« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月の9件の記事

2005.12.30

レ・ミゼラブル12.29昼

 石井バル楽日です。

 今回の公演、前回よりさらに素晴らしいバルジャンだったと思います。

 発声方法を変えたという5月帝劇よりもさらに声は厚み深みを増し、もうすっかりCD盤のように若さの感じられる声ではなくなりました。
 演技も本当に細やかで丁寧。ジャン・バルジャンという役を1回1回大事に演じているのがよく分かります。その姿勢こそがもうバルジャンそのものなんですよね。

 「独白」までの野獣のような荒々しさの中に見え隠れする傷つき苦しんでいる心。司教様に救われた時の衝撃。そして「捌き」で、神に渡したはずの魂に芽生えてしまった悪との葛藤。

 愛する娘コゼットがいつの間にか自分よりマリウスの方を向いてしまっている時の哀れな父っぷり。(マリコゼが寄り添っているとき、バルはコゼットの子どもの頃の服を抱きしめている…)
 今日のマリウスがまた、バルの過去の告白を聞いた後バルジャンを冷たく拒絶する岡田マリウスだったので、エピローグでひとり死んでいく時の哀れさとコゼットたちが駆けつけてマリウスが謝罪した時の救いが倍増。
 そして何よりも「彼を帰して」…今日のはホントに心に染みた…。

 今回リピート観劇してみて、改めて石井バルジャンのちょっとした動き、表情、目線などすべてに意味があるということがよく分かりました。芝居って、演技ってこういう事なんだ…と今更ながら気付かされた思いです。

 石岡対決もいつにもましてど迫力でしたよ。下水道対決なんてあまりのことで息するの忘れるくらい(半ばマジ)。その後のジャベールの自殺も息できなかった。あっ、今日スターズもすごかった(笑)。岡ジャベの気合の入れ方ったら半端じゃない(^_^;

 もうひとつ、砦も熱かった。今日の岸アンジョルラスの気合いはものすごかったです。「死のう僕らは!」…あのアンジョにならみんな死路についていけるよ(^_^;
 エポが死んだ時の静かな動揺、カブローシュが死んだ時の肩で息をするような激しい動揺、その度に交わされるグランテールとの目線はかなりぐっときました。銃の扱い方も丁寧でツボだー。美しかったよ~。
 岸アンジョは人の生死に大きな反応をする人間らしさのあるリーダーなんですよね。マリウスが撃たれた時も、今日は夢中で砦のかなり高い位置から大ジャンプして駆け寄ってました。時間短縮のおかげで今日は死の前にグランと見つめあう時間も長かったぞ(笑)。

 阿部バマタボアがファンテを引きずる前に「言い訳はァ!サツで!」を、今日は「後で!」と叫んじゃってその後いつもでる「へぁっ!」ってのが出なかったりとか(笑)、坂本エポが使いで塀を乗り越える時に手紙を塀の外に飛ばしちゃって、一瞬塀を乗り越えようかと考えたっぽいけどどう見ても間に合わなそうなのでつい塀をすり抜けちゃったりとか、今日も岸給仕はスプーン1本取り逃してSINGOジョリ給仕に1本拾ってもらってたとか、いくつかアクシデントもあったけど、これはもう気合いのせいでしょう(^o^;

 興奮のあまりボキャブラリーが平常時以上に貧困になってきたのでもうやめとこう(^_^;

 帰りの新幹線でも、頭の中で勝手に歌声が流れては情緒不安定になってて、おそらくかなりキョドった乗客でした。

 この6日間、石井さんにはほんとに素晴らしいものを観せていただきました。このような長期遠征という暴挙に出た甲斐があった…どころか熨しつけて倍返しされた気分よ。もうこんなチャンスに恵まれることはないかも知れないけど(^_^;

 明日は1人で一足遅れの仕事納めしてきます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.12.29

大阪食い倒れ

 観光はほとんどできなかったけど、今回の遠征のもうひとつの裏テーマ「大阪の安くてうまいもんを食べる」は、いくつか達成できましたのでご紹介。

551_hourai  まずは基本。「551蓬莱」の豚まん。2個で280円。アンもたっぷりで結構ボリュームがあります。各店であんを包んで(見えるようになってる)その場で蒸し上げて売ってます。
 豚まん1個と肉団子唐揚げ焼売の点心セット280円というのもあって、女性ならこれだけで1食十分な感じ。551蓬莱はあちこちにお店や販売所があって、東でいうところの崎陽軒みたいな位置付けなのかな。

hanshin_ikayaki 阪神百貨店地下のいか焼き。これがまた安い(^_^;
 普通のいか焼き126円(写真上)と卵入りのデラバン179円(写真下)ともうひとつ食べてないけど和風デラというのがありました。お子さま連れのおかあちゃんや、若いおねぇちゃんが行列に並んでは1~2枚ずつ買って、ふつーに立ち食いしてます。冷めたら多分味が落ちるんだろうな。
 でん粉が結構入ってそうな生地にいか下足いっぱい。鉄板で上下からぎゅーっと押しつぶして焼いてある感じ。駄菓子的なうまさだねー。

mitarashi

 「天王寺堂」のみたらしだんご。1本60円。よく知らなかったんですが、みたらしもプチ大阪名物なんだそうで。焼きたてのアツアツに、タレを流れるくらいどっぷりつけて路面売りしてました。家族連れが歩きながら食べてるのをみて買ってみました。
 タレがしょうゆ色にまっくろで、いかにもしょっぱそうでなんだか関西っぽくないなーと思ってたら、これがぜんぜんしょっぱくないのね。甘さも控えめでタレだけすすれるくらい(笑)。関東のみたらしとかなり印象違います。ぺろっといただいてしまいました。

pecha_yaki  「あほや」のぺちゃ焼き 大阪でもまだ新興勢力らしく、地元でもまだそれほど知られてないみたい。
 でっかいたこ焼き(現品)4個を、チーズと卵と一緒にいか焼き用のプレス鉄板機でぶじゅーっ!とつぶしたオリジナルもの。このおいしさ、このボリュームで1枚250円。大阪ってすばらしい!

ikura_bento 番外編。新幹線で買ったいくら弁当。朝早くてあまり種類がおいてなかったのと「期間限定」って書いてあったのでつい(笑)。予想以上にいくらがのっててちょっと得した気分でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.28

レ・ミゼラブル12.27夜

 27日ソワレ終演後、抽選で100名様に「石井さんと握手会」というイベントがありまして。

 ファンとしては、別にそんなのさせなくていいから休ませてやってくでよーというのが偽りない本音(いやホント)なのですが、そんなイベントがあるからには無視するわけにも行かず(^_^;抽選申し込み出しちゃうわけですよ。お花でもう運を使い果たしたかなーと思ってたのに、ちゃっかり当選しちゃうわけですよ。ひょっとして無抽選だったんじゃと思いましたけど「外れたー」とかいってる人もいちゃったわけですよ。…ゴメンナサイ

 自慢じゃないが、FCイベントとかで石井さんが目の前50cmとかに現れても平常心だった私ですが(笑)、レミゼ終演後の涙も乾かないような状況で、しかもバルジャン@昇天仕様で登場された日にゃ、そりゃ動揺もいたしますよ。2幕終わった時にはもうかなりドキドキしちゃってましたよ。

 100人並んでるうちの真ん中当たりだったかな、自分の順番がきて握手席に行ってみると…

 バルジャンさん、もうすっかりサワヤカ好青年の素の石井さんに戻ってて一安心(爆)。
 
さっきまでジジイだったのに、役者って役者って…(泣笑)

 石井さんのおてて、ふにゃっとやわらかくてとってもあったかかったです。きっと私の手の方がごつい~(^_^;

 「ありがとうございます。また観に来てくださいね!」←すばらしい発声に大きな瞳キラキラのさわやか笑顔付きただしくどいようですが昇天仕様

 もちろんまた観に来ます…ってか、遠征してきましたんで大阪6公演全部観ますとはいえませんでした……さすがに…恥ずかしくて…(泣笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.27

レ・ミゼラブル12.26昼

 お花の一件で気が動転して、芝居の話を全くしていないことに気がついた(笑)。

 せっかく最前だったので、役者ヲタらしくバルジャンチェックに終始しておこうと思ったんですけどね(笑)、最前って極端に視野が狭くなっちゃうんで、目の前に来た人につい目が行っちゃうんですよ。ワンディモアじゃ目の前の下水道蓋からでてくるテナ夫妻の生声しか聞こえないし(笑)、あと井村さんのタクトさばきとか(笑)。

 この遠征中、指揮はずっと井村さんです。塩田さんは来月なのかな。先月はマイフェアで毎週のようにお会いしてたので井村さんには親近感沸いてたり(笑)。
 せっかくなんでマエストロがどういう風に舞台とオケを合わせているかも観ておりました。石井バルジャンは独白シーンとかけっこう溜めるところがあるので、タイミング合わせるの難しいんじゃないかと。5月帝劇の時よりはまだ溜めてない気がするけど(笑)。

 やはり大阪でやっとお会いできた今ジャベール。感情が表に出てこないジャベ。砦で捕まってバルと目線があった時や、釈放された時ですらあからさまに動揺しない。人目がないときはしてるけど(笑)。
 多分これが本当のジャベなんだろうなぁ。砦でも学生たちのことを心から舐め切った目で見てますし(笑)。赤旗の上のアンジョの死体を見ても何の感慨もわかない様子。ちなみに岡ジャベは一瞬胸に手を当てて革命リーダーの死に対する哀悼の態度を見せるんですよね。岡ジャベにはそれが合う。

 岸アンジョ。グランテールとアイコンタクト、かなり頻繁にやってますね。なかなか濃いです。
 エポニーヌが死に瀕しているシーン、そのことにマリウス以外で一番最初に気付くのはグランです。彼は臆病であるからこそ「死をかけた革命」というものを妄信していない、普通の人間らしい目で「人間の生き死に」を見つめている。エポニーヌが死んだ時、もちろん自らが革命に殉じる覚悟も、仲間に犠牲がでることも知っているはずのアンジョルラスが、ハッとグランテールの方を見つめるんです。「これが死、なのか」と問いかけるように。

 Drink with Meで互いの目線がすれ違うシーンもせつなくて好きです。撃たれる直前だって、あんな風に手を握って見つめられたらグランじゃなくても酒瓶振りにバリケード駆け上がっちゃうかも(笑)。

 そういえば、25日昼にちょっとしたアクシデントが。ウェディングで、岸給仕がテナ妻の落っことしたスプーンを1本拾いはぐっちゃって。そのままほっとくとその後のダンスシーンで危ないのでなんとか拾い上げたいんだけど、ドレスに阻まれてままならない。ドレスの波をよけよけやっと拾い上げ、本来の立ち位置に戻るのにもドレスにふさがれて、苦労しながらステップ踏みつつ舞台奥を大回りして戻ってました。
 もちろん、普通なら気がつかない程度のことなんですが、石井FC席にいた私の周囲の方はおそらくコアなレミファンばかりなので(笑)、みんな気付いてくすくす笑ってました。

 それでは、第2回石岡対決に行って来まーす(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.26

初めてのお花ゲットは…

 一度でもご覧になった方はご存じかと思いますが、「レ・ミゼラブル」では恒例のお花投げというものがあります。
 カーテンコール中盤、劇場側で用意したたくさんのミニブーケが舞台上に投げ込まれ、それを拾った役者さんたちが、次に出てきた時に客席へ向けてお花を投げ返してくれるというもの。
 まぁ、ちっちゃくて軽いお花なので、普通は5~6列目くらいまで。気合い入れて遠投してくる役者さんでもせいぜい10列目くらいまでしか飛んでこないのですが。

 今までレミゼは両手両足の指のカズ…もとい数(をぃ>ATOK)じゃきかないほど観てますし、それこそ手を伸ばせば届くところに飛んできたことも何度もありましたが、こういうのはやっぱり本当に役者ファンな人が取るべきでしょーと思っていたので手を出したことなかったんですよ。今まではね。

ishii_flower  今日のマチネ、幸か不幸か最前列センターだったので、エピローグの余韻に浸りつつも「石井さんいつもすぐ目の前に落とすように投げてるよなぁ」などとぼんやり考えてたら、いつの間にか目の前に死にメイクなバルジャンがご降臨、手にしたお花をほいっと…拍手してる私の膝の上に。

 こ…ここここ、このお花もらうのがこんなに嬉しいことだとは思ってもみませんでしたぁ!(T_T) しかも石バルのお花。

 とりあえず経験豊富なこの道の先輩に「石井さんのお花もらっちゃいましたどうしたらよかですか!」と気が動転したメールを送り、外出の予定があったので一旦ホテルに戻って紙コップに活けときました。

 すると「ドライフラワーにして家宝にすべし。ホテルに戻って糸で通風口にぷらさげるか、LOFTで乾燥剤買って箱に入れとく。間違っても活けちゃだめ~」と返信が。

 間違ってました思いっきし。

 もう手遅れかもだけど、帰りに梅芸前のLOFTに寄って、乾燥剤と密閉容器を買い、ブーケをばらしてお花を入れてみました。お花もらってわたわたするなんて、まだまだレミゼ初心者だなぁ自分。

 # 梅田LOFTのINFOカウンターのおねーさんに
    
「すみません乾燥剤はど…」
    「3階です(即答)」 
同じこと1日何回言われてますか?
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ふゆやすみのしゅくだい

 なんで大阪滞在中なのに普段以上のペースで更新してるかというと、パソコン持参だからです。案の定というかなんというか、ちゃんと休暇取ってるのにいっぱい仕事抱えて遠征してます(笑)。
 こうなることを予期して、ちゃんと仕事できそうなホテル取りました。滞在中は何人かの友人に会うくらいで、観光はほぼ諦めてます…。

 こないだの忘年会で同僚の先生に「ホントに仕事好きだよねぇ…」と呆れられましたいわれました。ううっ…「仕事好き」というよりは単なる小心者なんだと思うよ。

 この遠征中、弱い心がくじけないように、1月4日までにこなさなくてはないない予定を公表してみようかと思います。

  1. 1月分配布献立表と工程表
  2. 教材研究(中1学活,中3保健,小4保健)
  3. 指導案修正(中1家庭,小5家庭)
  4. 危機管理マニュアル修正
  5. 3,4月分献立原案作成
  6. 給食週間用パネル作り
  7. 給食週間用ビデオ教材作り
  8. 学校保健委員会用プレゼン
  9. 町教育会発表用プレゼン
  10. 献立データベース修正
  11. 作業工程表データベース修正

 1は当然3学期早々に使うもの、2~4は年明けすぐの冬休み中にやる会議で使うので、これも絶対。
 5も、第一週の会議にかけるのでできれば、これも休み中に。6~9も1月中なんだよなぁ。10~11は今やっておければ後が楽…

 つか、冬休み一ヶ月くらいないと無理だろこれ…

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.12.25

レ・ミゼラブル12.25昼

 昨日は、石井バルジャンにヒギンズを追ってる自分に気付いて唖然としたものですが、今日は無事イギリスからフランスに戻ってこれました(笑)。考えてみたら、マイフェアの初日も石井ヒギンズにバルを追ってたよ。不器用な観客であります。

 今日は、自分的に見所がたくさんあり過ぎて、どこを中心に観ていいか悩むところですが、まずはやっぱり石岡対決でしょう。
 石岡の何が好きって、プライド高そうでお品のよろしい、挫折を知らなそうなエリート警官(?)っぽい岡ジャベールが、熱さと愛の溢れる魂の石井バルに影響されて、砦の辺りからどんどんぶっ壊れていくさま。下水道での対決はド迫力。己のアイデンティティが崩壊し自殺に至るところもとても説得力ある気がします。
 これが山口岡だったらどう変化するのか。ちょっと興味が沸いたので、予定外で山口バル日のチケットを買い足してみました。

 どうでもいいが、この二人相変わらずカテコでも仲良しで大変ほほえましいぞコンチクショー!(意味不明) 今月号の月ミューの対談記事にも大笑いしたけど。

 岸アンジョルラス。帝劇ではとうとう観られず終いだったので、今回初でした。
 確かに聞いてたとおり正しい戦隊物レッド系アンジョ。撃たれる直前にグランテールの手を握りしめて見つめ合うのもポイント高し。でもなんだろ…アンジョルラスにはやっぱりブルー系の孤高さも欲しいなと思う私。

 西浦コゼット。この公演よりアンサンブルから上がった方ですよね。ちょっとおっとりしたコゼットという感じ。
 うーん、残念ながら舞台の上でまだコゼットになり切れてない印象を受けてしまいました。とはいえ、歌の方は高音部分もきれいに歌えてるし(声量はもうひとつだけど)、ルックスもかわいいし、若い方なので芝居の今後に期待したいです。

 ついでに昨日のもちょびっと。やっぱり帝劇でお会いできなかったコングテナ。ううっ、迫力たっぷりの悪そうなテナルディエ(笑)。ルックスも日本人離れしてるし、なんか今まで見てきたテナルディエの誰ともキャラかぶってない感じ。

 一方、同じく今公演からの田中テナ妻。想像してたよりはふつーな感じかも。森クミさんほどギャグっぽくないし、瀬戸内さんより魔女っぽくない。特徴があんまりつかめなかった。

 これもどうでもいいことですが、この夫婦に石井バルが絡む宿屋の場面は、役者の顔がみんな濃くてなんだか日本国内のレミゼじゃないみたいです。リトルコゼットだけが純日本人。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.24

めりくり~

 と、いうわけで。やぁぁっってまいりました大阪!(←小田和正節。しまったクリスマスの約束まだ観てないや)

 別に豚まんやいか焼き食べにたわけじゃありません(食べるけど)。ただ今、大阪梅田芸術劇場で「レ・ミゼラブル」公演中でございます。本日石井バルジャン初日に合わせて遠征してまいりました。

 ここまで本格的な「遠征」は人生初です。今まで周りの演劇ヲタ演劇ファンの皆さんが、旧梅コマ行っただの、中日劇場一週間滞在しただの、日帰りで博多座行っただのという武勇伝を聞いては「みんなすごいなぁ、演劇ファンって大変だなぁ」と全く人ごとのように感心していたのですが、まさか自分が同じ泥沼にハマるなんて1年ほど前には思いもしませんでした。こんな大変なこと(お金,時間の工面)してたなんて…とほほー。

syasou  写真は、東海道新幹線の車窓から。名古屋~京都間だけピンポイントに別世界です。居眠りしてる間に上越新幹線に接続しちゃったのかと思ったよ。大阪はあんまり寒くないけど。

 んで、到着後早速初日を観てきたわけですが…相変わらず熱さほとばしるバルジャンでした。ただ…なんとゆーか、演じている役者さんより観てる私の方が思ってた以上にヒギンズを引きずってたみたいです。切り替えるのに頼む3日の猶予を~という感じ。

 明日は石井バル×岡ジャベ対決です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.12.22

Running Through

 えーとえーと、一ヶ月近く放置で失礼いたしました~。

 先月のマイフェアの余韻に浸る間もなく師走に突入、通常仕事以外に、この時期特有な報告書の束を片付け、町内の栄養職員未配置校の保健所宛て報告書作成を手伝い、給食週間の計画書を作り、学区内の小学校に出前授業をしに行き、頼まれてたデザイン関係の仕事をし、町内の地産地消と食育推進体制がそれぞれ少しずつ前進し、退職する同僚の送別旅行を企画して強行スケジュールで福岡へ飛んだら雪に降られ(笑)、その合間にジキル&ハイド観て、石井さんのソロライブ行ったりしていたらあっという間に3週間経ってました。

 深夜ふと我に返ると、頭の中で石井ヒギンズさんが「びっくりしたよっ!!」(←台詞)とかしゃべってたりしましたが(笑)、幸い過去を振り返る余裕すらない有様だったので、比較的病は軽く済んだのかも知れません。

 あまりに給食から離れたサイトと成り果てているので、とりあえず2学期末恒例行事食を2連チャンで。

touji2005 12月21日(水) 冬至行事食
ご飯 いかの柚庵焼き(ゆず風味)
かぼちゃのそぼろあんかけ(冬至定番)
豚汁 牛乳 ミルメーク

Xmas2005 12月22日(木)
2学期給食終了(あんまりおおっぴらには書かないけどクリスマスメニュー)
スパゲティナポリタン(赤を入れたいのでミートソースと毎年交互に)
フライドチキン(クリスマス定番) 角切り野菜のスープ
ケーキセレクト(いちごショート,チョコ,チーズケーキからひとつ) 牛乳

 睡眠不足続き&今日の忘年会明けのぼけた頭で更新しています。今日明日中にどうしても年内にやらなくちゃならないものだけ片づけて…行くのか、本当に行けるのか?大阪。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »