« 一応正式復帰? | トップページ | スーパーサイズ・ミー »

2005.01.29

四川風麻婆豆腐

chinese

 給食週間中に出した中国・四川料理です。麻婆豆腐、お隣は棒々鶏。

 今回初めて、ちゃんと甜面醤とトウチで本格的に作りました。最近はうちのような田舎でもトウチとか市販されるようになってありがたいことです。
 こういう材料が手に入らなかった昔は、赤みそと砂糖と醤油で甜面醤もどきを作って麻婆豆腐を作っていたのです…なんていうと、まるで日本における麻婆豆腐の祖、陳建民さんのようですが(笑)、こちらはどちらかというと麻婆豆腐というよりは「豆腐の味噌炒め・豆板醤風味」という感じでした。もちろん、これはこれでおいしいんだけど。

 本格的といっても辛さはまだまだホンモノの域ではありません。辛いの苦手な生徒も結構いますしね。でも今回の給食週間メニューの中では一番好評だったかな。数十年ぶりに復活した鯨料理も反響あったけど、また食べたいコールはあんまり来なかったし(苦笑)。
 でも本当は中国花椒がないと成立しない料理なんだよね…こちらはちょっとルートがなくて入手できませんでしたので、個人的にいただきものの花椒を職員室の先生にだけ振る舞いました。

 調味料の配合は、いつも作っている陳さんのレシピで大まかな数字で用意して、後は自分の記憶を頼りに微調整かけながら作りました。一度グラムで配合を決められれば、二回目からはそれほど大きな狂いはなくなるので、ある程度調理員さんにお任せできるんですけどね。麻婆豆腐にはいっぱい思い出やら思い入れやらがあるので…。

|

« 一応正式復帰? | トップページ | スーパーサイズ・ミー »

学校給食」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60376/2734235

この記事へのトラックバック一覧です: 四川風麻婆豆腐:

« 一応正式復帰? | トップページ | スーパーサイズ・ミー »