめない)状況に陥ったことが今までに3回くらいあるのです。不思議ね、思考力を根こそぎかっぱぎまくられたみたいな。そんな感じー。

 そしてそんな時に石井さんのアフターステージパーティ、平たく言えばお茶会のようなものがあったりするわけで。
 石井さんは好きだが、正直言って今日だけは「石井さん」には会いたくなかったよ(爆)。分かっていただけます?こういう複雑なファン心理。

Panhitotsu  いや、パーティ自体は間違いなく楽しかったんですけど。
←こんなカード付きのパンなんかが賞品に出てて会場大ウケでした。これは私が書いたものです。なんも当たってないので(^_^;

 大当たりは小道具そっくりのストール。もちろん商品は舞台上で石井さんの手渡し。ストールを外しながら「さあ、もう、怖がらないで~♪」から始まる(笑)。「名前を教えて~」といわれれば当選者もごく当たり前に「…はい、コゼット」と答えるマニアばかり(大笑)。

 あんまり笑わせてくださったんで、会場出るころには朝から出てた持病の偏頭痛が薬で散らせないくらい酷くなってて(←笑い過ぎだ)友達と会うのをあきらめて早々に帰宅しました。

 レミ関係のお話では、石井さんのクラシック発声の話と、バルジャンがエポニーヌからマリウスの手紙を受け取った後、敵の軍服を着てバリケードに現れるまでの補完話(注・やっぱり石井さん脳内設定)がとても興味深かったです。毎回、舞台に「慣れ」がでないように舞台袖でストーリーを補完しているんだそうです。

 そして早くもスウィート・チャリティのFC先行予約案内が来てたりして。相変わらず石井さんの役柄は不明のままですが(苦笑)。役もなんだかわかんないのに枚数押さえていいのか!? それが許されるのか~恥ずかしくはないのか~♪
 どっちにしろ行くことは行くんだけど(笑)。出番はどのくらい…なんて考える必要の全くなかった前回(マイフェア)はやっぱり恵まれてたのね(^_^;

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006.04.08

年度初め〜MY 初日

諸事情でなるべく3回続けてミュージカル話にならないようにしてるので(笑)、今回はお仕事近況を。

年度初めのこの時期、生徒のいない学校では何をやってるかと申しますと(部活やってるけど)、まずはひたすら会議です。

学校運営は、学校独自に作られる「教育計画」というものによって進められます。もちろん、これを作るに当たっては市町村やら都道府県の方針や、文部科学省の学習指導要領やらにのっとって作成されるワケですが。

で、各教科領域ごとに年間指導計画を作成して、最終的に電話帳くらいの厚みのファイルが出来上がります。ここまでが年度末の仕事。この中にはもちろん、食育・給食指導も入ってきます。

前年度の反省など踏まえて、今年もかなりの修正を入れました。生徒の実態に合わせて今年度の努力点も見直し。常掲資料なんかも作り替え。 毎年、教育計画の修正には結構な時間を費やしてます。なぜなら、この会議をきちんと通せば「共通理解」が計られたものとして、少々表現はアレですが、ある程度の強制力もできるワケなので(^o^;

…それはともかく、計画性のない、行き当たりばったりの指導になるのはよろしくないしね。

Katazuke そんな会議づくしの一週間でしたが、その合間にプリンターとラミネーターとテプラを駆使する仕事…つまり教室に掲示してもらう資料などの環境整備もやってました。はっきしいってこういうのは好き仕事ジャンルなので、やり出すと9時や10時はあっという間です(笑)。

あとは、白衣や白衣ケース、配膳台カバーを新調したり。 担任の先生のアイディアで100均廻って買いそろえたタオルハンガーは、どのクラスでも台ふきんを衛生的に管理できるように…ってできるかなぁ(;^_^A

月曜日の入学式の準備も終わったし、昨夜の歓迎会の幹事もなんとか無事に済ませたし、さぁ、これで準備万端!…といいたいところですが、後回しにしていた自分の仕事がまだまだまだ…(>_<)
とりあえず、配布献立表と一年生の給食オリエンテーションの資料を週明けまでになんとかしなければ。

