« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005年7月の9件の記事

2005.07.31

PTA奉仕作業で

 日曜日ですが学校です。女性チームは普通除草なのですが、給食室周辺もやっていただく都合上、男性チームの分担である側溝の泥さらいに。ばりばり力仕事(笑)。これでいつ台風がきても溢れなくて安心ね~。暑かったけど、午前中は日差しが強くなかったからあんまり日焼けしないで済みました。

 現場なくなって10日、久しぶりにかいた滝汗。やっぱり夏は汗かかなくちゃいかんなぁ。先週ずっと通ってた大学の講義室はたまげるほどクーラー効き過ぎててなんだか体調崩しちゃったよ。普段職場でクーラー馴れしてないからなぁ。あ、うちの職場は校長の方針で生徒が学校にいる間はクーラーつけないのです(^_^; ある意味クールビズの極限の形。

 お昼頃帰ってきたら、待ちに待った封筒が届いていて小躍りしながら開封。石井さんのQueenトリビュートライブ2rdの案内です。ただ今スカパーでライブもOA中♪ マイ・フェア・レディも楽しみだ~(*^_^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.26

なんちゃって大学生♪(笑)

 「学ぶことの楽しさ」というものは、学生時代には当たり前のこと過ぎて分からないものです。御多分に洩れず、私もいい年になってからそれに気付いたクチなんですが(笑)。

 ただ今、栄養教諭認定講習のため大学に通う毎日です。心置きなく勉強させてもらえるヨロコビとありがたさを噛みしめつつ…実際にはときどき携帯に学校から電話が入ってたりするんだけど(笑)…一日4コマみっちり講義を受けてます。
 今日の講義は現場叩き上げの教授だったので、よくある机上の空論感みたいなものもなく、講義内容もすごく面白かったわ。もっと聴きたい~勉強したい~。

 …あ。教諭になったら、ひょっとしてもしかして内留とかの道も開けるのかなぁ。半年とか一年とか、学校は代わりの方にお任せして勉強したり研究したり。いや実際は内留もかなり大変らしいんですが、それでもいつも現場抱えながら同時進行でやってることに、期間を区切って専念できるという状況には憧れてしまう。
 実際は、代わりの人が来たとしても半年も留守にしたら周りの栄養士仲間やうちの調理員さん達に怒られそうだけど(笑)。あと、当然優秀じゃないと出してもらえないか(笑)。

 教育概論の中で出てきて興味が沸いたので、発達心理学の本など買ってきました。今週はひたすら勉強です。AmazonからDVDソフトが送られてきたけど、見ない見ない(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.23

子どもたちは夏休みですが

 大人はもちろんお仕事です(笑)。今年は土日含めても3連休以上取れる日がなくて、夏の旅行は諦めムード。せめてと思い、プログのデザインだけでもバカンスモードにしてみましたさ~。既存のテンプレートなので、トップ画像に隠れてたサイト説明が出てきちゃいましたが気にしないでください(^_^;

chouriinken
 工事と同時進行でどうにも仕事が予定どおりに進まない中、昨日は町の調理員さんの研修会でした。栄養士配置校と未配置校の2会場に分かれて、研究授業方式の衛生管理現場学習会。実際に50食ずつ給食を作ってもらい(予算の都合で通常食数はムリ…笑)、その様子をみんなでチェックするものです。栄養士同士ではもう10年近くやっているものですが、全く同じことを調理員さんにやってもらって今回2回目。

 昨年は、何をしていいやら、どこを見ていいやらわかってない人が多かったんですが、今年はビックリです。ほとんどの人がちゃんと私たち栄養士と同じ視点で見られるようになってました。
 私はデジカメを持っていたので記録係も兼ねてたんですが、あっここは指摘しなくちゃ写真撮っとこ…と思って行くと必ず数人の調理員さんが同じところに気付いて見ていたりします。午後は、一箇所に集まって会場校ごとにグループで研究協議→発表となりましたが、こちらもかなりしっかりとしたものになってました。

 1年でこんなに劇的に変わるとは…正直エライことを始めてしまったもんだと昨年の段階では思ってましたが、苦労の甲斐が明らかにあったよ。すごいよみんな。期せずしてリーダー養成の効果もあったし。
 あとは、指摘する目を養えたからには「人の振り見て我が振り直す」ことが大事(笑)。同じ日に厨房機器メーカーの人を講師に機器メンテナンスの実地研修も行ったので、皆さんやることだらけの充実した夏休み期間になりそうです(←鬼)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.20

一学期終業式&給食終了

 本日終業式&給食終了です。お疲れ様みんな。そしてお疲れ様自分~(笑)。保存食期間2週間は心から安心できないけどさ、それでもま、ちょびっとホッ。
 最後の給食は、土用丑行事食のうな丼で〆。タレかけご飯系はんまいよね。うなぎのかば焼きもご飯もほとんど残りませんでした。

 うちの周辺の学校は、数年前から時数確保のため終業式と始業式も一日授業をやってます。したがって給食もあるし、式は午後から。給食の方はともかく、午後の終業式というのはなんとなくまだ慣れません。
 打ち上げ反省会は、先週のうちにやっちゃいました。中学校は明日から早速部活の地区予選大会が始まるので、今日とかに設定するとみんな飲めなくなっちゃうのです。

 昨日は学区内の小学校へ行ってきました。2年生の学級活動×2時間。例年どおりのネタだけど、もう少し練り直せばよかったなぁ。板書計画とか。
 しっかし行くたび思うんだけどやっぱり小学生かわいいわぁ(*^_^*) いつも生意気盛りの中学生相手なので、この素直な反応にはホント癒される感じ。まぁ四六時中いっしょにいれば大変なのも分かってるんだけどさ(^_^;
 今日、うちの女子生徒に「昨日小学校へ行った?」と聞かれました。妹がその小学校の2年生なので、夕食のときに授業の話になったそうだ。楽しかったって喜んでたよ~とお姉ちゃん。そんなこといわれたら逆に私の方が喜んださ(笑)。 家庭で話題にしてもらえたのも、こちらとしてはしてやったりという感じなわけです。食育草の根運動。

 さて、明日一日で諸帳簿全部やっつけて、明後日は調理員さんの研修会やって、週末は食生活アンケート集計して、来週からはなんちゃって大学生!(笑) 果たしてどこまで計画通りに進行できるのか(汗)。
 さらに今年は同時進行で給食室改修もあります。このご時世にまとまった予算を確保していただけて本当にありがたい。今まで業者さんと散々打ち合わせはしてきたけど、そんなわけで工事期間中ずっとは立ち合えないのでちと心配だ~(^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.17

小田和正ライブ&MOZART!

 ちょっと前の話になりますが、小田さんのライブに行ってまいりました。

 何やっても「最高齢」の冠がついてしまうあのお方です。小田さんとはもう中学生くらいからのお付き合い(笑)ですので、今更気分が高揚してとかは正直言ってないのですが…例えるなら暮れに初詣に行ったり盆に墓参りに行ったり、ドキドキはないけど大事にしていきたい習慣や行事というか、まぁそんな感じです。

 しかし、相変わらず完成度の高いライブでした。歌,バンド,音響舞台効果含めて一切妥協なし。恒例の歌詞トチりやピアノのミスタッチ→「ごめんもう一回!」ですら、演出として考えれば成功してる気がします(笑)。御年57歳とは思えないほどの声、そして動き。小田さんはまだ全然守りに入ってないよなー。いろんなリスクや新しいことに立ち向かう責めの姿勢に、なんかすごく勇気をもらった気がしました。

 ただ、週中のキッツい時期だったのでHPは限りなくゼロに近く、スタンディングでノリノリ~というわけにはいかんかったよ。出演者より体力ない観客(笑)。小田さん今度は是非週末でお願い…(^_^;

 そして、帝劇7,8月公演MOZART!です。あっきーファンの友人にとってもらったので中川ヴォルフ。

 自由を求めつつも、自分の才能の象徴(アマデ)によって次第に追い詰められていくヴォルフ。こんな深い心理劇だと思ってなかったので、ちょっとびっくり。観方によっていろいろ解釈変わりそうだし、もう一人の井上ヴォルフの方も観てみたくなりました。市村パパもよかった。吉野さんノリノリ。そしてアマデ(子役)、台詞が一言もない難しい役なのにすごくうまいです。アマデのためにもっぺん観にいってもいいかも(笑)。こんな子がいるならぜひガブローシュに(笑)。歌えるかどうか知らんけど。大体年上過ぎか?

