« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

2005年2月の15件の記事

2005.02.26

【サイト内コンテンツ】にExcelで作業動線図

 ひとつ、仕事が終わった~ヽ(^o^)ノ さぁ今日は布団で寝るぞ(笑)。

 シュラ場明け記念に発掘品をアップ。
 Excelで作業動線図、というか給食室の図面を引いてみようという企画。あんまり親切に作ってないのですが、もしよろしかったらお試しください。仲間内では結構好評でした。
 動線図以外でも、データで図面を引いておくと、後できっといろいろいいことがありますよ(^_^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.02.21

フードプラネット

 仕事がいろいろ溜まってます~ああ胃が痛い。

 今日から4夜連続でこんな番組がオンエアされるようです。ちぇきら!

 地球45億年の奇跡II フードプラネット 食べる惑星 ~みんな地球を食べて生きてきた~

 今日はこの辺で。仕事しよ(^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.18

謎の食べもの

buriko これ、なんだと思います?

 ハタハタの卵、「ぶりこ」です。先日、青森のお土産でいただいたんですが、一番有名なのはハタハタだけに秋田みたいですね。
 味はというと、生臭みの全くないイクラという感じでもんのすごくうまいっすー。ただ、皮の部分はゴムみたいに固くて、噛んでる最中も口の中ではぜて痛いくらい(^_^; もちろん食べられないので、中身を全部味わったらはき出して捨てます。おいしいとこだけ味わったら捨てるなんてガムのよう。

 …で、不思議に思ったんですが、ハタハタの赤ちゃんはこんな卵からどうやって孵化するんでしょう(^_^; いやその前にどうやって受精してるんだろう。謎です。

今年も「ぶりこ」がやってきた!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.16

さよならパソコン通信

ニフティ、ついにパソコン通信の歴史に幕。ワープロ・パソコン通信サービスを終了

 パソコン通信は、自分でももうずいぶん前からやらなくなってしまっていたんですが、それでも無くなってしまうとなるとなんとなく寂しいものがありますね。母校の廃校が決まった、そんな感じかな。

 私が昔で言うニフティサーブに入会したのは確か95年の秋。まだ当時はいわゆるいっちょんちょんモデム(14400bps)でダイヤルアップ接続というヤツでした。NTTのテレホーダイという電話料金定額サービスが夜11時からだったので、11時を回ると急激にネットワークが重くなったり(^_^;
 そもそも自宅にパソコンがあること自体がまだ一般的ではなかった時代なので、女のくせにパソ通やってるなんて知れたら間違いなくパソコンオタク確定(笑)。 かなり後々まで周囲の人に秘密にしていたっけ。でも、テキストだけのネットコミュニケーションは楽しかったなぁ。(←年寄り)

 いつの間にかインターネットが普及し、誰でもメールのやりとりが当たり前のことになり。そんな偏見なんてはなから存在していなかったんじゃと思ったりするくらいの今日この頃。この先どんな方向に向かうのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.13

オペラ座の怪人&デモクラシー&人体の不思議展

 えと、白状します。

 今まで「月1観劇」とかいってましたが、実はマチソワ(演劇ファン用語で昼公演夜公演とはしごすること)は1回にカウントしてました(^_^; あと、観劇ツアー(泊りがけで遠征し、もちろん複数回観劇すること)も1回にカウントしてました(^_^;;

 というワケで、この連休は土曜日に今映画がヒット中のオペラ座の怪人、日曜日にデモクラシーを観てきました。

 オペラ座~は、今更ストーリーの説明は必要ないでしょう。友達も映画でハマりまくってます。さすが四季らしくセットや衣装は豪華だし、曲やバレエシーンなんかもステキだし、一度は観ておいて損のない舞台かと。
 自分的にはファントムにもう少し感情移入できるかと思ったんだけど…方向を誤ったクリスティーヌへの愛情がストーカー化した時の狂気っぷりが思ったよりぐっとこなかったかな。

 デモクラシーは、旧西ドイツ首相の個人秘書が実は東側のスパイだったという実話を元にしたストレートプレイ。スーツ姿の10人の役者が競演する舞台はとってもカッコよくて話も面白いんだけど、いかんせん…難しい(^_^;
 特に、台詞に出てくる役名と顔が一致しないところが何箇所かあって、ストーリーを追いながら人物相関図を見たくなるくらいの混乱気味。
 あと、さすがに1970年代のあの辺りの記憶はリアルで持ち合わせていないので、もう少しドイツ史を予習しておけばよかったと後悔。来月もう一回チケットとってあるので、その時はもう少し理解が進むかなぁ。 