♯ …とここまで移動中に打っといて、開演前に(笑)モブログに送信しはぐってしまいました。今送ってみます〜

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.04.04

映画版スイート・チャリティ

 石井バルジャン日生初日おめでとうございます~。さっきから、そろそろ彼を帰してかなとか、もうエピローグかなとかため息つきながらお仕事してます@自宅
 週末が待ち遠しい…でもそれまでにいろいろ乗り越えなくてはならないことが山積。

 乗り越えるといえば、これもレミゼ前に一旦かたしておきたい話題。

 スイート・チャリティ、1969年の映画版DVDをネットで探してみたら廃盤らしく。ううっ、またこのパターンかい(^_^; マイ・フェア・レディ原作本の時もそうだった…。関連書籍や映画などで芝居の理解を深めたり、時代背景なんかを学ぶのがオタ観劇の愉しみなのにぃ(爆)。

 そしてらヤフオクで1枚だけ出てる新品DVD発見、すかさずget!……想像以上にバリンバリンのダンスミュージカルでした(汗)。

 主演のチャリティを演じたのはシャーリー・マクレーン。アップとかで少々お年は感じてしまうのですが、おばかでかわゆいポジティブシンキンな女の子を演じてます。オープニング、いきなり男に騙されて川に突き落とされるシーンから始まるあたりが強烈…ここ、舞台ではどうやるんでしょう。

 前回の公演では島田歌穂さんがチャリティ役を演じてらしたんですね。納得。この役、芝居はもちろん、歌も踊りもむちゃくちゃ大変そうです。そして何より、全編通してヒロインが一人主役状態なんですよね。相手役は何人かいるけどヒロインの前を通り過ぎていくという感じ。なんか普通の恋愛物より重責っぽいこの役を今回演じるのは、なんと舞台経験のない全くの新人の方。が、が、がんばって~(^_^;

 そして気になる石井さんの役どころなのですが(笑)。

 一応の相手役に当たるオスカー@閉所恐怖症の保険会社員は、岡田浩暉さんが演じることが既に発表されてます。相手役といっても、映画版では登場するのかなり後の方だったけど。
 しかしこの方、ラスト近くでホステスだったチャリティの素の部分を目の当たりにして引いてしまい、結婚寸前で逃げだすそれはヒデェ相手役なのです。

 岡田さんも好きなんですが、もし石井さんが演ったら…彼女の過去を許せない自分が許せずに悩み苦しむ苦悩キャラとして演じ(クリスをイメージしてるのバレバレ)、逆に観客が同情してしまうようなオスカーになりそうだったのに、ちと残念。

 あとは、ビットリオ@イタリア人スター。この方は全然踊ってないから(爆)可能性高いか? 
 恋人に振られた直後に偶然出会った面白い女の子、チャリティに興味を持って高級クラブに連れてったり自宅に招き入れたりします。チャリティの興味を引こうと自分の写真にサインしてあげたり、撮影で使った帽子やステッキをあげたりいろんなことするのが何かかわいい。この人も結果的にチャリティをずいぶんな放り出し方してしまうんですが。

 残るひとりは、ビッグダディ@音楽系新興宗教の教祖サマ。正直言ってストーリーにはそれほど影響してないし、しかも出番ははっきりいってかなり少ない!…けどインパクトはすごい。信者の集会でヒッピー達と歌う歌うそして踊る。踊りといってもライブのノリだから全然OK(笑)。つか石井さん、マジで似合うと思うんだ教祖は(大笑)。アンサンブル総出演の大盛り上がりシーンが展開されるのかしらと期待。マイ・フェア・レディで言うと ドゥーリトルの Get me to the Church on time みたいな感じかな。

 さて、映画と舞台版の違いはあるでしょうけど果たしてどちらの役になるのか。芝居観るならイタリア人、ぽかーんとしたいなら教祖かな(笑)。はたまた全く別の役だったりなんてことは? いずれにしろ、キャスト発表を楽しみにしていたいと思います。

 # キャスト名の並び順で行くとやっぱ教祖さまかなぁ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »