« 追悼 | トップページ | 授業技術と演劇 »

2006.03.14

最後の給食と

 本校の卒業式は9日。3年生にとって最後の給食は8日でした。

 昨年同様、最後の給食には、料理の他にもう一品。給食のレシピ本です。今年はちょっと予算が増えたので表紙がフルカラー。やっぱり料理本はカラーがいいよね。昨年のと見栄えが違う(^_^;

  recipe01 recipe02

 この日は3年生のクラスだけに校内放送。私たちからのラストメッセージです。

 ~最後の給食に心を込めて~

 みなさんは中学校3年間で563回の給食を食べてきました。小学校から数えると、およそ1670回になります。こんなに大きく立派に成長したうちの何パーセントかはきっと給食が影響していることでしょう。1670回の給食の中に思い出はできましたか? …小さいころ嫌いで食べられなかったものがいつの間にか食べられるようになっていたり、小学生の頃はあんなに多く感じた牛乳、最近は「もう少し欲しいな」なんて思うようになっていたり…。

 「食べる」ということは、生きるために何よりも大切なこと。

 中学校を卒業したら、自分で弁当や食事を作ったり、コンビニなどで自分のお昼ご飯を買ったり、外食をしたりと、今よりも『自分で自分の食事を決める機会』がずっと増えると思います。そんな時は思い出してみて。給食では一回の食事に主食・主菜・副菜がどんな組み合わせで出ていたか、一回にどのくらいの野菜が使われていたか。「バランスの取れた食事って何だろう」って、難しく考えなくても大丈夫。だって、皆さんはその見本である給食を9年間も体験してきたのだから。

 君の体と心は、君自身が食べてきた食べ物からできている。

 いつも、いつまでも忘れないでいてください。輝かしい未来と健康で楽しい人生のために。

~レシピ本より 放送BGM:S.E.N.S.「行ってしまった朝」

|

« 追悼 | トップページ | 授業技術と演劇 »

学校給食」カテゴリの記事

コメント

うーん、さすがです。
今年もレシピ本(本は無理でも、数枚レベルでも・・・)はできませんでした(ToT)
給食便りでなるべく出すようにしてるんですが、やはり「こういう給食をたべたぞ」という記録を思い出の一ページにしてほしいと思ってます。
くむさんのレシピ本、どこかでお目にかかりたいです。予算があるということは、もう「レシピ本は公認!」ということなんですよね。
イラストも上手だし、いいなあ、いいなあのよだれタレタレ状態の花うさぎでした。(あ、私は人間が書けないから、うさぎのレシピ本だ・・・)

投稿: 花うさぎ | 2006.03.15 00:40

 予算の出所は、卒業記念品やアルバムなんかと同じ卒業準備金です。そんなこともあって印刷コストは切り詰めて安いところにお願いしてます。36pで1冊270円くらいかな。

 花うさぎさんのうさぎキャラ、そのイラストを見るだけで「あっ給食!」ってわかるのがいいですよね。卒業しても子どもたちはたぶん一生忘れないと思います。
 白金はる子さん(学校栄養士界のイラストレーター&コラムニスト)も、そんなことをいってらしたと思います。

投稿: くむ | 2006.03.17 21:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60376/9091538

この記事へのトラックバック一覧です: 最後の給食と:

« 追悼 | トップページ | 授業技術と演劇 »