« 給食がうまくできなかった場合、責任は誰に? | トップページ | 給食がうまくできなかった場合、責任は誰に?(続き) »

2005.10.18

学習指導要領改定と国庫負担維持答申

 前回の記事、引きで終わってますが(^_^;今回は違う話。

健やかな体を育む教育の在り方に関する専門部会 これまでの審議の状況-すべての子どもたちが身に付けているべきミニマムとは?-

 ↑長い(笑)。
 中教審の7月現在の審議状況が載ってると聞いたのでチェック。次の学習指導要領改定時には、総則で食育を推進することが明確に打ち出されそうな雰囲気です。保健体育,保健の中にも、性教育と並び食育が今まで以上に大きな位置付けになってきそう。


 あと、こちらはちと苦手分野でうっかりしてましたが、こっちも大きな問題。

@nifty:NEWS@nifty:国庫負担維持の答申案決定(共同通信).

|

« 給食がうまくできなかった場合、責任は誰に? | トップページ | 給食がうまくできなかった場合、責任は誰に?(続き) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60376/6463556

この記事へのトラックバック一覧です: 学習指導要領改定と国庫負担維持答申:

« 給食がうまくできなかった場合、責任は誰に? | トップページ | 給食がうまくできなかった場合、責任は誰に?(続き) »