« ツナとヒスタミン中毒 | トップページ | そろそろ復帰 »

2005.09.28

給食室プチ改修後

 今日は、成人病検診で血を抜かれてきました。ここんところ不摂生続きなのでひでぇ結果がでる自信あるぞ…だめじゃん(^_^;

 前の記事に書いた、給食室プチ改修後の図面です。画像はクリックすると拡大します。
 改修前後で、午後の動線がかなり変わったことがお分かりいただけると思います。

●改修前
Before
【問題点】
・食品と器具の洗浄作業が、同じ場所,同じシンクで行われていた。
文部科学省「衛生管理の基準」では、食品と器具洗浄は別のシンクに分けるよう早急な対策が必要とされていました。
・ボイラーが老朽化しており、容量も少ないため、午後の洗浄終了まで給湯が持たない。冬は特に…油汚れが落ちないよぅ(T_T)

●改修後
After
【改善された点】
・食品用と器具洗浄用のシンクが完全に分けられ、シンクを介した二次汚染の防止が図られた。また、従来は午後の作業時も室内全面を使用していたが、洗浄スペースが明確になり、約1/3スペースでの運用が可能になった。
・ボイラーから給湯器に切り替えたことで、洗浄終了まで給湯が持たないということがなくなった。また、ボイラーの設置部分を洗浄スペースとして確保し、余裕を持って作業ができるようになった。

 この図面、わざわざ作ってた訳でもないのに遅くなってすみません。設備の新規導入にかこつけて(笑)古いシンク移設も含めた改修予算をゲットできたという事例でした。

 次は、それぞれの区分をもっと明確に仕切ることを考えていかなくちゃ…なんだけど、仕切るにはせまいんだよねぇ。

|

« ツナとヒスタミン中毒 | トップページ | そろそろ復帰 »

学校給食」カテゴリの記事

コメント

(・∀・)三連休のdoniが来ましたよ(おんぷ

でも、滅多にない3連休なのに、こういうときに限ってヒマで、思い切り引きこもっております。

ところでエコ・スクールって知ってる?学校に太陽光発電とか設備を付帯したら建築費に補助金が出るとかっていうやつ。

投稿: doni | 2005.10.08 21:36

 建物や敷地面積が大きい学校こそ、太陽光発電とか向いてると思うけど、後付け改修は補助がついたとしてもかなり莫大な予算がかかりそうなのがネックですね。
 今、耐震補強の方でせいいっぱいの状況なのかも。残念ながら。

 環境教育の方はまだまだ遅れてると思う…

投稿: くむ | 2005.10.08 22:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60376/6161928

この記事へのトラックバック一覧です: 給食室プチ改修後:

« ツナとヒスタミン中毒 | トップページ | そろそろ復帰 »