 さて、これで手持ちのチケット、全部なくなりました。一年半ぶりくらいかな。寂しいものですがしかたがない。夏休み中、突発的に空いてチケが取れればなんか行くかもしれないけど(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.16

冷凍みかんのジンクス

 「給食で冷凍みかんがでる時は寒い」 …ってのが私のジンクスです(笑)。

 給食の献立というのは少なくとも2カ月~1カ月前には決まってるものですが、一応「この辺は梅雨の中休みで暑いだろう」とかいろいろ予測して献立を組んでるわけですよ。そうすると、冷凍みかんはいつも「外す」んですね(^_^; あと、超寒い日に冷しうどんとか当たってバットに入れた氷も溶けなかったとか(笑)。

 しかし、今年の気候にはいい意味で裏切られました。金曜日はちょっと暑くなりましたが、それでも生徒たちの食欲は特に落ちることもなくここまで来ています。一学期中は梅雨が明けないまま終わって欲しいな。

 でも、本来、梅雨時の気温ってこんなもんだったハズよね~。30度の日に「今日は涼しいね」とかいう台詞が出てた去年がやはり異常だったんだな。

 あの時の感覚で、7月中は香辛料と酸味を効かせた料理とか中華とか揚げ物とか麺類とか、メリハリとインパクト重視の献立にしてあったんです。通常より純粋な和食が少な目なのはホントはまずいんだろうけど…でも35度越えの教室でしみじみとした煮物やすまし汁やらおひたしやらは私でもちょっと無理だわ。給食室は当然もっと暑いので、みんなフラフラしながら仕事してました。

 さて、うちは終業式の日まで給食があるので現場はあと2日です。連休明けに小学校で2時間授業、夏休みに入ってすぐに町の調理員研修会も控えております。研究授業方式の現場学習会(栄養士がやってるのとほぼ同じ)に切り替えて2年目、今回は初めて栄養士配置校と未配置校の2会場に分けての開催です。うまくいきますかどうか。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005.07.10

保健所さんいらっしゃ~い♪

 5月から6月は感染症予防機動班のミナサマがお越しになる季節ですよー。

 旧・防疫パトロール、簡単に言うと保健所のガサ入れです(笑)。予告もなくいきなり来ます。もっとも、大阪の事件以降は部外者の立ち入りに配慮してくださって、30分くらい前には予告電話を入れてくれるようになりましたが。

 こちらの都合などおかまいなしなので、当日出張なんかで不在だと、1時間圏内くらいならまず呼び戻されます。具合が悪くて休暇を取っていても「なんとか出てこれないか」といわれたって話もききます(^_^;

 そんなわけでミナサマ、大変に厳しいです。基本的にあら捜しにきてるわけなので、最初から高圧的な説教モードです。例え、以前の指摘事項を必死の思いで改善してあったとしても別に誉めてくれることはありません(笑)。

 そしてご一行は必ずどこかしか指摘をしていきます。どう考えても現状じゃ不可能なことも改善事項に挙げてくれます。当然、こちらはそんなの百も承知でさんざん考えた上でこうなってるわけなので「うー…それでは具体的にどのようにすれば実際に運用可能でしょうか」と振ってみてもほとんど相談には乗ってくれません(笑)。

 でもまぁ、施設の不備など、指摘されたところは予算が付きやすいので、気付かずにいると引っ張っていって「ここ、まずいですよね~」といってあえて書いてもらうこともありますが(笑)。

 先週末、その時の指導票が送られてきたですよ。課長(町教委のね)が「直ちに改善策を報告書にまとめて出せ~」といってるので、今作ってますよ。

 下処理と調理で区分分けされてないうちの調理室内でシューズを履き替えるとなると、調理室内に下駄箱置くようになっちゃうか、食品の動線とシューズの履き替え場所がバッティングしちゃって別の危険が生じちゃうんだけどなぁ…(T_T) あと課長、来年は防虫防鼠の業務委託内容修正していただけますかぁ?(^_^;

 ところで、ご一行の中にアクセサリーをしたままの方がお1人。いくら調理するわけじゃないからといって調理場内では外していただきたかったなぁ。衛生検査票の個票まで書いてもらってから入室してるんだから気付いてくださいよぅ。とうとう最後までいえなかったヘタレな私です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.09

少なくとも全部の小学校に配置を

 本校学区内の栄養職員未配置小学校を1校、担当しています。担当、といっても兼務辞令などがでているわけではなく、本当に内々の取り決めによるものです。もちろんその分給与加算とか出てるわけではありません(笑)。

 ちょっと前の話になりますが、この小学校のPTA対象の講演をしてきました。といっても70名ほどのこじんまりとしたものでしたが。

 中規模小学校であるその学校、とにかく残食が多いんです。新興住宅地を抱えているとはいえ、田舎ですよ!? 単独校ですよ!? 小学校ですよ!? なのに常時3割4割は当たり前~と、どこかの家電安売り店のような有様。もちろん無理に食べさせろっていいたいわけじゃ絶対ないですが、それにしても多過ぎ…。

 2年前に現在の中学校に異動してきた時も、日々のあまりの残量の多さに大ショックを受けたものですが、その後、保健所に提出する報告書(未配置校の書類作成の補助をしているので私も全部目を通してるんです)を見て、原因の一端がわかりました。

 小学校からこんなに当たり前の習慣のように食べてないんじゃ、中学生になったって急に野菜とか魚とか食べられるわきゃないよなぁ…(-_-;)

 今回、いろいろありましたが、結果的に所属校の他にその小学校の分も特別非常勤講師の辞令をいただきました。小学校の方の授業も、昨年の2年学級活動1時間から、今年は3学年6時間と増えました。

 正直、自分でも既にいっぱいいっぱいの限界も越えてる気がするけど、それでも先方が望んでくださるなら何だってやろうと思う。元来が意地っ張りな性格なので「できません」というのが大嫌いなのね(笑)。

 でも、いくら必死でやったって、年に何回か行くくらいじゃ所詮「お客さん」。子どもたちと毎日顔をつき合わせて、実態を肌で感じて動くのとはやれることの次元が違う。

 教育の機会は決して均等じゃない。全部の学校に栄養職員を配置して欲しいと、ずっと昔から思ってきました。すべての栄養職員が、未配置校や教育委員会業務や他所の心配ばかりにエネルギーを取られず、ただ自分の学校の子ども達のことに専念できる状況が理想でした。

 中学生になってからじゃ遅過ぎる。少なくても全部の小学校に配置の道が開かないかなぁ。

 教諭制になれば…それでいつかひとりでも多くの仲間が増えるなら…わざわざ己を追い詰めるような、それこそ仕事ばかり増える苦しい道を支持した一番の理由はそれ。私の場合はね。

 月末から認定講習が始まります。「栄養教諭になったって今までとなんにも変わらないじゃないか」といわれないように頑張ろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.07.03

格闘レ・ミゼラブル

ArmJoe

 某ミクで、レミゼの格ゲー作ってる方が紹介されていたので早速DL。

 ゲーム画面と必殺技で大笑い。ちょこっとだけやってみたけど、バルジャンに負けました(笑)。うちジョイスティックないんだよね(^_^;

 あと、バルの必殺技に「呪いの黄色い紙切れ」とか「暴走馬車返し」とか「リトコゼ大車輪」とか「怒りの回転椅子乗せ」とか「バズーカワンディモア」とか「焼印大解放24653」とか入れてください(笑)。 違う~それは~違う~♪

| | コメント (3) | トラックバック (1)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »