« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005年3月の23件の記事

2005.03.31

Yahoo! JAPANに掲載されました

 クサってばかりもいられないので、いくつか嬉しかった話を。

 先日、Yahoo! JAPANの給食カテゴリに掲載していただきました。休止前の旧サイトの頃は全く相手にしてもらえなかったので(笑)こんなにアッサリ載っちゃって逆にビックリです。

 さすがYahoo!の威力、以前より多くの方にご覧いただいているようで、励みになります。
 ヤフーからいらした皆さんはじめまして。まだ内容薄いサイトですが、よろしければまだお立ち寄りください。

 ところで、このココログには簡単なアクセス解析機能がついておりまして…といっても、どの記事がよく読まれているかとか検索キーワードが分かる程度で、閲覧者のプライバシーにかかわるような情報は一切分かりませんのでご安心ください。
 それで、とにかく今まで分かっていたことは「きょうの給食」を見ている方はほとんどいないということだったんですが(苦笑)。

 それがここ一週間で、本家ブログの数倍のアクセスがあるようになってしまいました。給食画像って案外ニーズのあるものだったんですね(^_^; ただ、Yahooサーファーによる掲載コメントが

 みるぽわWEB - 現役栄養士による学校給食と食に関する話題のウェブログ。画像による「今日の給食」の紹介も。

 原因はこれか~。しかし、当方では給食画像云々は一言も申告してませんし(苦笑)。やはり、これがメインコンテンツと思われたってことでしょうかね(^_^;

 一応、関係者向けに運営している(つもりの)サイトなので、給食画像の公開は以前にも書いたとおり「己への戒め」以上の意味はなく、コンテンツとしてはあまり重要視してなかったのですが、4月以降も細々と続けようかなと思います。

 さっきや~っと今年度の仕事がほぼ終わりました(のろま)。寝不足モードのまま明日は送別会です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.30

特別非常勤講師

 関係者以外には分からない話だと思うので読み飛ばしてください。
 
 
 
 
 
 
 本県での学校栄養職員の特別非常勤講師辞令発令状況は約50パーセント。2年前に本校に異動してきた時、町内での発令前歴はゼロでした。

 話はまた振り出しから、どうして学校栄養職員に対してこういう制度があるか、私達が発令を要望するのはなぜかというところから、始まりました。2年間、必死で現場対策と授業を両立して、栄養職員未配置校にも指導に行って、町教委を説得できる程度には実績を築いてきたつもりでした。

 今日、出張先の他校の職員室で電話をお借りして、町教委と別件で話していたら、たまたま指導主事より「来年度から辞令を発令する」というお話をいただきました。ただし、一年間通してではなく、授業をする期間だけ限定の短期間の発令で。

 …そのまま30分ほど話しました。出張先の他校の職員室でお借りした電話で。5時回っていたのでそこの先生は2人くらいしかいなかったけど。自分でもテンション上がってるのわかったけど、でも止まんなかった。話さずにいられなかった。

 「本当なら一年間どころかずっと継続的にやっていかなきゃ、効果なんて上がらないんじゃないんですか?」

 「私達は複数校の兼務辞令など出ていなくても、未配置校に献立を回している以上、献立内容と連動した指導も行うべきだし、それができるのは私達しかいない。現状では何の根拠すらなく単なる使命感だけで他校の面倒を見ているのが実情なんです。現状の動き難さを何とかするためにも、その辺りをきちんと対応できる根拠としてでも発令していただけないんですか?」

 挙げ句の果てに
「一回だけ行って授業やってくれば後はどうでもいいってことなんですか?教育ってそういうものなんですか!?」

 ………………何いってんだ自分、相手は指導主事だぞ。

 先方の立場もわかるし、その指導主事は実はとってもいい人なの。恨みはないんです。だけど、子ども達のために必要なことをやろうとしているのがどうしてダメなのか…。

 本校なんか、毎年新入生の7割が栄養職員未配置校から上がってくるんですよ。
 給食なんてただ昼飯が出てくる程度の認識しかなくて、食に対する意識などほとんどないに等しくて、6群どころか3群分けすらできない、家庭はもちろん、学校教育で食に関する指導なんて全く受けずに、6年間それが当たり前だと思ってきた子ども達。

 そういう素地の全くない子達に中学校に来て初めて「食育」なんて言い出しても限界があるんです。

 一年間通しの辞令があれば教育実習の単位に振り替えることができるのは知ってますが、正直もうそんなのどうでもよくなっちゃいました。大体、今までとこれからの苦難を考えたら教育実習いっちゃった方がおそらくラクです。

 #一番悪いのは、話をハッキリ通さない県教育委員会


 しばらくしたらここ、消すかも(ノ_・。)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.03.29

BSE全頭検査緩和を容認

 仕事たまってて今日は更新するつもりなかったんだけどこれだけは~(^_^;

BSE全頭検査緩和を容認 専門調査会

 実際のリスクレベルと検査精度を考えると国内の全頭検査廃止には同意なんですが、アメリカからの圧力に屈するみたいなのはいやだな~。
 今後たとえ米国産牛輸入が再開されても、アメリカ国内できちんとした対策を講じてくれない限り、学校給食への直接的な使用はありえないだろうと。っていうか、今までも学校給食に使われるのは国産牛かオージーで、米国産牛はまず使われてなかったと思うけど。

 ただ問題は、加工品なのよね。現在も牛由来品を使ったものは基本的にはじいてますが、正確なところは調べようがないので、メーカーさんのいうことを信じるしかなくて。

 あと、学校給食におけるリスクコミュニケーションは非常に難しいです。「食べない」もしくは「別のものを選択する」ということが基本的に困難ですし、そもそもコミュニケーションの相手は実際に食べる人(子ども)というよりは保護者ですし。

 結局は、牛肉そのものは使わないか、もしくは検査済みの牛を高くても使うことになるか(当然3年後には検査費用が商品価格にのっかってくるのでしょう)どちらかに流れていく気がします…。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2005.03.26

【フリー素材集】に食器具カット

 【フリー素材集】に食器具イラストページを追加しました。適当なサイズにして配膳図などにご利用ください。

 何でこんな忙しい時期に呑気に画像なんて作っているかというと、次年度から、町内の栄養士未配置校(すべて小学校)全校に、配膳図を作って配布するということになったからです。

 中学校じゃ必要ないんだけどね(笑)。

 でも、こういう毎月のように作成しなくちゃならない資料なんかについては小学校配置の栄養士(2名だけ)の負担がどうしても大きくなっちゃうので、せめて画像の協力はしようと思いまして…。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005.03.25

【フリー素材集】に厨房機器カット

 5年前にサイトを開設した時はこの辺りがメインコンテンツになる予定だったのに、ずっと頓挫してました(^_^; いやそれどころか数年サイト閉鎖してたわけですが(^_^;;; ここらで初心に返ってやってみます。

 給食指導などに自由にお使いいただけるフリー素材です。透過加工済み。今週中に食器具まではアップする予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.24

【情報リンク】にいくつか追加

 食育基本法案(衆議院),健康増進法,健康日本21へのリンクを追加しました。食育基本法通ってたら、次年度の年計に盛り込もうと思ってたんだけど…。

 終業式も終わり、年度末ラストスパートです。うう、がんばろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.21

肥満を防ぐたんぱく質

肥満防ぐたんぱく質…やせ薬開発や糖尿病改善も

 とうとうできるかも夢のやせ薬!?(^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本版スーパーサイズ・ミー

30日間マクドナルド生活

 以前紹介したスーパーサイズ・ミーをホントにやってる方がいました(^_^; 見てるだけで胸焼けするページ。その勇気と熱意に拍手。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.20

フードプラネット

 先月放送のフードプラネット、やっとみました。4回放送にしてはアプローチが広過ぎてちょっととりとめない印象でしたが、いくつか興味深いお話もありました。

 フランスの味覚教育のことやってましたね。あちらは食文化を大切にするお国柄、子どもたちの味覚教育はだいぶ前から熱心に行われていて、3ツ星級のシェフも熱心に指導に参加しているという話はよく聞きます。
 日本でも三國清三シェフが提唱して各地でキッズシェフという活動を行っていますよね。三國さんといえばどうも厨房で怒鳴り散らして弟子を蹴っ飛ばしてるイメージしかなかったのですが(笑)、あれだけの技術と知名度を持ちながらこういう草の根的な活動をしていらっしゃることには素直に尊敬の気持ちです。
 決まったものばかり口にしている現代の子ども達、早い段階でいろいろな味を意識させることにより、幅広い食物のおいしさを味わうことのできる能力を身につけて欲しいですね。

 あと、松井選手の「まごわやさしい」を心がける話。これ生徒達にも見せたいなぁ。この言い回し自体はけっこうよく使われているんだけど、松井選手の口から出ると説得力が違うような(笑)。

 #ちなみにそれぞれの意味は以下のとおり。

   ま …豆(大豆)
   ご …ごま
   わ …わかめ(海藻)
   や …野菜
   さ …魚
   し …しいたけ(きのこ類)
   い …いも類

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005.03.19

教育長の暴言

「宇土市の給食ではエサ食べている」

 知り合いからのタレコミ記事(^_^;

 これが仮にも教育長の発言だって言うんだから、事実なら驚きです。子ども達への影響とか、全く考えなかったんでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小田和正アリーナツアー

小田和正 最年長アリーナツアーだ

 このところ何をやっても「史上最年長で~」という冠がつけられてしまう(笑)小田さん、3年ぶりの全国ツアーです。
 小田さんファンはツアーの度に「これが最後かも知れないし…」と思いながらチケ取りに励むのですが、このところのご本人の動向からして今回こそ人生最後のツアーになりそうな感じです。 テレビの方は、昨年のTBS月曜組曲でやり尽くした感があるみたいだしなー。

 今回は変則的でチケ発売も何段階かに分けてるみたいですが、FC先行で一応1回分はキープできたようで一安心。日程的に遠征までは無理そうだ…。秋にまた東京に戻ってくるみたいだし、よしとしなければ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.03.16

落選作品に日の目を

fruit

 パソコン買い替えに向けてハードディスクを整理していたらこんなものが。去年の今頃作品募集がかかって会長に描かされた描いた果物消費推進ポスターです。落選作品です(笑)。結局誰にも見せてないんでサイトに上げてみよう。

 後になって、ポスター化された入選作品を見せていただいて思いましたね。

 いくら中学生対象だからってこれじゃやたら漫画漫画し過ぎ! さらにハデ過ぎ!
 つか根本的に先方様のニーズ外し過ぎ!(爆)

 …いや描いてるうちからなんか違うんじゃないかなーとうすうすは…。

 #参加賞にトランプ2組もらいましたヽ(^o^;)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.15

1000円モス登場

千円の高級バーガー登場 モス、こだわり素材10種で

 ますます激しくなるバーガーの価格差。50円から1000円まで(笑)。あっ、今は50円の方はやってないか。
 いいんじゃないでしょうかねぇ。ハンバーガーといえばよくない食べ物の代名詞のように言われがちですが、私はハンバーガー自体というよりは、作り方(粗悪な材料)と食べ方(偏った食べ方)が問題なんだと思ってますので…。
 特選しょうゆとみそを組み合わせて作った和風デミグラスソースっていうのがが気になりますね。ちょっと前に出たアボカド入りの高級バーガーもいっぺんくらい食べてみたいなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ほとんど全員が「食育」教育を肯定

100%近くが食育必要 幼児から始めるが60%

 ネット上でのアンケートといえば、以前ほどではないにせよある程度「パソコンを利用する世代」という限定された対象となるんじゃないかと思いますが、それでもこんなに高い数字が出るとはちょっと意外な感じもします。
 ほとんどの人が大切だと思っていても、具体的に何ができるのか…そんなところでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.14

【サイト内コンテンツ】にアイロンプリントでエプロン使い分け

 こういうの需要があるのかなー。PDFに変換するだけの手間なので、反響によっては追加でいろいろ上げてみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.12

ホテレス&フードケータリングショー&厨房機器展

 前にもちらっと書きましたが、金曜の最終日にビッグサイトへ行ってきました。昨年は知り合いの業者さんに捕まりまくったり真面目に商談とかしてたらぜんぜん回りきれずに終わってしまったので、今回は早起きして会場と同時に入場、閉会ギリまで粘って一通り全部見てきたぞー。

 気になったものをいくつか紹介しますね。

・ラショナルのスチコン
 去年、デモンストレーションに貼りついて見てたのがコレ。
 民間委託やパート職員の割合が年々上がり、せっかく鍛え上げても給与待遇が悪いのでアッサリやめられてしまったり(T_T)、だんだん調理員の技術と経験だけにばかり頼れなくなってきたのが現状の厳しさなのですが、このスチコンはそういった技術的な部分をスチコン自身がカバーしてくれる賢い機械。(それもどうなのかとは思うけどね…)
 焼き物や蒸し物だけでなく揚げない揚げ物もできるし、温野菜も直接ボイルするより味と香りが段違いだし、煮物や煮魚も崩さずに調理できるし、ホテルパンが入るのでそのままクラス配缶でき、より喫食直前の調理が可能かと。とにかく「できること」の幅がグンと広がるのは確実。
 ただ、今年のデモでは炊き込みご飯もやってたんですが、こちらはイマイチ…やらなかった方がよかったかもですよラショナルさん(^_^;
 →RATIONAL Japan

・クイジナートのフープロ
 昨年、ポリカ製じゃないヤツはないのかーと思ってたらありましたアッサリと。のぞき穴の蓋の一部以外はステンレス製なので、バラして保管庫収納可能。一番の用途はミートソースとかの玉ねぎみじん切りなんだけど、肉や魚をペーストにしたり、あと地場産落花生の活用を考えているのでナッツ類の粉砕ができるのもありがたいです。
 →Cuisinart

・電解次亜水生成装置
 電解水生成機器は何社か出してましたが、同じ価格帯でも毎分当たりの生成能力に差がありそうですね。次亜塩素酸Na消毒に比べると、消毒時間が圧倒的に短時間で済み、消毒効果が高いのと残留臭がないのが特徴。
 ああ、これでトマトやいちごやレタスを洗って生野菜を出したいよぅ…。

シリコーン製オーブンミット
 既存の消防士みたいなオーブンミトンはたっかい上に洗えなくて不衛生。これ、どこでも困ってるんじゃないかと思います。うちは仕方なく100均ミトン(数回洗って使い捨て)に軍手重ねて使ってたりしましたが、二枚重ねなので都度はめ直すのが面倒なのが難点。そしたらこんな優れものが。丸洗いできるのはもちろん、熱湯どころか揚げ油にも手を突っ込めるそうですよ(笑)。
 ちょっと割高になるけど東急ハンズでも取り扱っているそうです。聞くところによると、知り合いの栄養士は地方からハンズまでわざわざ探しに行ってゲットしたとか。
 →KITCHEN ZOO

・ブルーバンテージ
 青い色のついた絆創膏。かなりはっきりとした色です。通常、異物混入対策に青い手袋とかは使ってますが(万が一穴が空いても破片を見つけやすいから)、直接食品に触れることはないとはいえ絆創膏も青ければもっと安全性が高くなります。何より、特殊なものをを使っていれば異物混入の時に原因究明の手がかりになりますよね。
 →ミドリ安全

 その他にも、食物アレルギー対策にサバ抜き混合ぶしとか、精度の高い非接触型温度計とか、いろいろ収穫のあった有意義な一日でした。でも疲れたよ~。来年は幕張のFOODEXの方も行きたいなぁ(2日も行けるのか…)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.11

印刷して食べられるメニュー

 ニュースリーダーにこんな記事がひっかかって来ましたよ。

印刷して食べられるメニュー(スラッシュドット ジャパン)

 ただ「食べさせればいい」的な食事なら、未来の給食は紙一枚に食器や料理の絵が描いてあって、味だけでなく、食材に合わせた栄養素も添加、後片付けの手間もなく、お手軽に♪

 ……ああやだやだ(-_-;)

 だいたい、例え味があっても、おいしそうなにおいがしても食感だけは紙じゃ再現できないよねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.10

最後の給食と

Recipe

 明日は卒業式。ということで、3年生にとっては今日が最後の給食です。お祝い献立(→きょうの献立参照)といっしょにこの本を贈りました。給食のレシピ本です。(これのせいで先月末シュラ場ってたのです(^_^;)
 保健や図書は健康のたよりや読書の記録という「残るもの」があるけど、給食は何もないのよねぇ…というわけで今年はちとがんばってみたさ~。君たちには本当に苦労させられたけど、ちょびっとは思いが伝わるといいなぁ。

 しかし…こう印刷上がってみると、相変わらず多色刷りのセンスないなぁ自分…(T_T) なんでピンク地(クリームに見えるけど実はピンク)に赤と緑なんてミョ~な指定したんだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.09

ポテチとアクリルアミド

ポテトチップスなどの含有成分に「有害の恐れ」

 これ、話題になったのって結構前だったよなーと思って比べたら、3年前でした。

加工食品中アクリルアミドに関するQ&A( 厚生労働省)

 1回に食べる量としてのリスクは、やはりポテトチップスやフライドポテトが最強みたいです。そういうのは給食ではほとんど出さないけど、考えてみれば大学いもとかの一部の料理でいも類を揚げる工程が入るものがありますね。

 あ、「炭水化物を多く含む食品を揚げる料理」といえば、揚げパンとかもなのか…?(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.08

1日でも滞在したら献血できません

英仏1日滞在で献血禁止 厚労省、80-96年対象に

 今後は、フランス,イギリスに1日でも滞在した人は献血できなくなるそうです。かなり厳しい処置ではありますが、全頭検査と同じで、当面の国内感染不安を解消するにはそういう対処をするしかないんでしょうね。
 しかし、25~9年前くらいっていうことは、今一線級のフレンチシェフはほとんど皆さん該当しちゃうわけですか。「包丁を使う仕事をしているからにはいつ何時お世話になるか分からないんだから献血はやっとけ」と、学生時代はずいぶん指導を受けたものですけどねぇ(^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.07

CSI:科学捜査班にハマり中

 HDDレコをゲットして、ようやく戻ってきたテレビ生活。おかげでハマり物がまたひとつ増えてしまいました。

CSI:科学捜査班-オフィシャルサイト

 地上波ではラスベガス編セカンドシーズンが先週放送終了。週3本ペースでオンエアされていたので、追いつくのが大変でしたけど、今日ようやく最後まで見終わりました。

 殺人捜査、直接容疑者を取り調べて逮捕もしちゃうカッコいい鑑識、CSIの活躍を描くドラマ…というとチープな感じですが、とにかく話がおもしろいのと、登場人物それぞれのキャラクターが立っていてハマり要素は十分。フケ専オヤジスキーの私はもう当然のように昆虫マニアでマダガスカルナキゴキブリが恋人の変人で偉人名言諺語りでおまけにワーカホリックの主任、グリッソム萌えです(笑)。
 外国ドラマにこんなにはまったのはナイトライダー以来だわ。そもそも、CSIを観始めた理由がグリッソム役の声優さんがナイトライダーのKITTと同じ野島昭生さんだったという理由なのですが(笑)。

 現在本国ではベガス編が第5シーズンオンエア中、マイアミ編やNY編も製作されているそうで、もう当分は付き合う覚悟です。DVD-BOXも注文しちゃったよ。ナイトライダーのファーストシーズンもまだ見終わってないくせに。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.03.06

朝食と学力の関係は…

 これはちょっと前の記事なんですが、いろんなところで話題に上っているので。まずはリンク先の記事をご覧ください。

<生活学力調査>朝食食べる子供は食べない子より正答率高い

 朝食欠食と成績とを直接的にクロスさせた調査自体はめずらしいにしろ、この記事はイカニモ私たちがよくやってしまいがちな落とし穴なのでは。私たち食育関係者は、子ども達にとにかく朝食を食べさせたいので(苦笑)、最初からそういう結果がでるのを期待しての調査なんですよね。朝食を食べるという行為が、生活リズムを整える第一歩という考え方が根本にありますし、不定愁訴との因果関係も確実にあることを経験として知っていますから。

 まず、朝食を食べない子が1%程度というのは、おそらく食事内容にまでは突っ込んで調査していないと思います。これが、ご飯に焼魚,味噌汁とか、パンに目玉焼きにサラダ…のように、主食・主菜・副菜と揃えてある程度食事としての体裁が整った朝食を摂っているかという質問だったら…何年か前に自分が小学生対象に調べたときは5割を切っていました。ご飯に味噌汁や、シリアルに牛乳はまだいい方で、菓子パン1個だけ、ふりかけご飯だけでも「朝食」でした。この辺の定義付けが曖昧なのはちょっと弱い感じ。

 あと、調査対象も2160人じゃ少な過ぎるのでは。欠食者0.8~1.4%じゃ20人ちょいくらい!? 統計学には詳しくないですが、欠食者との比較をメインにした調査なら、そちらのサンプルがもう一桁はないと説得力に欠けます。これじゃ○る○る大辞典とかの被験者数名で結論出しちゃってる調査と大差ないですよね。

 個人的には朝食と学力の関係、直接的にもあると思います。実際、朝食は体温を上げて体を目覚めさせて授業にも集中できて云々…という話もしょっちゅうしてます(笑)。だからすごーく気持ちはわかるんですけど、この調査結果でもってこういう結論を出してしまったとしたらいかがなものかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.05

【きょうの給食】に献立画像たくさん

 先週末は上司の退職旅行で温泉に行ってました。…疲れた。多分気疲れ。おかげで土曜の夜にNHKでやっていた食育番組を見逃してしまいました。部屋ではみんな裏の韓流ドラマを見てるしなー(笑)。

 あんまり見ている人もいないような気がする【きょうの給食】ですが、いつの間にかココログが容量倍増サービスに踏み切ってくれたので、せっかくとばかりに2週間分くらい一気にアップしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »