« 四川風麻婆豆腐 | トップページ | コーカサスの白墨の輪 »

2005.01.31

スーパーサイズ・ミー

「人は○クドナルド食だけで1カ月過ごしたらどうなるのか」

 在りし日の電波少年ですらやらなかったこんなネタに大真面目に取り組んだドキュメンタリー映画、それがこのスーパーサイズ・ミーです。

 こう書くとふざけてるようですが、これがどうしてなかなか。
 1日3食、ハンバーガーやポテト,シェイクを食べまくることで健康そのものだった体が1カ月でどれだけ変化していくのか、実験体は監督自身。そして1カ月後、サポートしていた医師や栄養士たちも驚くような結果が…!

 監督=出演者なのはあのマイケル・ムーアと同じ手法ですが、アメリカが抱える食の問題を多角的に取材していて、いろいろ興味深いデータも出てきます。中にはアメリカの学校給食の映像なんていうのも。給食を提供している会社や調理員のコメントなどそりゃもう突っ込みどころ満載のおもしろさ。でも私たちには笑えない。何の食教育もされていない状態で子ども達に食事選択の自由だけを与えてしまったら…。学校で働く栄養士にはきっと興味深い作品かと。あ、あともちろん普段ファストフードで生活している人たちにも(笑)。

 しかし、これってネットではそこそこ話題になってるけどテレビや雑誌ではあんまり取り上げられてないみたいですね。…まずいのか、やっぱ(^_^;

|

« 四川風麻婆豆腐 | トップページ | コーカサスの白墨の輪 »

学校給食」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

食と健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60376/2760756

この記事へのトラックバック一覧です: スーパーサイズ・ミー:

« 四川風麻婆豆腐 | トップページ | コーカサスの白墨の輪 »