 あと、観劇の合間にこれも前から見たかった人体の不思議展に行ってきました。すべてホンモノの人体標本の数々を、小学生くらいの子ども達が目を真ん丸くして真剣に見ていたのが印象的でした。体のしくみに興味を持つことは、健康や命の大切さを考えることにも繋がりますよね。
 解剖学の教科書代わりの資料本もゲットしてきました。東京国際フォーラムで2/28まで延長公開だそうです。

 さー遊んだ遊んだ!これで明日から春休みまでもう全部週末仕事になりそうな気配ですが、悔いはないっす(^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.11

牛耳票付け替えと牛丼祭り

牛血統偽装に懲役3年求刑 「BSEまん延も」と検察

 この元町議さんはシステムの存在自体が無効になる非常に悪質な行為という自覚がなかったんでしょうか。どうも町議さんの本業には経験上あまりいい印象が持てないでいるのですが、また自分内ではイメージダウンです…。もちろんまっとうな商売をされている方もたくさんいらっしゃるのでしょうけど。
 気軽にこんなことされたら真面目に取り組んでいる業界の皆さん的にもたまったもんじゃないでしょう。見せしめの意味で重刑を望みたいところです…。

 かたや一年ぶりの牛丼復活で、吉牛ファンはお祭り状態のようです。

牛丼、1年ぶり復活=150万食限定にファンの列―吉野家

 あー、まだどこかに隠し在庫があったということですね(^_^;
 狙い通りお客さんが押しよせて米国牛輸入再開のキャンペーン効果はばっちりという感じ。一年前の最後の牛丼騒ぎの時にそこまで考えて在庫調整していたんでしょうから、さすが大企業だなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.10

レバ刺しにカンピロバクター

 確かO157の時も槍玉に挙げられていたレバ刺し、今度はカンピロバクターでクロ確定のようです。

「レバ刺し」食中毒のおそれ、厚労省HPで注意促す

 胆汁からの検出確率1/4ということで結構な高確率。牡蠣といい、何だかどんどん食べられる生ものがなくなってきます(泣)。
 カンピロバクターというば、10年くらい前までは学校給食関係者が最も恐れる食中毒原因菌だったわけですが、加熱調理と二次汚染防止対策が徹底された現在では、あまり話題にのぼらなくなっています。今の流行りは何といってもノロウィルスだもんな(^_^;

牛レバーによるカンピロバクター食中毒予防について(厚生労働省)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【マイフォト】に きょうの給食 

 右のサイドバーに、不定期更新で給食画像を掲載します。今まであんまり公開したくなかったのには理由があって…うちの学校仕切り皿使用なんですよ(T_T) このいかにも給食提供側だけの都合しか考えられていない給食ちっくな仕切り皿に教育的効果も配慮も何もあったもんじゃなく…私、大嫌いです(T_T)(T_T) ああいつか入れ替えるチャンスが来ますように…。

 肝心の献立内容もまだまだ発展途上でお恥ずかしい限りですが、スタッフみんなで毎日頑張って質の向上に努めておりますので、ここらで己に気合を入れる意味も込めて公開します。少なくとも前任校のレベルまで早く持っていけるといいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.09

KURAU のサントラ聴いてます

 ある日テレビから流れてきた、妙に心が揺さぶられるメロディ。それは、普段ならまず見ないであろう深夜アニメ“KURAU”からのものでした。
 アニメの劇伴とは思えないような美しいメロディラインに、これ誰が音楽やってるんだろうと思って調べたら、 S.E.N.S の勝木ゆかりさんと知って納得。

 S.E.N.S(センス)は、インストゥルメンタルでは有名なアーティストで、よく癒し系コンピアルバムとかに曲が入ってたり、ドラマサントラでいうと「神様、もう少しだけ」「二千年の恋」、もっと古いのだと「振り返れば奴がいる」なんかの音楽を手がけています。
 私が好きになったのは「あすなろ白書」のレクイエム~行ってしまった朝という曲がきっかけ。もっとも「あすなろ白書」自体はまったく見てないんですが(笑)、ドラマとまた別のところで出会ったこの曲にはいろいろな思い出があって、今聞いても涙ぐんでしまいます。

 ところでこのアニメ、シリーズ後半の何話かはHDDレコもあったんで結構見てたんだけど、前半部分を見ていなかったせいで、結局最後までよく意味わかんないまま終わってしまいました。絵もきれいだし、ちゃんと最初から見ておけば結構面白そうだったのにな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.07

花粉症患者に朗報!?

 「観測史上1,2を争う」だの「去年の30倍」だの、聞いてるだけで鼻がむずっかゆくなってくる私は、キャリア15年の年季の入った花粉症患者なのですが(苦笑)、この度このようなモノが開発されたそうで。

農水省、花粉症緩和のコメ開発…2007年にも実用化

 コメ食って花粉症とサヨナラできるなら、こんなにありがたいことはないですし、国民病といえるくらい患者が大量発生している現状なら落ちる一手の米消費量にも歯止めがかかって一石二鳥…といいたいところですが、要はこれって遺伝子組み換え食品なんですよね。

 何や訳わからんけど響きが危なげだからとりあえず「遺伝子組み替え大豆は使用してません」表示の商品にしとこか的な考えが多いと思われる日本人に受け入れられますかどうか。でも、将来の不安より、目先のクシャミ鼻水目のかゆみ対策が先だと思う人も多いかも。

 実用化されるまであと2年はかかるようですが、それより、もっと根本的な対策をどんどん進めて欲しいです>ハクション議連の皆様

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.06

国内初の変異型ヤコブ病

 BSE関係を調べ直そうかな~と思った矢先のタイムリーさ(^_^;

英国滞在で感染の可能性 国内初変異型ヤコブ病

 今のところ、亡くなった男性にイギリス滞在歴があったということで、マスコミの取り上げ方もさほど大きくはないようです。厚生労働省内に設けられた電話相談も、イギリス渡航歴のある人が中心の模様。
 今後も関係諸国に渡航歴のない人や医療行為による感染の疑いがない人などからの発症がない限り、「対策前の負の遺産」というこで、それほどセンセーショナルな扱われ方はしないのではないでしょうか。
 それより、今の日本で行われている全頭検査の有効性や、アメリカのBSE対策の方に注意を向けて欲しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【サイト内コンテンツ】【Yahoo!ニュース】 更新

【サイト内コンテンツ】狂牛病関連情報
 リンクの見直しにちょっとだけ手をつけました。

【Yahoo!ニュース】
 関係するトピックスへのリンクを作りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.03

【サイト内コンテンツ】 更新

節分
 節分です。豆はまきましたか?

 今日、ちょっと牛関係で気になることがあり…少々思うところもあったので、以前作っていた狂牛病情報ページを復活させました。ちらっと確認しただけでもまだ生きてるリンクが結構あるみたい。
 米国産牛肉解禁でまたいろいろありそうな感じなので、暇をみて調べ直してみようかと思いますが、どこまでサイトに反映させられるかは未定です…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.02

【情報リンク】 更新

 食に関する指導、栄養教諭など、リンクをいくつか増やしました。当座必要なものがまだまだあったはず。どこに紛れちゃったかな(^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.01

コーカサスの白墨の輪

 ミス・サイゴンからこっち、なにやらファンになってしまった松たか子さんの舞台を観てきました。今年、初観劇です。
 チケットとる時は全然意識してなかったけど、この日がコーカサスの白墨の輪、なんと初日。

 setagaya 世田谷パブリックシアターは小劇場というわけではない規模の劇場だけど、舞台がくぼんだ中央部分に位置するというちょっと変わった作りに設営されていて舞台の中を突っ切らないと反対側の客席に行けないということになっていたり(笑)。

 そのせいもあって何だか観客と役者の垣根がやたら低い芝居でした。幕間、舞台上でグルジアワインを売り始めたので(役者陣も一緒になって売り子してたり(^o^;)、ちょーしくれて舞台上で飲んでたら、私の横をスッと通り過ぎてすぐ隣で他の役者さんときゃいきゃいしゃべっているのが松さんだったり(^o^;; その後ろから小道具の羊のぬいぐるみを両脇に抱えて出てきて、松さんに「動物はご遠慮くださぁい」とかいわれてるのが毬谷友子さんだったり(^o^;;;
 そのうち余興やりまーす!とぶっつけで唄を歌ってくれた役者さんがいたり。最後に、舞台で輪になってワークショップのようなものまで始まってしまい……あ、以上までがすべて幕間で観客もうろうろ歩き回ってる舞台の上での話ですから(笑)。

 肝心の芝居は、ブレヒトといってもそう小難しい話ではなく、要は一人の子どもをめぐって産みの母と育ての母とが裁判で争うという、大岡越前のようなお話。ラストは役者観客入り乱れてのフォークダンスで大団円。松さんのグルシャ、キュートでしたわ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »